昨今のスニーカーブームを牽引する存在といえばNIKE ナイキ

機能性はもちろんのこと、スタイリッシュでストリート映えするデザインは、男女問わずコーディネートのマストアイテム。数あるスニーカーブランドの中でも、とりわけ人気を集めていますよね。


さて、そんなナイキのスニーカー、常に進化し続けています。
誰もが知っているような定番モデルでも常にアップデートを繰り返し、クッション性などの機能性が高まっているだけでなく、デザインにもいろいろな進化バージョンが生み出されているのです。

そこで、今回はナイキのスニーカーについて、定番人気のモデルからちょっとイレギュラーなモデル、2020年の最新モデルまで、おすすめをたっぷり解説していきたいと思います。
購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください!

NIKE REACT ELEMENT 55

NIKE ナイキはどんなブランド?

NIKE(ナイキ)はフィル・ナイトが創業したアメリカのブランド。
もともと陸上競技者だったナイトがオニツカタイガーの品質に惚れ込み、アメリカ販売代理店となったことからスタート(その時はブルーリボンという社名でした)。
その後、シューズを自社開発に切り替え、1971年にNIKEブランドとしてシューズの販売を開始。この時にリリースされたのが今でも人気の定番モデル「コルテッツ」です。

ナイキ クラシック コルテッツ
icon

1978年には初めてエアを搭載した「テイルウインド」を発表。マイケル・ジョーダンとのタイアップモデル「エアジョーダン」や、ソールのエアが見えるハイテクなデザインが注目を集めた「エアマックス」などが登場し、一気に世界的なブランドとして駆け上がりました。

現在、ブランドファイナンス社が発表したBrand Finance Global 500 2020のランキングを見ても、NIKEはスポーツブランド、アパレルブランドの中で1位!(ルイヴィトン、シャネル、アディダスとかより上)。ブランド価値はおよそ約3.6兆円(!)と算出されています。

NIKEとえばスウッシュロゴ

ナイキといえばあまりにも有名なあのスウッシュロゴ。ブランド名の由来にもなった勝利の女神ニーケーの彫像の翼からインスピレーションを受けてデザインされたといわれています。また、スウッシュとは「勢いよく動く」の意味があり、スポーツブランドであるナイキのブランドイメージを象徴しているといえますね。

icon
icon

NIKE AIRとは?

1978年に誕生して以降、進化を遂げてきたNIKE AIR。柔軟な弾性を発揮するために、バッグ内のエアを圧縮してあるのが特徴です。弾力のある低衝撃性のエアソールユニットがその形状を維持して、軽くてクッション性の高い、心地いい履き心地を提供してくれます。エアーが衝撃から足を守ってくれるので、スポーツシーンでもエネルギーを消費しづらく、アスリートの着用にも適しています。もちろん機能性が抜群なだけでなく、機能がそのまま形になったようなハイテクなルックスも魅力です。

ナイキ エア ヴェイパーマックス 360
icon

自分好みにカスタマイズできるNike By You(旧NIKEiD)

自分好みにスニーカーをカスタマイズできるNike By You(旧NIKEiD)も魅力。オンラインでパーツごとにカラーを決めるだけなのですごく簡単。

まず、カスタマイズしたいモデルを決めたら「カスタマイズ」ボタンをクリック。自分好みのカラーや素材を決めたら「完了」ボタンをクリックしてカートに入れればOK!

購入したら製造が開始され、希望したデザインが形になっていきます。進捗状況を知らせてくれながら、大体3~5週間で商品が到着します。選べるモデルもエアフォースやエアマックスなど人気モデルが豊富に揃っています。人と被りたくない!という人には特にオススメ。

Nike By You 旧NIKEiD

Nike By You 旧NIKEiD

Nike By You 旧NIKEiD

NIKE ナイキのスニーカーのおすすめ人気モデルは?

ではいよいよナイキスニーカーのおすすめ人気モデルを解説していきます。
ローテク・ハイテクはもちろん、特にストリート人気の高いモデルを中心に紹介していきたいと思います。


では、順番に見ていきましょう!

1. ナイキで絶対押さえておきたいTOP4

エアフォース1

ナイキ エア フォース 1 '07
icon

ナイキ エア フォース 1 MID ‘07
icon

ナイキ エア フォース 1 シャドウ
icon

ベーシックでシンプルなデザインのエアフォース1

1982年の登場以来、多くの人に愛されている定番モデルです。余計なデザインをそぎ落としたミニマルなルックスは、ラフなスタイルにもキレイめスタイルにもマッチする万能さを誇ります。ベーシックなホワイトが一番人気ですが、あえて別カラーやアレンジモデルをチョイスするのもおすすめ。

ベーシックなコートスタイルのデザインはどんなコーディネートにも合わせやすいので、男女ともに人気ですね。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

※エアフォースをもっと深掘りしたい人はこちらの記事もどうぞ。

エアマックス

ナイキ エア マックス 90
icon

ナイキ エア マックス 95 エッセンシャル
icon

ナイキ エア マックス 97
icon

ナイキの爆発的人気を誇るハイテクスニーカーと言えばエアマックス

ソール部分にレイアウトされたエアが最大の特徴であるこちらのシリーズ。視覚的なインパクトだけでなく、履き心地も見た通りのクッション性を感じるのが魅力です。

また、ラインナップの豊富さにも注目で、定番人気のエアマックス90、ハイテクスニーカーの代名詞的存在ともいえる95、97などなど、とにかくバリエーション豊か。初代エアマックス1の登場はもう30年以上前になるのに、いまだどのモデルも新鮮に見えるのが不思議。

スポーティーなエッセンスをスタイルにプラスしたい人におすすめです。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

※をもっと深掘りしたい人はこちらの記事もどうぞ。

リアクト

ナイキ リアクト エレメント 55
icon

ナイキ リアクト セルトゥ
icon

ナイキ エア マックス 270 リアクト ウィンター
icon

インパクトのあるカラーリングとデザイン性、機能性の高さが魅力のナイキ リアクト

リアクトの特徴といえば「ナイキ史上最も反発力に優れている」というNike Reactフォームを採用しているところ。
クッション性に富んだモデルに仕上がっているので、履き心地重視派の人も納得するはず。

カラバリ豊富なリアクト エレメント55、編み込みデザインがユニークなセルトゥ、エアマックス270とドッキングしたモデルなど、多彩にラインナップ。
ストリート映えするデザイン性の高いスニーカーを探している人におすすめです。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

※をもっと深掘りしたい人はこちらの記事もどうぞ。

ジョーダン

エア ジョーダン 1 MID SE
icon

エア ジョーダン 10 レトロ
icon

ジョーダン マーズ 270
icon

1985年に登場以来、常に人気を保ち続けているナイキのジョーダン

歴史を重ねるごとにアップデートをしてきているシリーズなので、種類がとても豊富。ボリューム感あるシルエットは街履きスニーカーとしても使い勝手のよいアイテムです。

特に人気のモデルが、もちろんエアジョーダン1。現在では85年のオリジナルモデルからインスピレーションを受け、様々なカラバリやアレンジモデルが登場しています。定番モデルを履くもよし、あえて個性的なモデルを履くもよし。スタイルにあわせて選びたいですね。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

※をもっと深掘りしたい人はこちらの記事もどうぞ。

2. クラシック派に人気の高いTOP4

コルテッツ

ナイキ クラシック コルテッツ
icon

ナイキ クラシック コルテッツ
icon

少しレトロな雰囲気漂うルックスが特徴のコルテッツ

ビル・バウワーマンが手掛け、1972年にリリースされたナイキ最初の一足です。数多くのアスリートたちに選ばれてきたモデルですが、現在は街でもよく見かけるモデルですよね。

キレイめスタイルの足元などにおすすめ。ナイロンモデルとレザーモデルがあり、どちらも甲乙つけがたいほど人気です。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

デイブレイク

ナイキ デイブレイク
icon

ナイキ デイブレイク
icon

ちょっとレトロなルックスがたまらないデイブレイク

こちらは元々1979年に登場したモデルを復刻したもので、オリジナル同様にナイロン素材のアッパーにラバーワッフルのアウトソールが特徴。カラーリングもかわいい!

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

ブレーザー

ナイキ ブレーザー MID
icon

ナイキ ブレーザー LOW スエード
icon

バスケットシューズをイメージしたスタイルで、クセのないデザインが魅力のブレーザー

こちらも登場は1972年まで遡るクラシックなモデルではありますが、2018年現在もいろいろなカラバリや素材違いが登場しており、時代にあわせて常にアップデートされているモデル。ローカット/ハイカットどちらを選ぶかでもガラッと印象が変わりますね。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

インターナショナリスト

ナイキ インターナショナリスト
icon

ナイキ インターナショナリスト
icon

スポーツMIXスタイルの足元にどハマりするモデルといえばインターナショナリスト

もともとはランナーのために作られたシューズなので、クッション性もあって履き心地の良さは折り紙付き。クラシックなナイキロゴや個性的なディテールがさりげない存在感をアピールしてくれます。男女問わず人気のモデルですね。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

3. 街でオシャレな人がよく履いてるTOP4

M2K テクノ

ナイキ M2K テクノ
icon

ナイキ M2K テクノ
icon

厚みのあるフォームミッドソールと洗練されたアッパーが絶妙に融合したM2K テクノ

ボリューミーな足元を作りたい人にはおすすめすることこの上ないモデル。後で紹介するモナークを進化させたデザインで、ストリート受けも抜群です。
もちろんクッション性やサポート力も素晴らしく、ずっと履いていても疲れにくいです。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

エアリフト

ナイキ エア リフト ブリーズ
icon

ナイキ エア リフト ブリーズ
icon

足袋のようなユニークな見た目が魅力のエアリフト

スニーカーとサンダルを融合したデザインはナイキのほかのスニーカーとも一線を画し、長く愛されているモデルです。
あえてモードなスタイルの時に履いて、足元の”ハズし”に使うのがおすすめ。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

※エアリフトをもっと深掘りしたい人はこちらの記事もどうぞ。

ハラチ

ナイキ エア ハラチ
icon

ナイキ ハラチ タイプ
icon

91年のデビュー以来、多くのスニーカーフリークに愛されているエアハラチ

ティンカー・ハットフィールドがデザインし、初めて登場した時は個性的なルックスも相まってめちゃくちゃ流行りました。

デザイン面でも機能面でも特徴的なのがヒールストラップ。足の動きに合わせて伸縮する構造になっているので、足へのフィット感は抜群で、長時間履いても疲れないのも嬉しい。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

ヴェイパーマックス

ナイキ エア ヴェイパーマックス フライニット 3
icon

ナイキ エア ヴェイパーマックス 360
icon

エアマックスシリーズの中でもちょっと異色の立ち位置なのが、エア ヴェイパーマックス

特徴はもう見たまんまですが、透明のエアバッグ。まさに「空気(Air)の上を走る」にふさわしいモデルです。

クッション性など履き心地も抜群ですが、とにかく足元の目を引くモデルなので、1足持っているとコーディネートの幅が広がると思います。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

※ヴェイパーマックスをもっと深掘りしたい人はこちらの記事もどうぞ。

4. まわりと被りたくない通好みのTOP4

ナイキ ACG

ナイキ ACG ズーム テラ ザヒーラ
icon

ナイキ ACG モック 3.0
icon

アウトドアテイスト漂うデザインが魅力のナイキ ACG

ほど良くボリューム感のあるルックスと、独特なカラーリングがまさに「映える」シリーズ。ハードな環境にも耐えうる機能性を搭載している点も素晴らしい。
普通のスニーカーにちょっと飽きてきた…という人や、まわりと被りづらいモデルを探している人などに是非おすすめしたいシリーズです。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

※ナイキ ACGをもっと深掘りしたい人はこちらの記事もどうぞ。

ナイキ SB

ナイキ SB シェーン
icon

ナイキ SB ズーム ステファン ジャノスキー キャンバス RM
icon

ナイキのスケードボードラインであるSB

スケートをする人はもちろん、タウンユースでも使い勝手のよいアイテムが揃います。耐久性が高くて、値段もお手頃なモデルが多いのも魅力ですね。
ワイドパンツなどをロールアップして合わせたりするとめちゃくちゃカッコいいです。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

※ナイキ SBをもっと深掘りしたい人はこちらの記事もどうぞ。

エアモナーク

ナイキ x マーティン ローズ エア モナーク IV
icon

ナイキ x マーティン ローズ エア モナーク IV
icon

スポーティーなルックスと絶妙なダサかっこよさが魅力のエアモナーク

個性的なルックスとカラーリングが人気のモデルで、ファッションオタクな人とかに人気のモデルですね。
モードなスタイルの足元やスポーツMIXコーデに”ハズし”として使いたい。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

エアプレスト

ナイキ エア プレスト
icon

ナイキ x アンダーカバー リアクト プレスト
icon

スポーティーでミニマルなルックスのエアプレスト

足中央部のケージが特徴で、フィット感を高めるとともにデザインのポイントにもなっています。ランニングでの使用はもちろん、街履きでもパッと足元をスタイリッシュに見せてくれるモデル。

一見地味ですが、2020年はアンダーカバーとのコラボモデルが登場するなど、実は大注目なモデルです。

※amazon、楽天で探したい人はこちらから。

ナイキのスニーカーのサイズ感は?

ナイキのスニーカーのサイズ感についても言及しておきます。

ナイキは全体的に幅が狭いものが多いので、0.5〜1.0cm上のサイズをおすすめします。
気になる人はやはりそのモデルの口コミなどを参考にするのがよいと思います。NIKE公式でもモデルごとにユーザーが投稿したレビューを見ることができるのですが、結構英語のものが多かったりします。

なので、NIKE公式に加えて、amazon、楽天あたりの口コミも参考にしてみるとよいと思います。
ちなみにエアフォース1だと下記リンクなどを参考にしてみてください。

さいごに

ナイキのおすすめ人気スニーカーをたっぷりご紹介してきました。
あらためてナイキの凄さ、良さを再確認できたのではないでしょうか。

最後にNIKEのスニーカーをどこで手に入れるか?ですが、やはりおすすめはNIKEの公式オンラインストアです。
何より信頼性が高いですし、マメにセールも行なっているので、掘り出し物が見つかったりすることも多いです。


ただ、amazonや楽天は口コミの数が多いとともに、公式ではもう手に入らない昔のモデルやカラバリが見つかったりします。こちらもマメに覗いておくとよいですね。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

https://sockma.jp/wp-content/uploads/2020/03/nike_react_element55_1.jpghttps://sockma.jp/wp-content/uploads/2020/03/nike_react_element55_1-150x150.jpgソックマ編集部ブランドウィメンズおすすめメンズおすすめNIKE昨今のスニーカーブームを牽引する存在といえばNIKE ナイキ。 機能性はもちろんのこと、スタイリッシュでストリート映えするデザインは、男女問わずコーディネートのマストアイテム。数あるスニーカーブランドの中でも、とりわけ人気を集めていますよね。 いろんなブランドのスニーカー見るけどサイズ感とか履き心地とか分からず安定のNIKEになってしまう。エアジョーダン欲しいなぁ。— TOMMY (@tommy43vamos) March 4, 2020 NIKEのスニーカーはとりあえず今更欲しいやつは全部集めたから一目惚れ以外は買わない予定でいたい…— FLAGSHIP・うに (@uniuniuni006) February 26, 2020 みんなナイキのエアマックス見て欲しいと言いまくる気持ちがあまり理解できてなかったけど、近所の靴屋に入荷されたやつを見てみたらなるほど、欲しいってなった— Yuta a.k.a スエゾー【ぽてとさらだ】 (@_tSotS_Lin_) March 4, 2020 ドレッシーな服装が好きだけど一足くらいお気に入りのスニーカーが欲しいと思って色々探してみた結果、ナイキのエアフォース1が気になる pic.twitter.com/zWVAi2VC5V— 麗 (@syk151010) February 23, 2020 さて、そんなナイキのスニーカー、常に進化し続けています。 誰もが知っているような定番モデルでも常にアップデートを繰り返し、クッション性などの機能性が高まっているだけでなく、デザインにもいろいろな進化バージョンが生み出されているのです。 そこで、今回はナイキのスニーカーについて、定番人気のモデルからちょっとイレギュラーなモデル、2020年の最新モデルまで、おすすめをたっぷり解説していきたいと思います。 購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください! NIKE REACT ELEMENT 55(amazon) NIKE ナイキはどんなブランド? NIKE(ナイキ)はフィル・ナイトが創業したアメリカのブランド。 もともと陸上競技者だったナイトがオニツカタイガーの品質に惚れ込み、アメリカ販売代理店となったことからスタート(その時はブルーリボンという社名でした)。 その後、シューズを自社開発に切り替え、1971年にNIKEブランドとしてシューズの販売を開始。この時にリリースされたのが今でも人気の定番モデル「コルテッツ」です。 ナイキ クラシック コルテッツ(NIKE公式) 1978年には初めてエアを搭載した「テイルウインド」を発表。マイケル・ジョーダンとのタイアップモデル「エアジョーダン」や、ソールのエアが見えるハイテクなデザインが注目を集めた「エアマックス」などが登場し、一気に世界的なブランドとして駆け上がりました。 現在、ブランドファイナンス社が発表したBrand Finance Global 500 2020のランキングを見ても、NIKEはスポーツブランド、アパレルブランドの中で1位!(ルイヴィトン、シャネル、アディダスとかより上)。ブランド価値はおよそ約3.6兆円(!)と算出されています。 Brand Finance Global 500 2020(Brand Finance) NIKEとえばスウッシュロゴ ナイキといえばあまりにも有名なあのスウッシュロゴ。ブランド名の由来にもなった勝利の女神ニーケーの彫像の翼からインスピレーションを受けてデザインされたといわれています。また、スウッシュとは「勢いよく動く」の意味があり、スポーツブランドであるナイキのブランドイメージを象徴しているといえますね。 ラリー ウィメンズパーカー(NIKE公式) NIKE AIRとは? 1978年に誕生して以降、進化を遂げてきたNIKE AIR。柔軟な弾性を発揮するために、バッグ内のエアを圧縮してあるのが特徴です。弾力のある低衝撃性のエアソールユニットがその形状を維持して、軽くてクッション性の高い、心地いい履き心地を提供してくれます。エアーが衝撃から足を守ってくれるので、スポーツシーンでもエネルギーを消費しづらく、アスリートの着用にも適しています。もちろん機能性が抜群なだけでなく、機能がそのまま形になったようなハイテクなルックスも魅力です。 ナイキ エア ヴェイパーマックス 360(NIKE公式) 自分好みにカスタマイズできるNike...靴下のことはなんでも。ソックマ!