みなさん、靴下ってどこで買っていますか?

「靴下は3足1,000円でいいや!」という効率性重視の方も、「日本製はやっぱり履き心地が違う!」というこだわり派の方も、いろいろな方がいらっしゃると思います。
靴下ってその人のファッションに対するスタンスがすごくよく出るアイテムですよね。


ただ、靴下選びが難しいのが、靴下ブランドによって品質も価格もまちまちで、どれを選んだらよいかがいまいちわかりづらいところ。しかも、特にビジネスソックスなどはどのブランドも一緒に見えてしまい、結局ユニクロや無印良品で毎回まとめ買いしているなんてこともあるかと思います。
でも実は靴下ブランドってほんとに多種多様で、ブランドによって履き心地もデザインの特徴も全然違ったりします。

そこで今回は、オシャレメンズたちに支持されている”鉄板”のソックスブランドをご紹介したいと思います!

おすすめの鉄板ソックスブランド

では早速、おすすめの鉄板ソックスブランドを紹介します。
それぞれのシチュエーションごとにおすすめは異なるので、今回は「スーツスタイル」「カジュアルスタイル」「デザイン性重視」の3つに分けて解説していきます。


では順番に見ていきましょう!

1. スーツスタイルに合うソックス

スーツスタイルにマッチするソックスブランドを3つ紹介します。
伝統的なロングホーズで有名なブランドから、コスパ抜群の新鋭ブランドまでひととおり紹介しますよ!

1-1. HALISON ハリソン

HALISON ウール100% リブホーズ クラシックリンキング 25-26cm

HALISONソックス1-1

HALISONソックス1-2

  • 価格:1,500円(+税)
  • カラー:ネイビー・ブラック・ブラウン・チャコールの4色展開
  • 素材:ウール100%

HALISON エジプト綿 ワイドリブ ロングホーズソックス 25-26cm

HALISONソックス2-1

HALISONソックス2-2

HALISONソックス2-3

  • 価格:1,200円(+税)
  • カラー:ブラック・ネイビー・チャコール・ブラウン・ライトブラウンの5色展開
  • 素材:コットン(エジプト綿シルケット) ナイロン


HALISON(ハリソン)は創業からメイドインジャパンを貫いている老舗ソックスブランドです。
ブルックスブラザーズをはじめ、ユナイテッドアローズ、エストネーションなどの有名セレクトショップに並んでいるソックスも、生産はハリソンが手がけていたりします。
選び抜かれた素材はもちろん、工程ごとに熟練の職人が手がける靴下の品質は折り紙付き。ハリソンの代名詞ともいえるロングホーズが特におすすめのアイテムです。
【価格帯】1,200〜1,500円(+税)が中心

1-2. Tablio MEN タビオメン(靴下屋)

Tabio MEN さらりとした2×2リブソックス



  • 価格:800円(+税)
  • カラー:クロ・ヘザーグレー・チャコールモク・コゲチャ・ダートマスグリーンなど14色展開
  • 素材:綿40% アクリル40% ナイロン19% ポリウレタン1%

Tabio MEN 9×2つやリブビジネスハイソックス



  • 価格:1,400円(+税)
  • カラー:クロ・チャコール・スミクロ・チャコールグレー・ダークブラウン・コンなど8色展開
  • 素材:綿62% ナイロン35% ポリウレタン3%


靴下屋 Tabio(タビオ)も創業からジャパンメイドを貫くソックスブランド。
創業者は「靴下の神様」とも言われる越智直正氏。靴下を噛んで品質を確かめたり、いつでも裸足でいて靴下を履いた時の微妙な感覚を保つようにしていたりと、逸話がいくつもあります。そんな創業者のもと、品質を第一にしたモノづくりをしているブランドです。
【価格帯】800〜1,200円(+税)が中心

2. カジュアルスタイルに合うソックス

では次に、カジュアルなスタイルにあわせるのにベストマッチなソックスブランドを5つ紹介します。
ジーンズやスニーカーにあわせるとばっちりハマります!

2-1. FALKE ファルケ

FALKE COTTON WALKIE/ウォーキー コットンソックス

FALKEソックス1-1

FALKEソックス1-2

FALKEソックス1-3

  • 価格:2,200円(+税)
  • カラー:black・ecru・greyの3色展開
  • 素材:綿88% ナイロン10% ポリウレタン2%

FALKE COOL KICK INVISIBLE スニーカーソックス

FALKEソックス2-1

FALKEソックス2-2

  • 価格:1,500円(+税)
  • カラー:white・black・light grey・marine・fireの5色展開
  • 素材:ポリエステル80% ナイロン20%


FALKE(ファルケ)は1895年にドイツで創業されたソックスブランド。ビームス等の有名セレクトショップによく置いてあるので、なんとなく見たことある!という人も多いかも。
人間工学に基づいたデザインで人気を博し、そのこだわりは左足用・右足用の靴下を作ってしまうほど。左足と右足は形が違うわけなので、確かに理にかなってますよね。
【価格帯】1,200〜2,200円(+税)が中心

2-2. rasox ラソックス

rasox スプラッシュ コットンソックス

FALKEソックス1

FALKEソックス2

FALKEソックス3

  • 価格:1,600円(+税)
  • カラー:Purple_Mix・Yellow_Mix・Grayの3色展開
  • 素材:コットン ポリエステル その他

rasox 靴下 ソックス スポーツ・ロウ

rasoxソックス2

rasoxソックス3

  • 価格:1,300円(+税)
  • カラー:レンガ・カーキ・ライトグレー・グレーの4色展開
  • 素材:アクリル 綿


rasox(ラソックス)も人間工学に基づいたデザインを貫いているブランドです。
こちらが着目したのが足首のところ。人間の足は直角に曲がっているのだから、靴下も直角にすべきだよね、と。L字型の靴下のデザインは足全体を優しく包み込みます。
【価格帯】1,300〜1,700円(+税)が中心

2-3. BEAUTY&YOUTH ビューティ&ユース

BEAUTY&YOUTH 1×1 リブレギュラーソックス

BEAUTY&YOUTHソックス1

BEAUTY&YOUTHソックス2

  • 価格:1,300円(+税)
  • カラー:WHITE・BLACKの2色展開
  • 素材:綿 ポリエステル その他


言わずと知れたセレクトショップの雄、ユナイテッドアローズのオリジナルブランドであるBEAUTY&YOUTH(ビューティ&ユース)。
カジュアルなデイリーウェアを得意とし、メンズ・ウィメンズ、生活雑貨まで幅広く提案するブランドです。セレクトショップらしい売れ線の”ツボ”を確実に押さえたデザインが人気。
【価格帯】1,100〜1,800円(+税)が中心

2-4. Healthknit ヘルスニット

Healthknit 2本ボーダーソックス 3足セット

Healthknitソックス1-1

Healthknitソックス1-2

Healthknitソックス1-3

  • 価格:1,500円(+税)
  • カラー:ブラック・グレー・レッドのボーダーの3足セット
  • 素材:綿

Healthknit ニットソックス 3足セット

Healthknitソックス2-1

Healthknitソックス2-2

  • 価格:1,500円(+税)
  • カラー:つま先とかかとの配色切り替えの3足セット
  • 素材:コットン ポリエステル ポリウレタン ※裏地底面にパイル地


Healthknit(ヘルスニット)は1900年に創業されたアメリカテネシー州で設立されたブランド。
3つボタンのヘンリーネックやデニムワークシャツなどのオールドアメリカンなアイテムに根強い人気があります。ソックスも質実剛健なつくりで、ガンガン洗濯してヘビロテしたいですね。
【価格帯】3足パックで1,500円(+税)などが中心

2-5. Corgi コーギー

Corgi 別注ストライプソックス

Corgiソックス1-1

Corgiソックス1-2

Corgiソックス1-3

  • 価格:4,600円(+税)
  • カラー:白地に2本黒ボーダー
  • 素材:コットン100%

Corgi コットンリブソックス

Corgiソックス2-1
Corgiソックス2-2
Corgiソックス2-3
Corgiソックス2-4
Corgiソックス2-5
Corgiソックス2-6

  • 価格:3,600円(+税)
  • カラー:カーキ・チャコールグレー・ブラックの3色展開
  • 素材:コットン100%

Corgi コットンソックス

Corgiソックス3-1

Corgiソックス3-2

Corgiソックス3-3

  • 価格:3,700円(+税)
  • カラー:NAVY MARL/RED
  • 素材:コットン100%


Corgi(コーギー)は1893年に創業された英国ウェールズのニットブランドです。
長きにわたってチャールズ皇太子も愛用した功績から、ロイヤル・ワラント(王室御用達認定証)も授けられています。つま先部分のリンキングはもちろん、アーガイル模様などの柄を編む際にも熟練の職人によるハンドメイドで生産されています。
【価格帯】2,000〜5,000円(+税)が中心

3. デザイン性重視の方に合うソックス

オリジナルのパターン、斬新な配色など、デザイン性の高いソックスブランドを3つセレクトしました。
どのブランドのソックスも、ボトムスの裾からチラ見せさせると抜群の効果を発揮します!

3-1. Happy Socks ハッピーソックス

Happy Socks レギュラーソックス FIO

Happysocksソックス1-1

Happysocksソックス1-2

Happysocksソックス1-3

Happysocksソックス1-4

  • 価格:1,300円(+税)
  • カラー:ネイビー・グレー・cネイビー・ピンクの4色展開
  • 素材:綿 ナイロン ポリウレタン

Happy Socks レギュラーソックス BAK

Happysocksソックス2-1

Happysocksソックス2-2

  • 価格:1,300円(+税)
  • カラー:オレンジ・グレー・パープル・ブラック・ブルー・ホワイト・チャコール・ネイビーの8色展開
  • 素材:綿80% ナイロン17% ポリウレタン3%

Happy Socks レギュラーソックス 迷彩

Happysocksソックス3-1

Happysocksソックス3-2

Happysocksソックス3-3

  • 価格:1,300円(+税)
  • カラー:ブラック・チャコール・グレーの3色展開
  • 素材:綿 ナイロン ポリウレタン


Happy Socks(ハッピーソックス)は2008年にスウェーデンで設立されたソックスブランド。
創業者がグラフィックデザイナー・イラストレーター出身ということもあり、カラフルでポップなソックスを数多く作っています。8年足らずで世界90カ国以上に展開され、2016年12月には原宿キャットストリートに初の路面店もできました。今まさに旬なブランドです。
【価格帯】1,300円(+税)が中心

3-2. French Bull フレンチブル

French Bull 麻綿ペイヴソックス

French Bullソックス1-1

French Bullソックス1-2

French Bullソックス1-3

French Bullソックス1-4

French Bullソックス1-5

  • 価格:1,400円(+税)
  • カラー:ホワイト・グレー・チャコールグレーの3色展開
  • 素材:[表糸]麻52% 綿37% レーヨン1% [裏糸]ナイロン9% ポリウレタン1%

French Bull ウールヒンメリソックス

French Bullソックス2-1

French Bullソックス2-2

French Bullソックス2-3

French Bullソックス2-4

  • 価格:1,900円(+税)
  • カラー:グレー・ネイビーの2色展開
  • 素材:[表糸]ウール84% 綿4% [裏糸]ナイロン8% ポリウレタン4%


French Bull(フレンチブル)は大阪を拠点とし、”天然素材”と”国産”にこだわるソックスブランド。
北欧を思わせる色づかいや柄が特徴で、ウィメンズが特に人気ですがメンズもあります。ロールアップしたジーンズにさりげなく履いたりすれば、まわりの女性から「その靴下どこの?」と聞かれるかも。
【価格帯】1,200〜1,900円(+税)が中心

3-3. Paul Smith ポールスミス

Paul Smith ドットパターン ドレスソックス

Paul Smithソックス1-1

Paul Smithソックス1-2

  • 価格:2,200円(+税)
  • カラー:ネイビー・ブラック・グレーの3色展開
  • 素材:コットン ナイロン

Paul Smith アーティストストライプトリムソックス

Paul Smithソックス2-1

Paul Smithソックス2-2

  • 価格:2,000円(税込)
  • カラー:ブルー・ネイビー・バーガンディーの3色展開
  • 素材:コットン ナイロン ポリウレタン


もはや説明不要と言えるほど日本に浸透している英国ブランド、Paul Smith(ポールスミス)。
1976年にパリでショーを開催して以来、いまだに第一線で活躍しているのは凄いの一言。伝統的なテーラードの技術をベースにしつつ、遊び心のあるデザインが人気ですよね。ソックスでもポールスミスらしい配色やデザインモチーフを遺憾なく発揮しています。
【価格帯】1,600〜2,600円(+税)が中心

さいごに

スーツスタイルからデザイン性の高いソックスまで、おすすめソックスブランドを厳選して紹介してきました。

普段の格好がスーツなのかカジュアルなのか、もしくは人と被らないスタイルがよいのか。
普段のスタイルをイメージしながら靴下を選べば、まず失敗はないと思います。
これは靴下を男性にプレゼントする時も同様です!

なお、ソックスは本当いろいろ種類があるので、こんな記事も参考になるかも。

どのソックスブランドを買おうか考えていた方に、少しでも参考になれば幸いです。
お気に入りの靴下を履いて足元のオシャレを楽しみましょうー!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/04/healthknit_amazon2-3-1024x768.jpghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/04/healthknit_amazon2-3-150x150.jpgsockma_developメンズソックスブランドメンズおすすめみなさん、靴下ってどこで買っていますか? 「靴下は3足1,000円でいいや!」という効率性重視の方も、「日本製はやっぱり履き心地が違う!」というこだわり派の方も、いろいろな方がいらっしゃると思います。 靴下ってその人のファッションに対するスタンスがすごくよく出るアイテムですよね。 オシャレは足元からだと思うから、靴下買ったよん。オシャレは大事 https://t.co/8DMiqGl2Wz— イクマンテの夜 (@ikumante) 2017年12月17日 オシャレな靴下欲しいんだけど— 蒼井 純人 (Aoi Sumito) (@aoihito0626) 2017年12月12日 暖かくて、足首隠れてて、オシャレなやつ…そう、靴下欲しい‍♂️笑— 岡田 治己 (@okadaharuki1208) 2018年1月6日 ちょっとお高めなんだけどHappySocksで靴下を買った。デザインが面白くてオシャレなのだ。 #HappySocks— マヌ74←(目標69) (@numax_CAAD9) 2017年11月10日 ただ、靴下選びが難しいのが、靴下ブランドによって品質も価格もまちまちで、どれを選んだらよいかがいまいちわかりづらいところ。しかも、特にビジネスソックスなどはどのブランドも一緒に見えてしまい、結局ユニクロや無印良品で毎回まとめ買いしているなんてこともあるかと思います。 でも実は靴下ブランドってほんとに多種多様で、ブランドによって履き心地もデザインの特徴も全然違ったりします。 そこで今回は、オシャレメンズたちに支持されている”鉄板”のソックスブランドをご紹介したいと思います! おすすめの鉄板ソックスブランド では早速、おすすめの鉄板ソックスブランドを紹介します。 それぞれのシチュエーションごとにおすすめは異なるので、今回は「スーツスタイル」「カジュアルスタイル」「デザイン性重視」の3つに分けて解説していきます。 スーツスタイルに合うソックス HALISON ハリソン Tabio MEN タビオメン(靴下屋) カジュアルスタイルに合うソックス FALKE ファルケ rasox ラソックス BEAUTY&YOUTH ビューティ&ユース Healthknit ヘルスニット Corgi コーギー デザイン性重視の方に合うソックス Happy Socks ハッピーソックス French Bull フレンチブル Paul Smith ポールスミス では順番に見ていきましょう! 1. スーツスタイルに合うソックス スーツスタイルにマッチするソックスブランドを3つ紹介します。 伝統的なロングホーズで有名なブランドから、コスパ抜群の新鋭ブランドまでひととおり紹介しますよ! 1-1. HALISON ハリソン HALISON ウール100% リブホーズ クラシックリンキング 25-26cm HALISON ウール100% リブホーズ クラシックリンキング 25-26cm(amazon) 価格:1,500円(+税) カラー:ネイビー・ブラック・ブラウン・チャコールの4色展開 素材:ウール100% HALISON エジプト綿 ワイドリブ ロングホーズソックス 25-26cm HALISON エジプト綿...靴下のことはなんでも。ソックマ!