「脱げないフットカバーはこの世に存在しないのか・・?」

靴の中で丸まったフットカバーを足裏に感じながら、誰もが一度は冒頭のセリフを吐いたことがあるのではないでしょうか。
いわゆるこういうやつですね。


もちろん足裏にソックタッチをつけたり、両面テープを貼ったり、対症療法もなくはありません。
ソックマ!でもかつてこんな記事を書きました。

でも本当に根本的な解決は、自分の足にあったフットカバーをみつけることにあるのは言うまでもありません。
世界初のソックスメディアを標榜するソックマ!としても、読者のみなさんに真のフットカバーを紹介してこそメディアとしての存在価値があるというもの。

そこで、今回この【フットカバー脱げる問題】に正面から向き合い、自信を持っておすすめできるフットカバーを紹介したいと思います・・!

じゃ、単刀直入にどのフットカバーを買えばいいの?

はい。正直に言います。これ、正解ってないんですよ・・。

足のかたちはそれぞれ違っているので、結局万人に脱げづらいフットカバーというのは存在しないんです。
いろいろ試してみて、自分なりにマッチするのを探すしかなかったりします。
ちまたでは「脱げないフットカバーランキング!」とか見かけることもありますが、1位のフットカバーを買っても絶対脱げないということはないんですよね。

実際、「脱げにくい」と評判のフットカバーでも賛否両論の意見があったりします。
例えば無印良品でも・・


ユニクロも・・


われらの靴下屋 Tabioでさえ・・


とはいうものの、それではソックスメディアの矜持に反します。
なので、今回いろいろ検討に検討を重ねて「これだ!」という5つのメーカーを選定しました。
今までフットカバーすぐ脱げたという人も、この5つのメーカーのどれかには適合するのではないかと・・(絶対ではないですが)。
それほど厳選の5メーカーです!

安くて定評のあるフットカバーとして無印良品とユニクロの2つ、こだわりのフットカバーとしてFALKE・rasox・Tabioの3つをご紹介します!

  1. 無印良品のフットカバー
  2. ユニクロのベリーショートソックス
  3. FALKE(ファルケ)のインビジブルソックス
  4. rasox(ラソックス)のカバーソックス
  5. 靴下屋Tabio(タビオ)のカバーソックス

安くて定評のあるフットカバー

1. 無印良品のフットカバー

お求めやすい価格と安定感といえば無印良品は外せません。
無印良品は独自に研究開発を進め、脱げにくいフットカバーを作っています。
履き口のところに滑りにくい糸を編み込んでいるところが特徴ですね。

無印良品 オーガニックコットン混 つま先ワイド脱げにくいフットカバー(紳士・えらべる)

無印良品フットカバー画像1

  • 価格:390円(税込)
  • カラー:ネイビーなど
  • メンズ 25〜27cm・26〜28cm

オーガニックコットンで蒸れない。脱げなくてよい。


無印良品のつま先ワイド脱げにくいフットカバー(紳士)はこちらでみることができます。

無印良品 脱げにくいフットカバー(婦人・えらべる)

無印良品フットカバー画像2

  • 価格:390円(税込)
  • カラー:オフ白・グレー・チャコールグレー・ネイビーなど
  • レディース 21〜23cm・23〜25cm

本当に脱げない

他の商品よりも格段に脱げにくい!というわけではないが、安定して履き続けられる印象。


無印良品の脱げにくいフットカバー(婦人)はこちらでみることができます。

2. ユニクロのベリーショートソックス

低価格ながら品質も妥協しないアパレルメーカーといえばユニクロ。
安いのに履き心地にもこだわっていたり、ドライ機能や消臭機能をプラスしていたり、さすがユニクロというフットカバーです。

ユニクロ ベリーショートソックス メンズ 25~27・27~29cm

ユニクロフットカバー画像1

  • 価格:390円(+税)
  • カラー:WHITE・GRAY・DARK GRAY・BLACK・OLIVEなど
  • メンズ 25~27・27~29cm

履き心地も良く、脱げにくいので重宝しています!


ユニクロのベリーショートソックス(メンズ)はこちらでみることができます。

ユニクロ ベリーショートソックス レディース 23~25cm

ユニクロフットカバー画像2

  • 価格:390円(+税)
  • カラー:WHITE・DARK GRAY・BLACK・PINK・BLUEなど
  • メンズ・レディース 23~25cm

スニーカーを履くときにはかかせないです!


ユニクロのベリーショートソックス(レディース)はこちらでみることができます。

こだわりソックスメーカーのフットカバー

3. FALKE(ファルケ)のインビジブルソックス

こだわり系としてまず最初にご紹介するのが、ドイツのソックスメーカーFALKE(ファルケ)のフットカバー。
人間工学に基づいたモノづくりで価格は少し高めですが、履き心地の良さはやはり素晴らしいです。
UNITED ARROWS、BEAMS、SHIPSなどのセレクトショップで取り扱われていることからも、その品質の高さは折り紙つきと言えます。

FALKE COOL KICK INVISIBLE ファルケ クールキックインビジブル

COOL KICKシリーズは、ランニングやスポーツに適したモデルで、足底をパイル地で優しく包み込む作りになっています。
足にフィットするように右足用・左足用でかたちが違うのも特徴で、左右間違えて履かないようにそれぞれR・Lのマークがついています。

  • 価格:1,500円(+税)
  • カラー:white・black・light grey・marine・fireなど
  • メンズ・レディース両方あり

いろいろ試しましたが、途中で脱げること無く一番安心して履けます。

当方女性、同タイプのソックスを色々試しましたが、これが一番脱げません。スニーカーからはみ出ずおしゃれです。


FALKEのCOOL KICKはこちらでみることができます。

FALKE STEP ファルケ ステップ

STEPシリーズは、普段履きするとき用につくられたモデルです。
スニーカーはもちろん、ローファーやデッキシューズにもばっちり合います。

  • 価格:1,200円(+税)
  • カラー:Black・White・MD.Gray・Navy・Dk.Brownなど
  • メンズ・レディース両方あり

Cole Haanのルナグランドウィングチップを12時間連続で履き続けましたが、
まったく脱げません。最高です。

当方28cmですが、全然大丈夫です。
これは買いです。
また買います。


FALKEのSTEPはこちらでみることができます。

FALKE ELEGANT STEP ファルケ エレガントステップ

パンプスのような甲が浅いシューズを履くときは、STEPシリーズの中でもより履き口が浅い”ELEGANT STEP”がおすすめ。

  • 価格:1,200円(+税)
  • カラー:Black・Powder・Crystalなど
  • レディースのみ


FALKEのELEGANT STEPはこちらでみることができます。

4. rasox(ラソックス)のカバーソックス

続いてこだわり系でご紹介するのがrasox(ラソックス)。こちらは日本のソックス専業メーカーです。
ラソックスはなんといってもL字型のソックスが有名なのですが、フットカバー型のソックスもつくりに定評があります。
カラバリも豊富で、ロゴもかわいいんですよね。

rasox ラソックス ベーシックカバー

  • 価格:1,400円(+税)
  • カラー:グレー杢・チャコール杢・ネイビー杢・オートミール杢など
  • メンズ・レディース両方あり

やっと巡り会えました!!脱げない、丸まらないカバーソックス。

ホントに、脱げない!!!
びっくりで、再購入もさせていただきました!


rasoxのフットカバーはこちらでみることができます。

5. 靴下屋Tabio(タビオ)のカバーソックス

最後にご紹介するのがやはりみんなの靴下屋Tabio(タビオ)。
Made in Japanにこだわった老舗ソックスメーカーです。
妥協しないモノづくりに対する姿勢は、もちろんフットカバーにも遺憾なく発揮されています。
脱げづらいことはもちろん、5本指、消臭・ムレない機能性素材、カラバリなど種類の豊富さはダントツです。

Tabio タビオ デオセル5本指カバーソックス メンズ 25〜27cm

  • 価格:900円(+税)
  • カラー:など
  • メンズ 25〜27cm

靴から見えないようにと買いました。
夏場はムレやすいけど、デオセル?効果なのかムレない!

とても良い商品です。
全くずれたり、脱げたりしません。


Tabioのデオセル5本指カバーソックスはこちらでみることができます。

Tabio タビオ ドライな消臭カバーソックス レディース 24〜26cm

  • 価格:900円(+税)
  • カラー:オフホワイト・クロ・グレーモク・コン・ダルベージュ・チャコールグレーなど
  • レディース 24〜26cm


Tabioのドライな消臭カバーソックスはこちらでみることができます。


なお、タビオのフットカバーはこちらですべてのアイテムを見ることができます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回の5メーカーのフットカバーはほんと渾身の5つです。
フットカバーが脱げて真顔になったあの人も、呪われた足をもつあの人も、今回ご紹介した5メーカーのフットカバーをぜひ試してみてほしいです。
そして、それでもダメな場合は最後の手段はこちらです・・(そのときはごめんなさい)。

もし今回の5メーカー以外で「これフットカバー界最強」という情報をお持ちの方がいれば、ぜひぜひご連絡ください。
編集部としても引き続き、より万人に適合するフットカバーを探し続けたいと思います!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/04/footcover_top1.jpghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/04/footcover_top1-150x150.jpgsockma_developフットカバー・くるぶし丈「脱げないフットカバーはこの世に存在しないのか・・?」 靴の中で丸まったフットカバーを足裏に感じながら、誰もが一度は冒頭のセリフを吐いたことがあるのではないでしょうか。 いわゆるこういうやつですね。 フットカバー 脱げる 人類 無能— えび (@ebiskii) 2017年3月19日 3歩あるくとフットカバーの踵が脱げる呪いにかかってしまった。 #呪い— てんてん (@tententrumpet) 2017年4月15日 形あるものはいつか壊れフットカバーは必ず脱げるというのが宇宙の法則— とり (@akaouroko) 2017年3月18日 もちろん足裏にソックタッチをつけたり、両面テープを貼ったり、対症療法もなくはありません。 ソックマ!でもかつてこんな記事を書きました。 フットカバーが脱げる! 靴の中で丸まらないようにする6つの方法 でも本当に根本的な解決は、自分の足にあったフットカバーをみつけることにあるのは言うまでもありません。 世界初のソックスメディアを標榜するソックマ!としても、読者のみなさんに真のフットカバーを紹介してこそメディアとしての存在価値があるというもの。 そこで、今回この【フットカバー脱げる問題】に正面から向き合い、自信を持っておすすめできるフットカバーを紹介したいと思います・・! じゃ、単刀直入にどのフットカバーを買えばいいの? はい。正直に言います。これ、正解ってないんですよ・・。 足のかたちはそれぞれ違っているので、結局万人に脱げづらいフットカバーというのは存在しないんです。 いろいろ試してみて、自分なりにマッチするのを探すしかなかったりします。 ちまたでは「脱げないフットカバーランキング!」とか見かけることもありますが、1位のフットカバーを買っても絶対脱げないということはないんですよね。 実際、「脱げにくい」と評判のフットカバーでも賛否両論の意見があったりします。 例えば無印良品でも・・ 無印のフットカバーは脱げにくいという情報を信じて買ってみたんだけど、脱げにくいどころか全然脱げなくて感動してる— ゆうか (@yu_ka1023_D) 2017年4月21日 無印のフットカバーでも結局脱げる…。ストッキング嫌いなんだよー( ´△`)— お笑い狂 (@owaraikyo7) 2016年6月26日 ユニクロも・・ ユニクロのフットカバーは優秀だなぁ、一日履いても一度も脱げないなぁ…と、ユニクロじゃないのを履いて数歩で思う— satori (@le15novembre) 2015年6月25日 ユニクロの脱げないフットカバー普通に脱げて真顔になった— 池田つこい (@iketsuko) 2016年3月24日 われらの靴下屋 Tabioでさえ・・ 靴下屋のフットカバー優秀だと思う。親指のとこすごくうすーくなってるのに穴は空いてない!滑り止め付きのだと脱げにくいしさすが800円するだけある!— さとみ (@310_satomi) 2016年11月27日 呪われた足を持つのでtabioのフットカバーなんて3歩で脱げる— イヌリン (@inulin) 2014年12月12日 とはいうものの、それではソックスメディアの矜持に反します。 なので、今回いろいろ検討に検討を重ねて「これだ!」という5つのメーカーを選定しました。 今までフットカバーすぐ脱げたという人も、この5つのメーカーのどれかには適合するのではないかと・・(絶対ではないですが)。 それほど厳選の5メーカーです! 安くて定評のあるフットカバーとして無印良品とユニクロの2つ、こだわりのフットカバーとしてFALKE・rasox・Tabioの3つをご紹介します! 無印良品のフットカバー ユニクロのベリーショートソックス FALKE(ファルケ)のインビジブルソックス rasox(ラソックス)のカバーソックス 靴下屋Tabio(タビオ)のカバーソックス 安くて定評のあるフットカバー 1. 無印良品のフットカバー お求めやすい価格と安定感といえば無印良品は外せません。 無印良品は独自に研究開発を進め、脱げにくいフットカバーを作っています。 履き口のところに滑りにくい糸を編み込んでいるところが特徴ですね。 無印良品 オーガニックコットン混 つま先ワイド脱げにくいフットカバー(紳士・えらべる) 無印良品 価格:390円(税込) カラー:ネイビーなど メンズ 25〜27cm・26〜28cm オーガニックコットンで蒸れない。脱げなくてよい。 無印良品のつま先ワイド脱げにくいフットカバー(紳士)はこちらでみることができます。 つま先ワイド脱げにくいフットカバーをみる(無印良品) 無印良品 脱げにくいフットカバー(婦人・えらべる) 無印良品 価格:390円(税込) カラー:オフ白・グレー・チャコールグレー・ネイビーなど レディース 21〜23cm・23〜25cm 本当に脱げない 他の商品よりも格段に脱げにくい!というわけではないが、安定して履き続けられる印象。 無印良品の脱げにくいフットカバー(婦人)はこちらでみることができます。 脱げにくいフットカバー(婦人・えらべる)をみる(無印良品) 2. ユニクロのベリーショートソックス 低価格ながら品質も妥協しないアパレルメーカーといえばユニクロ。 安いのに履き心地にもこだわっていたり、ドライ機能や消臭機能をプラスしていたり、さすがユニクロというフットカバーです。 ユニクロ ベリーショートソックス メンズ 25~27・27~29cm ユニクロ 価格:390円(+税) カラー:WHITE・GRAY・DARK GRAY・BLACK・OLIVEなど メンズ 25~27・27~29cm 履き心地も良く、脱げにくいので重宝しています! ユニクロのベリーショートソックス(メンズ)はこちらでみることができます。 メンズ ベリーショートソックスをみる(ユニクロ) ユニクロ ベリーショートソックス レディース...靴下のことはなんでも。ソックマ!