ストリートファッションに欠かせないアイテムといえばスニーカーですが、そろそろ人と違うものを履きたい!…なんて思っている人もいるのではないでしょうか。
そんな人にオススメしたいのが「HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)」のシューズ。スポーティで洗練されたデザインなだけでなく、履き心地の良さも最高。

”ホカオネオネ”という独特なワードを目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。


さて、そんなホカオネオネですが、どんなシューズブランドなのか、他のスポーツメーカーのスニーカーとどう違うのかというところは気になるポイントですよね。

そこで、今回はHOKAのブランドについて解説しつつ、代表的な人気モデルやお手本コーデまで内容盛りだくさんでお届けしたいと思います。
ホカオネオネを初めて知ったという人も、最近気になってた!という人も、きっと参考になると思うので是非じっくり読んでみてくださいね。

ホカオネオネとはどんなブランド?

HOKA ONE ONEは、2009年にJean-Luc-Diard(ジャン・リュック・ディアード)とNicolas Mermoud(ニコラ・マーモッド)によってフランスで誕生したシューズブランド。読み方は「ホカオネオネ」です。

インパクトのある名前ですが、実はこれマオリ族の言葉で、HOKAは”飛ぶ”、ONEは”大地”の意味。トレイルランナーでもある創業者がニュージーランドの山頂でインスピレーションを得た言葉なのだそうです。これを「Time to Fly(さぁ、飛ぼう!)」と英訳し、ブランドのDNAとしています。

ランニング、トレイルランのシューズはもっと進化させることができると考えた彼らは、脚の負担が少なく、より無駄のない走りができるシューズの開発に乗り出します。
研究に研究を重ねた結果、あの独特なフォルムのランニングシューズが誕生したというわけです。

デザイン性が高いだけでなく、数多くのランナーに支持されるシューズは機能性も折り紙つき。現在もまだまだ進化をし続けるシューズブランドです。

ホカオネオネの特徴は?

では、そんなホカオネオネ、どんな特徴的なシューズを作っているのでしょうか。
ポイントを3つに絞って解説したいと思います。

[ポイント1] 通常の2倍の厚みがあるソール!

ホカオネオネの特徴は何といっても厚みのあるソール。それば通常のランニングシューズの約2倍にもなります。
「マシュマロ」とも形容される柔らかなクッショニングと軽さ。着地時の衝撃を吸収することで足腰への負担を減らし、軽快な履き心地を実現してくれます。インパクトのあるルックスに目が行きがちですが、一度履いたら虜になってしまうような着用感なのです。

HOKA ONE ONE 軽量マキシマムクッション

[ポイント2] つま先とかかとが削られたようなフォルム

ボリュームのあるソールとあわせてホカらしいのが、つま先とかかと部分をそぎ落としたような独特の形状。
これは「メタロッカー テクノロジー」と呼ばれる独自技術。アウトソールの形状を「ゆりかご(ロッカー)」のようにすることで、着地から蹴り出しまでがスムーズになり、より滑らかな体重移動が可能に。車輪のような推進力を生み出します。

HOKA ONE ONE メタロッカーテクノロジー

他にも走ることを追求したテクノロジーが詰まっていて、代表的なものを挙げると・・

  • バケットシート型のミッドソール
  • Jフレームテクノロジー
  • PROFLY™

HOKAのテクノロジーが気になる人は公式ページでご確認のこと。

[ポイント3] ストリートでも人気に火が着く!

ボリュームのあるソールデザインがダッドシューズとして人気を博したのが、ストリートシーンでのHOKAブレイクの始まり。
特に人気の高いモデルはオールブラックの「BONDI 6(ボンダイ6)」。メンズ・レディースを問わず、ファッション感度の高い人に履かれているイメージですね。特にスポーツMIXなストリートスタイルにハマるので、最近街やインスタで見かけるようになったなーという人も多いのではないでしょうか。

ホカオネオネのストリート人気の高いモデルは?

では、具体的なHOKAの人気モデルを見てみましょう。
トレラン・ランニング界隈ではもともと人気のブランドですが、今回は特にストレート界隈で人気のモデルを中心に取り上げていきます。

BONDI 6 ボンダイ6

ボリュームのある分厚いソールが魅力のBONDIシリーズの最新作である「BONDI 6(ボンダイ6)」。
HOKA ONE ONEのロードシューズの中でもとりわけクッション性が高いシリーズで、履き心地は抜群に良いです。一見ゴツいように見えますが、重さは310g(27.0cmの場合)しかありません。スタイリッシュさもあって、ストリートスタイルに抜群に映えます。まず最初に購入したい一足ですね。

BONDI 6 WIDE ボンダイ6 ワイド

BONDIシリーズには幅広タイプの「BONDI 6 WIDE(ボンダイ6 ワイド)」もあります。
クッション性の高さや履き心地の良さはそのままに、ボンダイ6よりも足幅を約2サイズ分(周囲約12mm)アップさせたモデルです。幅広の足の人にはもちろん、ゆったりとした履き心地を求める人にも◎。

CLIFTON 5 クリフトン5

ランナー人気も高いクリフトンシリーズの最新モデルが「CLIFTON 5(クリフトン5)」。
優れたクッション性と軽量性、反発性を兼ね備えた人気モデルが更にアップデートされています。アッパーの通気性はさらに向上し、履いた時のフィット感も素晴らしいです。スポーティなルックスなので、スキニーパンツやスラックスなどを丈短めに履いた時などに”ハズし”として合わせるのがおすすめ。

VALOR ベイラー

シンプルでありつつ存在感を放つオールホワイトの「VALOR(ベイラー)」。
機能性はもちろん、特徴的なのはアッパー部分に施された幾何学的なプリント。洗練されたデザインで、街履きにも活躍してくれるはずです。ホワイトのワントーンモデルなので、白ソックスと合わせたりしてもかわいいですね。モノトーンコーデの足元などにも馴染むので、普通の白スニーカーにはもう飽きた!という人に。

TOR ULTRA LOW EG トゥ ウルトラ ロー EG

ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)とのコラボモデルである「TOR ULTRA LOW EG(トゥ ウルトラ ロー EG)」。
トレッキングシューズらしいアッパーデザインに、ランニングシューズのクッショニングをドッキングさせたモデルです。ミッドソールにVibram®のメガグリップアウトソールを重ねていたり、透湿防水素材eVent®で足の濡れを防いだり、と機能へのコダワリぶりも凄いです。まわりに自慢できる一足ですね。

TOR ULTRA HI 2 WP トゥ ウルトラ ハイ 2 WP

HOKAのアウトドアブーツといえばこちらの「TOR ULTRA HI 2 WP(トゥ ウルトラ ハイ 2 WP)」。
ランニングシューズとトレッキングシューズの機能性を兼ね揃えたモデルで、アウトドアシーンでも間違いのないシューズです。アッパーに上質なレザーを使用し、高級感のある見た目に仕上がっています。モードなコーディネートの足元などに持ってくるとめちゃくちゃカッコいいと思います。

※HOKA ONE ONEのシューズはこちらで探せます。

ホカオネオネのお手本コーデは?

人気モデルがわかったところで、ホカの着こなしについても解説したいと思います。
ここでは、ホカオネオネのシューズをオシャレに履きこなしていたお手本インスタをご紹介していきます!

ホカオネオネのコーディネート

ナチュラルカラーとブラックでつくるキレイめスタイル

ブラックのアウターのINにはカーキのトップスを。ボトムはこっくりとした色味のブラウンカラーが綺麗なトラックパンツをセレクト。足元はアウターと色味を揃えてブラックのボンダイ6。シンプルでシックなキレイめスタイルにHOKA ONE ONEのシューズがハマっています。

バランス感が抜群なこなれコーデ

Barbourのジャケットの中からチラ見えしているのは赤いチェックシャツ。シックな色合いの着こなしの中、良いアクセントになっています。ボトムスの丈感、白ソックスにボリュームのあるボンダイ6。全体のサイズ感、バランス感が抜群なこなれコーデです。

キレイめなオールブラックスタイリング

ブラックのガウンコートを主役に、オールブラックでコーディネート。レザー素材のベレー帽や足元のボンダイ6、チラ見えするホワイトのバッグなど、アイテムのセレクトが素敵すぎます。全体を黒でまとめていますが、素材感が絶妙に異なるアイテムを使っているので重たくみえないのが◎ですね。

ブラウン×グレーチェックでつくるキレイめスタイリング

COMOLIのブラウンのオーバーコートに、トラッドな印象のグレーのチェックパンツを合わせた着こなし。足元はブラックのボンダイ6で少しテイストをハズしているのが上級者テクニック。キレイめな中にこなれた雰囲気が漂います。

ホワイト×ブラックのモノトーンコーディネート

ホワイトの巾着バッグがアクセントになったモノトーンコーディネート。ブラックのアウターにブラックパンツ、ブラックのホカオネオネを合わせたシックな着こなしです。小物の使い方が上手で良く映えていますね。モノトーン派の人には参考にしてほしいスタイルです。

モノトーンでつくるストリートコーデ

ブラックのノースフェイスのアウターの裾からホワイトのインナーをチラ見せ。ボトムスもノースフェイスでスポーティに。足元はホワイトソックス+ホカオネオネで隙のないコーディネート。ホワイトとブラックの比率がバランスの良いスタイリングです。

オレンジを差し色にネイビーのワントーンコーデ

ネイビーのアウターにオレンジのフードが映える着こなし。ボトムもワイドデニムを選んで太めにロールアップ。シューズは黒のホカオネオネで少しだけモードに。全体的にゆるっとしたシルエットのスタイルに、スニーカーのボリューム感が馴染んでいますね。

ホワイト×カーキの個性派スタイル

ホワイトのシャツにカーキ×キャメルのサスペンダーのようなベストをプラス。ボトムはユニークな迷彩調のカーキベースのパンツを。足元はホワイトのホカオネオネを合わせて、トップスとの調和を図っているのがGOODです。

ホカオネオネの足元コーデ

ボリューム感最強のTOR ULTRA HI 2 WP

TOR ULTRA HI 2 WPに厚手のジョガーパンツを合わせたスタイリング。モノトーンで統一していることで、リラックス感が漂いすぎずモードな印象に昇華しています。ボリューミーな足元が今っぽい上級者コーデです。

ホカオネオネのサイズ感は?

ホカオネオネのサイズ感についても解説しておきます。

HOKAはサイズ表記に比べて小さい/大きいというのは特になく、普段履いているサイズを選んで問題ないと思います。
編集部でもBONDI 6、BONDI 6 WIDE、CLIFTON 5を実際に履いてみましたが、普段27.0cmの男性の場合、どのモデルも27.0cmがジャストサイズでした(店員さんも大体みんな普段のサイズで買っていくとおっしゃっていました)。
WIDEの方がやや横幅に余裕がある感じはしましたが、個人的にはどちらを選んでもよいかなと思いました。

あと、ボンダイ6を履いてみた感想としては、【すごく軽い厚底シューズを履いているような不思議な感覚】でした。
実際、2cmくらい視界が高くなったような気がしました(なので身長もちょっと盛れます)。

まだあまり件数は集まっていませんが、サイズ感についてはamazon、楽天などの口コミも参考にするとよいと思います。

さいごに

HOKA ONE ONEのブランド解説から、人気モデル、コーディネートと全部盛りで解説してきました。
最近気になっていた人も、もう何足か持ってる!という人も、満足できる内容だったのではないでしょうか。

最後に「HOKA ONE ONEはどこで買える?」という疑問についても答えておきます。
まず、リアル店舗で買いたい人は公式ページで取り扱いショップの検索ができるのでそちらで確認を。


通販で買うことを検討している人は、一番のおすすめは(意外かもしれませんが)XEBIO(ゼビオ)です。
品揃え、サイズ、カラーが豊富であること、実はオンラインストア価格で安く購入できたりするからです。


もちろんamazon、楽天も品揃え豊富なのでおすすめですね。
この2つは公式でもう扱っていない過去モデルを探している人とかにも良いですね。

ぜひ参考にしてみてください!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2019/02/14989_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2019/02/14989_top1-150x150.pngsockma_developブランドウィメンズおすすめメンズおすすめストリートファッションに欠かせないアイテムといえばスニーカーですが、そろそろ人と違うものを履きたい!…なんて思っている人もいるのではないでしょうか。 そんな人にオススメしたいのが「HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)」のシューズ。スポーティで洗練されたデザインなだけでなく、履き心地の良さも最高。 ”ホカオネオネ”という独特なワードを目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。 ホカオネオネの新作スニーカーええの— falcon (@falcon07160716) 2019年2月6日 俺もホカオネオネしたいな— てつ (@ninninninjya14) 2019年2月7日 噂のイエローのシューズゲット😊初ホカオネオネ😆#hokaoneone #ホカオネオネ#evocarbonrocket#evoカーボンロケット#カーボンロケット pic.twitter.com/8YWOEoWW3F— yoshiyuki (@macaron_0108) 2019年2月9日 ホカオネオネ買おう— №2 (@kotokotokoto_n) 2019年2月12日 さて、そんなホカオネオネですが、どんなシューズブランドなのか、他のスポーツメーカーのスニーカーとどう違うのかというところは気になるポイントですよね。 そこで、今回はHOKAのブランドについて解説しつつ、代表的な人気モデルやお手本コーデまで内容盛りだくさんでお届けしたいと思います。 ホカオネオネを初めて知ったという人も、最近気になってた!という人も、きっと参考になると思うので是非じっくり読んでみてくださいね。 ホカオネオネとはどんなブランド? HOKA ONE ONEは、2009年にJean-Luc-Diard(ジャン・リュック・ディアード)とNicolas Mermoud(ニコラ・マーモッド)によってフランスで誕生したシューズブランド。読み方は「ホカオネオネ」です。 インパクトのある名前ですが、実はこれマオリ族の言葉で、HOKAは”飛ぶ”、ONEは”大地”の意味。トレイルランナーでもある創業者がニュージーランドの山頂でインスピレーションを得た言葉なのだそうです。これを「Time to Fly(さぁ、飛ぼう!)」と英訳し、ブランドのDNAとしています。 ランニング、トレイルランのシューズはもっと進化させることができると考えた彼らは、脚の負担が少なく、より無駄のない走りができるシューズの開発に乗り出します。 研究に研究を重ねた結果、あの独特なフォルムのランニングシューズが誕生したというわけです。 デザイン性が高いだけでなく、数多くのランナーに支持されるシューズは機能性も折り紙つき。現在もまだまだ進化をし続けるシューズブランドです。 View this post on Instagram HOKA ONE ONEさん(@hokaoneone)がシェアした投稿 -...靴下のことはなんでも。ソックマ!