ベーシックで何にでも合わせやすいルックスが魅力の「Clarks(クラークス)」のシューズ。
高級感のあるレザーやスエードを使ったアッパーのデザイン、足に馴染むクレープソールが特徴のブランドです。落ち着いた雰囲気と履き心地の良さから、男女問わずクラークスが欲しい!という声が多いのも頷けますよね!


そんなクラークス、似合わない人はいないんじゃないかと思うくらい安定感があります。
いろいろな靴を試してみた結果、やっぱりクラークスに戻ってきてしまった・・なんて人も多いのではないでしょうか?
まだ履いたことがない人も、いつものスニーカーをクラークスに変えるだけで、雰囲気がガラッと変わるのでほんとオススメなんですよ。

そこで今回は、クラークスの大定番として人気の8モデルについて、お手本コーディネートとともにその魅力をたっぷりご紹介していきたいと思います!


Clarks クラークスのおすすめ人気モデルは?

クラークスは1825年に設立された英国の老舗シューズブランド。
世界中にファンがいるブランドですが、日本でも昔からほんとよく履かれています。
今回、そんなクラークスの中で特に人気がある8モデルについてピックアップして解説していきます。

  1. Natalie ナタリー
  2. Wallabee ワラビー
  3. Wallabee Boot ワラビーブーツ
  4. Desert Boot デザートブーツ
  5. Deserttrek デザートトレック
  6. Funny Dream ファニードリーム
  7. Lugger ラガー
  8. Trigenic Flex トライジェニックフレックス


なお、クラークスのアイテムを素敵に履きこなしていたインスタも紹介していきます。
メンズ、レディース両方あるので順番に見ていきましょうー!

1. Natalie ナタリー

ナタリー

ナタリー

ナタリー

クラークスの定番中の定番、ナタリー。スクエア型のつま先とクレープソールが特徴的なモデルです。独特な存在感があるので、シンプルな服装に合わせるとコーディネートの良いアクセントになります。

ナタリーを使ったコーデはこちら!

ボーダートップスでフレンチシックコーデ

セントジェームスのボーダートップスにデニムというシンプルかつフレンチシックな組み合わせ。こんなナチュラルなコーディネートにこそ、ベージュのナタリーがばっちりハマります。手書きのトートバッグやMHL.コラボのGショックなど小物使いもかわいい。

シックなカラーでつくるクラシックスタイル

グレーのスーツのセットアップにキャメルのタートルネックをIN。主張のある印象に仕上がります。足元はブラウンソックスにナタリーを合わせて。キャメルのインナーと相まって、知的で優しい雰囲気のクラシックなスタイルに仕上がっています。

ホワイトニット×デニムコーデ

ボリューミーなホワイトのフィッシャーマンズニットからシャツの裾を覗かせて。ボトムはワンウォッシュのデニムを太めにロールアップしてアクセント付けを。足元はベージュのナタリーでナチュラルな印象に。クリーンで柔らかなテイストのスタイリングです。

2. Wallabee ワラビー

ワラビー

ワラビー

ワラビー

何代にも渡って履き続ける愛好者も多いワラビー。ワラビーはカンガルー科の動物のことで、おなかの袋で子どもを包み込むようなデザインと履き心地を実現しています。シンプルで無駄のない見た目なので、カジュアルなコーディネートも上品にアップデートしてくれます。

ワラビーを使ったコーデはこちら!

シックなカラーでつくるカジュアルコーディネート

AURALEEのグレンチェックブルゾンに同トーンのタートルネックを覗かせて。ボトムはマットな質感のネイビーのワイドパンツをセレクト。足元はブラウンのワラビーで仕上げて。シックなカラーチョイスにセンスを感じる大人のカジュアルスタイルです。

キルティングコートが主役のカジュアルスタイル

カーキのキルティングコートにキレイめなワンウォッシュのデニムをコーディネート。裾を少しロールアップしてホワイトソックスを合わせたのは抜け感が出て◎。ブラックのワラビーで全体の印象を引き締めればシンプルなカジュアルスタイルの完成です。

小物使いでPOPに!大人カジュアルコーディネート

ホワイトのニットにスウェットパンツをシンプルにあわせて、グレーのニットキャップとマルチカラーのマフラーをプラス。足元は素足を見せたワラビーで品よくまとめて。小物使いのセンスが光るコーディネートです。

ブラック×ベージュ×キャメルのカラースタイル

Yosuke Inagakiさん(@ineine05)がシェアした投稿

ベージュのボアアウターにブラックのトップス、キャメルのワイドボトムをスタイリング。足元はホワイトソックスにブラックのワラビーを合わせることで、よりワラビーの存在感が引き立つ足元に。

3. Wallabee Boot ワラビーブーツ

ワラビーブーツ

ワラビーブーツ

ワラビーブーツ

ワラビーのハイカット版ともいえるワラビーブーツ。より足元にボリュームを持たせたい着こなしにするならこちら。デニムやチノパンなどのアイテムと相性◎です。

ワラビーブーツを使ったコーデはこちら!

ブラック×ブルーのカジュアルコーディネート

ブラックのハットにブラックのマットな質感のアウター、INからは爽やかな色味のシャツを覗かせて。ボトムは鮮やかなブルーのボトムを合わせてコーディネートの主役に。足元はブラックのワラビーブーツで程よいボリューム感をプラスしています。

アースカラーでつくる大人カジュアルスタイリング

バブアーのアウターのINにはデニムジャケット、ボトムはベージュのチノパンをセレクト。色味のチョイスもバランスが良くて◎。足元はワラビーブーツでカジュアルなスタイルに馴染ませて。

トラッドMIXカジュアルコーデ

ネイビーのキャスケットにバラクータのスウィングトップというトラッドなアイテムを投入したコーディネート。裏地の赤いチェックがチラ見えしているのも素敵です。そこに良い色味のロールアップデニムにワラビーブーツがマッチ。個性のあるアイテムを上手くMIXさせています。

4. Desert Boot デザートブーツ

デザートブーツ

デザートブーツ

デザートブーツ

こちらもクラークスの大定番のデザートブーツ。柔らかなスエードレザーは長く履けば履くほど味が出るところも魅力。プレーンなデザインなので、ジャケパンのようなキレイめなスタイルにもデニムなどのカジュアルスタイルにもばっちりハマります。

クラークスのデザートブーツを使ったコーデはこちら!

大人のモノトーンスタイル

グレンチェックのダッフルコートのINにはブラックのタートルネック。ボトムはセンタープレスが効いたキレイめなものをコーディネート。足元はブラックのデザートブーツでシックに。ダッフルコートはカジュアルになりすぎることもありますが、モノトーンで統一すると大人っぽくまとまります。

ベーシックなボトムとの足元コーディネート

WUさん(@w.y_a.s)がシェアした投稿

グレーのベーシックなボトムにデザートブーツを合わせた足元コーデ。差し色のレッドのニットと、デザートブーツのブラウンがとてもよく合っています。

キャメルのセットアップスタイリング

kazcloさん(@kazzy_clothing)がシェアした投稿

キャメルのコーディロイセットアップにデザートブーツのブラウンを合わせた着こなし。同系色同士で上品な印象にまとまっています。少しおめかしするお呼ばれシーンでも使えそうですね。

5. Deserttrek デザートトレック

デザートトレック

デザートトレック

なんといってもアッパー部分のセンターシームが特徴的なデザートトレック。シンプルでプレーンなのに一目でクラークスとわかるデザインはさすが。カジュアルスタイルに合わせるもよし、キレイめスタイルに合わせるもよしの万能シューズです。

デザートトレックを使ったコーデはこちら!

足元がポイントのガーリースタイル

キャメルのアウターにホワイトT、ボトムはブラックのキルトスカートを合わせたコーディネート。足元には鮮やかなレッドのソックスとデザートトレックを持ってきてスタイリングのアクセントに。ナチュラルな風合いを活かしつつ、洗練された印象も受けるコーデです。

ブルー系トーンでつくるアウトドアMIXスタイル

インディゴカラーが綺麗なダウンベストのINにはループウィラーのスウェットを投入。そこにチェックのパンツをあわせてシンプルなアイテムの中に変化をつけて。足元はデザートトレックで上品にまとめて。

6. Funny Dream ファニードリーム

ファニードリーム

ファニードリーム

3つ並んだシューレースのハトメが特徴的なファニードリーム。かわいさがありつつクラフト感のあるデザインが魅力です。2007年に発売開始と比較的新しいモデルですが、リビートするファンも多いです。レディースのみの展開。

7. Lugger ラガー

ラガー

ラガー

サイドのレースアップが特徴のラガー。ラガーとは小型帆船のことで、帆船のようにゆらゆらしたリラックス感をイメージしたのだとか。なかなかこういったデザインのレザーシューズはないので、人とは違う足元を演出したい人にオススメです。

8. Trigenic Flex トライジェニックフレックス

トライジェニックフレックス

トライジェニックフレックス

トライジェニックフレックス

トライジェニックフレックス

クラークスの次世代モデルとして開発されたのがトライジェニックフレックス。
構築的なソール、モダンなデザインが印象的で、履き心地ももちろん抜群。個性的なルックスですが、カジュアル、ストリート、モード、キレイめまで幅広く使えます。

トライジェニックフレックスを使ったコーデはこちら!

大人のシンプルスタイリング

ブラックのトップスにベージュのボトムという究極にシンプルなスタイル。足元に持ってきたのはトライジェニックフレックスのホワイト。あえてホワイトを持ってきたことでコーデの雰囲気がよりあか抜け、スタイリッシュな印象に。

柄ソックスが可愛い足元コーデ

ロールアップデニムにピースサインが遊び心あるソックスをコーディネート。足元はペイント加工を施したトライジェニックフレックスのホワイト。ソックスは基本的に何でも合わせやすいモデルなのでこういった遊びのあるソックスを持ってくるのもオススメ。

さいごに

クラークスのオススメモデル解説とお手本コーディネートをご紹介してきました。
みなさん定番モデルを見事に自分のスタイルに取り込んでいましたよね。

今回紹介したモデル、カラー以外もいろいろあるので、興味ある人はこちらのリンクもご参考まで。
より自分好みのクラークスが見つかるかも。

クラークスの定番モデルで日々のコーデをさらに楽しくしましょう!

https://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/02/7527_top2.pnghttps://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/02/7527_top2-150x150.pngsockma_developブランドウィメンズおすすめメンズおすすめベーシックで何にでも合わせやすいルックスが魅力の「Clarks(クラークス)」のシューズ。 高級感のあるレザーやスエードを使ったアッパーのデザイン、足に馴染むクレープソールが特徴のブランドです。落ち着いた雰囲気と履き心地の良さから、男女問わずクラークスが欲しい!という声が多いのも頷けますよね! クラークスもう一足欲しい— ありちゃん (@T_ant_dlbia) 2018年3月2日 クラークスのチャッカブーツ欲しくなってきたスエードレザーのやーつ— りょずか🍵 (@zka_ryo) 2018年2月8日 クラークスのくつがスタンダードで好きなんだ~足にもあう— ハルあ02委託 (@haru_halll) 2018年1月26日 17歳のときに買ったクラークスのデザートブーツ。20年以上経ってもまだまだ元気。 pic.twitter.com/rsMfNWPRTf— 引き算で考える翁 (@okinaiori) 2018年10月22日 そんなクラークス、似合わない人はいないんじゃないかと思うくらい安定感があります。 いろいろな靴を試してみた結果、やっぱりクラークスに戻ってきてしまった・・なんて人も多いのではないでしょうか? まだ履いたことがない人も、いつものスニーカーをクラークスに変えるだけで、雰囲気がガラッと変わるのでほんとオススメなんですよ。 そこで今回は、クラークスの大定番として人気の8モデルについて、お手本コーディネートとともにその魅力をたっぷりご紹介していきたいと思います! Clarks クラークスのおすすめ人気モデルは? クラークスは1825年に設立された英国の老舗シューズブランド。 世界中にファンがいるブランドですが、日本でも昔からほんとよく履かれています。 今回、そんなクラークスの中で特に人気がある8モデルについてピックアップして解説していきます。 Natalie ナタリー Wallabee ワラビー Wallabee Boot ワラビーブーツ Desert Boot デザートブーツ Deserttrek デザートトレック Funny Dream ファニードリーム Lugger ラガー Trigenic Flex トライジェニックフレックス なお、クラークスのアイテムを素敵に履きこなしていたインスタも紹介していきます。 メンズ、レディース両方あるので順番に見ていきましょうー! 1. Natalie ナタリー ナタリー(amazon) ナタリー(amazon) ナタリー(amazon) クラークスの定番中の定番、ナタリー。スクエア型のつま先とクレープソールが特徴的なモデルです。独特な存在感があるので、シンプルな服装に合わせるとコーディネートの良いアクセントになります。 クラークス ナタリーを探す(amazon) クラークス ナタリーを探す(楽天) ナタリーを使ったコーデはこちら! ボーダートップスでフレンチシックコーデ View this post on Instagram ...靴下のことはなんでも。ソックマ!