クラシックな雰囲気で品のある足元に仕上げてくれるバレエシューズ。
ソールがフラットなので、疲れ知らずの履き心地も魅力です。
ガーリーにも履けますが、大人っぽくキレイめに履けることもできる万能アイテム。オシャレ女子たちの人気も高いです!


さて、そんなバレエシューズですが、素足で履くのはもちろん素敵ですがソックスと合わせてもかわいいですよね。パンプスに白ソックスを合わせるのはちょっと・・という人も、バレエシューズ×ソックスは全然気にならないという人も多いです! まだやってみたことがない人は是非試してみて欲しい合わせ方だったりします。

そこで今回は、バレエシューズのお手本コーディネートを靴下派、素足派2つに分けて解説していきたいと思います!

バレエシューズのお手本コーデは?

バレエシューズ×靴下のコーデ

レッドにレオパードが◎ガーリーカジュアルMIXスタイル

sanaeさん(@m.sa___na)がシェアした投稿

レッドのニットからはフリルブラウスをチラ見せして甘いムードに。ボトムは甘さを引き算するデニムをセレクト。足元はレオパードのバレエシューズにホワイトソックスで個性的な雰囲気に。シンプルな組み合わせながら、バランス◎なコーディネートです。

プレーンなカラーでつくるベーシックスタイル

CHAMUさん(@chamu_wear)がシェアした投稿

ブラックカーデにホワイトレーストップス、ベージュのチノパンというシンプルな着こなし。足元はホワイトソックスにポインテッドトゥのバレエシューズでクラシカルなテイストに。ベーシックアイテムにバレエシューズ×靴下の足元がしっくり合ってます。

足元が主役の大人カジュアルコーデ

ブラックのベレーにブラックのトップス、デニムという落ち着いた色味のスタイル。そこにレッドのバレエシューズとレースソックスを持ってくれば一気に華やいだ雰囲気に。落ち着いた色味のスタイリングの時、足元にカラーのバレエシューズを持ってくるとポイントになってくれるのでオススメ。

ソフトなカラーでつくるリラクシングコーディネート

ア ヤ カさん(@ayk.55)がシェアした投稿

淡いベージュのトレンチにトーンの似た淡いイエローのボトムスをスタイリング。更に足元に持ってきたのは、トレンチとカラーの似たソフトなベージュのバレエシューズ+ホワイトソックス。リラックスムードを感じる柔らかな印象のスタイルです。

シンプルかつキレイめなクラシックスタイル

@kkiiiiii_uy_18がシェアした投稿

ホワイトのニットにシックな色味のボトム、足元はブラックバレエシューズ×ホワイトソックスでまとめた大人の女性らしいシンプルスタイル。かごバッグをプラスすることでよりクラシックで上品な印象が際立ちます。

ボーダーニットでつくるフレンチシックスタイリング

@toskec__がシェアした投稿

ベージュのトレンチのINにはボーダーニット、ボトムはカーキのボトムスというカジュアルな印象のスタイル。足元にブラックのバレエシューズ×ホワイトソックスを持ってくることで、ボーダー効果もあり少しフレンチシックな仕上がりに変わります。足元のアクセントでコーデの表情が変わるという好例です。

ビッグシルエットが魅力のメンズライクコーデ

k_life_workさん(@k__sann)がシェアした投稿

オーバーサイズのデニムジャケットにカーキのボトムスを合わせたインパクト大のコーディネート。ゆるいシルエットの中で全体の印象を引き締め、レディな雰囲気をプラスするのが足元のバレエシューズ。このコーデだからこそ、より存在感が引き立って見えます。

ボーダーTでつくる古着MIXスタイル

ぽんさやさん(@i_m.pn)がシェアした投稿

もこもこのホワイトカーデのINにはボーダーTをセレクトし、ワンウォッシュのデニムにはレトロなデザインのベルトをON。足元はブラックバレエシューズ×ホワイトソックスで。古着やヴィンテージのアイテムと合わせてもバレエシューズはよく馴染みます。

ゆるめシルエットが◎カジュアルスタイリング

g-mayuさん(@g.mayu81)がシェアした投稿

チャンピオンのリメイクスウェットにリーバイスのデニムをコーディネート。通常ならすごくカジュアルな着こなしですが、足元にブラックバレエシューズ×ホワイトソックスを持ってきたことで全体にきちんとしたテイストが加わります。

パンツのカラーが素敵なキレイめコーデ

terrraさん(@terrrrrrraa)がシェアした投稿

ブラックのループカーディガンにブラックのタートルニット、ボトムは発色の綺麗なテーパードパンツをセレクト。足元はホワイトソックスにメタルヒールが印象的なバレエシューズを。
色味のコントラストが目を引く、お手本的コーディネートです。

大きめサイズのボアコートがポイントのカジュアルMIXスタイル

優しい色味のゆるめサイジングのボアコートにスウェットパーカをコーディネート。シンゾーンのキレイめデニムにホワイトソックス×レペットのバレエシューズでクラシックなエッセンスをプラス。
上半身がだいぶカジュアルな分、キレイめ要素をボトムで持ってきたことでうまくバランスがとれているスタイルです。

王道!レッド×ブラック×ベージュのコーディネート

natsu☺︎さん(@natsu07.06)がシェアした投稿

レッドのカーデにベージュのチノパン、ブラックバレエシューズにホワイトソックスという王道バランスのコーデ。カラー合わせで迷った時、是非参考にして欲しい合わせ方です。

足元がポイント! カジュアルMIXスタイリング

チェックのストールにブラックコート、カーキのボトムスに相性の良いレッドのバレエシューズ×ホワイトソックス。ベーシックな色味の中で、バレエシューズのカラーがちょうどよいアクセントになっていて◎

グレーの使い方が上手なカジュアルコーデ

Miki Nakamoriさん(@mikichuuu)がシェアした投稿

キャメルのアウターのINにはグレーのスウェット、ボトムはブルーデニムというカジュアルな着こなし。しかし、ここでスウェットのカラーとリンクするグレーのバレエシューズとホワイトソックスを持ってくることでカジュアルに傾きすぎないコーディネートに変身。足元次第で印象は大きく変わります。

バレエシューズ×素足感のコーデ

ベーシックカラーでつくるキレイめスタイル

CANA.Nさん(@callme_cana)がシェアした投稿

ブラックアウターにベージュのトップス、ボトムはデニムをセレクト。足元はシャイニーなシルバーのバレエシューズに素足を見せて抜け感を出して。シンプルな中にも計算されたバランスの良さが光るキレイめコーディネートです。

足元に視線を集めて!ホワイト×デニムコーディネート

…さん(@b_______lue)がシェアした投稿

ホワイトニットにデニムという爽やかな着こなしに合わせたのは、真っ赤なバレエシューズ。カラー合わせがシンプルな分、足元が映えるスタイリングです。

シルバー小物がポイント◎カジュアルMIXコーデ

yukiさん(@yuki_takahashi0706)がシェアした投稿

ホワイトのチュールトップスにデニムをスタイリング。このままだとかなりシンプルですが、シルバーのバッグとシルバーのバレエシューズを持ってきたことで、パンチの効いたスタイルに。小物の色味を合わせるのもバランスがとりやすいのでオススメの方法。

バレエシューズに合うソックスは?

お手本コーデを見たところで、次はバレエシューズに合うソックスを見ていきます。
ぜひ参考にしてみてください!

バレエシューズ×靴下コーデに合うソックス

靴下屋のゴム長無地ショートソックス



バレエシューズはシンプルな無地ショートソックスがやっぱり一番合います。
その中でも靴下屋のこちらはバレエシューズに合わせた時の靴下の丈感もちょうどよいです。

靴下屋のラメゴム長ショートソックス



ベーシックな靴下もよいですが、ラメが入ったショートソックスは足元を華やかにしてくれます。
バレエシューズのかわいらしさと相まってより女性らしい足元が作れます。

素足感を出したい時に使いたいソックス

FALKE ファルケの浅めカバーソックス

バレエシューズは足の甲部分が開いているので、ショートソックスの中でも浅めのものをチョイスする必要があります。
ファルケのこちらはなめらかな肌触りで人気が高いカバーソックス。もちろんパンプスにも履くことができます。

靴下屋の浅めカバーソックス



カバーソックスは靴下屋のアイテムも外すことはできません。
吸水・速乾素材を使用していて機能性も◎。見えないソックスだからこそ品質にこだわりたいですよね。

さいごに

バレエシューズ×靴下、そして素足のコーディネートをご紹介してきました。
みなさんどれもオシャレで、真似したいポイントがたくさんあったのではないでしょうか。

今回はコーディネート中心の内容でしたが、バレエシューズのおすすめブランドを解説した記事もあります。
レペットにしようかポルセリにしようか、はたまたファストファッションでいいか・・という人は是非一度覗いてみてください!

バレエシューズで素敵なコーディネートを楽しみましょう!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/02/7396_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/02/7396_top1-150x150.pngsockma_developコーディネートウィメンズおすすめクラシックな雰囲気で品のある足元に仕上げてくれるバレエシューズ。 ソールがフラットなので、疲れ知らずの履き心地も魅力です。 ガーリーにも履けますが、大人っぽくキレイめに履けることもできる万能アイテム。オシャレ女子たちの人気も高いです! 今はバレエシューズが欲しいです。— うつき (@utk6hp) 2018年1月5日 赤いバレエシューズかわいいしそれが似合う子超かわいい— ろく (@666rktkt) 2018年2月2日 通販みてたら欲しいものがありすぎてやばい。とりあえずバレエシューズがかわいすぎ— Sayumi (@MoDSym) 2018年2月6日 repettoのバレエシューズが欲しい。ストラップ付きのでもいい。バレエシューズ 好きー— ゆうか。 (@yuu_flowerblue) 2018年1月28日 さて、そんなバレエシューズですが、素足で履くのはもちろん素敵ですがソックスと合わせてもかわいいですよね。パンプスに白ソックスを合わせるのはちょっと・・という人も、バレエシューズ×ソックスは全然気にならないという人も多いです! まだやってみたことがない人は是非試してみて欲しい合わせ方だったりします。 そこで今回は、バレエシューズのお手本コーディネートを靴下派、素足派2つに分けて解説していきたいと思います! バレエシューズのお手本コーデは? バレエシューズ×靴下のコーデ レッドにレオパードが◎ガーリーカジュアルMIXスタイル sanaeさん(@m.sa___na)がシェアした投稿 - 1月 31, 2018 at 7:40午前 PST レッドのニットからはフリルブラウスをチラ見せして甘いムードに。ボトムは甘さを引き算するデニムをセレクト。足元はレオパードのバレエシューズにホワイトソックスで個性的な雰囲気に。シンプルな組み合わせながら、バランス◎なコーディネートです。 プレーンなカラーでつくるベーシックスタイル CHAMUさん(@chamu_wear)がシェアした投稿 - 2月 11, 2018 at 3:24午前 PST ブラックカーデにホワイトレーストップス、ベージュのチノパンというシンプルな着こなし。足元はホワイトソックスにポインテッドトゥのバレエシューズでクラシカルなテイストに。ベーシックアイテムにバレエシューズ×靴下の足元がしっくり合ってます。 足元が主役の大人カジュアルコーデ 靴下屋 ルミネ池袋店さん(@kutsushitaya_lumine_ikebukuro)がシェアした投稿 - 2月 12, 2018 at 1:59午前 PST ブラックのベレーにブラックのトップス、デニムという落ち着いた色味のスタイル。そこにレッドのバレエシューズとレースソックスを持ってくれば一気に華やいだ雰囲気に。落ち着いた色味のスタイリングの時、足元にカラーのバレエシューズを持ってくるとポイントになってくれるのでオススメ。 ソフトなカラーでつくるリラクシングコーディネート ...靴下のことはなんでも。ソックマ!