春、秋と過ごしやすい季節には特に増加する結婚式。
お呼ばれの際にはどんな服装でいけばいのか悩みますよね。何回か出席している人も、日が空くと基本のマナーを案外忘れているもの。
特にストッキングとかって盲点なんですよね。


結婚式の服装ってどんなドレスにするかに気を取られがちですが、足元もやっぱり大事。
案外見られてるし、セレクトを間違えるとすごく浮いた格好になっちゃうんですよね。

そこで今回は、結婚式・二次会のストッキング・パンプスのマナーをたっぷり解説していきます!
どれも簡単に覚えられるマナーなので、初めての方も、久しぶりで忘れちゃったという方も是非参考にしてみてくださいね。

結婚式のストッキング・パンプスの選び方

それではまずストッキング・パンプスの選び方から。
どんなものを身に着けていけばベストなのか、線引きが曖昧で分かりづらい!なんて思っている方もいるのでは? ここでしっかりご説明するのでご安心を!

ストッキングを選ぶ時のマナー

どういう色がNG? やっぱりベージュがよい?

まず、黒はNGです。お祝いの席なのでナチュラルなベージュのストッキングがよいですね。
実際の式でも、肌色に近いベージュのストッキングを履いている人が圧倒的に多いと思います。
黒いストッキングは、お悔やみ事をイメージさせてしまうので避けましょう。

(↓こういう感じのベージュとかよいです。)



ラメや柄はどこまでOK? 網タイツは?

最も無難なベージュのストッキングですが、ラメ入りのものは華やかさをプラスできるのでOK。
もちろん過度にキラキラしたラメは避けた方が無難で、さりげなく光るものを選びましょう。

柄のストッキングも同様で、部分的に柄が入っているものや、ワンポイントとかであれば全然OK。
全面に柄が施されたストッキングは避けた方がいいですね。

また、網タイツは露出が多く、結婚式にそぐいません。品がないイメージになってしまうので避けましょう。

(↓これくらいの柄にとどめておくのがおすすめ。)



寒い季節もタイツはNG?

タイツはカジュアルアイテムであり、フォーマルなスタイルにはふさわしくないのでNG!
フォーマルな場では素肌が透けて見えるくらいが理想。タイツのようなマットな質感だとダメなのです。
寒さが気になるようであれば、温熱効果のあるストッキングもあるので、そちらで対策しましょう。

(↓こういうタイツはアウトです!)



結婚式・披露宴に出席する場合、二次会だけの場合

結婚式・披露宴に出席する場合は、ベージュのストッキングが一番無難です。あとは控えめなラメ入り、ワンポイント柄とかであれば全然OK。

二次会だけ出席する場合は、そこまでマナーに厳密でなくても最近はOK。
パーティー感覚で参加できるカジュアルな二次会が増えたことから、黒のストッキングも二次会なら結構見かけるようになりました。

ただ、真っ黒だとさすがに華やかさに欠けるので、履きたい時は透けるくらいの薄さで、ラメや模様入りのものを選びましょう。

(↓例えば、こういうタイプのものとかですね。)



パンプスを選ぶ時のマナー

色や素材にNGはある?

ヒョウ柄などの柄物、もしくはパイソンなどの爬虫類のレザーは殺生をイメージさせるので避けます。また、カジュアルなニット素材やコットンなども避けたい素材。

黒や白の色味を足元で取り入れることは何も問題ありません。特に白いパンプスなどは足元が明るく見えて◎。サテン素材や、スムースレザー、エナメル素材のパンプスならまず問題ないので、それらを選びましょう。

具体的なイメージはこれらのリンクも参考にしてみてください。

靴のデザインにNGはある?

つま先やかかとが出るサンダルやミュールなどはカジュアルアイテムのためNG!
知らずにオープントゥやミュールを履いている人、たまに見かけたりしますがアウトです。

(↓こういうのはNG!)

オープントゥミュール

特に、つま先やかかとが出るシューズは「妻先に出る」という意味合いで別れを連想させるのだとか。縁起的にもよろしいものではないので履くのはやめましょう。

また、ブーツもカジュアルアイテムであるため、フォーマルな服装にはふさわしくありません。

というわけで、つま先のでないプレーンなパンプスがベスト。
つま先やかかとが出ないのであれば、ストラップ付きなどは特に問題ありません。

ヒールの高さは?

3cm以上が良しとされています。フォーマルシーンでは少しヒールがあるパンプスを履くのがマナー。
ドレスと合わせることを考えても、ヒールのパンプスの方が見た目も綺麗ですよね。

ペタンコのシューズは妊婦さん以外はNGなので、ヒールが苦手な人も低めヒールで頑張りましょう。帰り用に履き替えのフラットシューズを持参しておくのも一つの手。

結婚式におすすめのストッキングは?

では続いて、結婚式におすすめのストッキングを紹介していきます。
もうどれを履いたらいいかわからないから具体的な商品を教えて!という人はここから選べば間違いありません!

華やかなストッキングのおすすめは?

靴下屋 きらり輝く光沢感ストッキング



上品で繊細な輝きが魅力のストッキング。素肌のようにきめ細やかでなめらかな肌触りが気持ちよく、絶妙な光沢感が脚を綺麗に見せてくれます。上品なラメ感なので結婚式・披露宴でも全然OK!

靴下屋 オールラメストッキング





華やかさいっぱいのオールラメストッキング。ナチュラルなベージュならさりげないキラキラ感を楽しめます。ドレスがプレーンなときなど、足元で華やかさを出したいときにも活躍してくれます。
ラメ入りの黒も、二次会とかであれば全然OK!

伝線しづらいストッキングのおすすめは?

アツギ ASTIGU アスティーグ 強 丈夫

綺麗にドレスアップして楽しみにしていた結婚式。ストッキングの伝線はとにかく避けたい! そんな人におすすめしたいのがアツギの「アスティーグ 強 丈夫」。
独自の糸を使っているため、破れにくく丈夫。履きたての美しさをロングキープしてくれます。朝履いたままのキレイな足元でいられますよ。

グンゼ SABRINA Tough サブリナ タフ 丈夫で美しい

伝線を避けたい派の人にもうひとつおすすめしたいのが、グンゼの「サブリナ タフ 丈夫で美しい」。
名前の通り丈夫さをとことん追求した設計で、破れにくく伝線しにくい構造になっています。もちろん美しさも兼ね備えていて、オールマイティに頼れるストッキングです。

美脚に見えるストッキングのおすすめは?

グンゼ SABRINA サブリナ 美しく引き締める

ドレスを着たら意外と目立つのが足元。せっかくだから美脚に見せたいですよね。そんな人におすすめしたいのがグンゼの「サブリナ 美しく引き締める」。
グラデーション着圧で脚全体をしっかり綺麗に見せてくれます。ナチュラルな透明感で脚を美しく演出。着圧タイプなのに履きやすい履き心地も魅力です。

アツギ ASTIGU アスティーグ 圧 引き締め

美脚派の人にもうひとつおすすめするのが、アツギの「アスティーグ 圧 引き締め」。
履きやすさと引き締め、どちらも叶えたストッキングです。部位ごとに加圧が変化している設計なので、いつまでも美しい脚をキープ。着圧タイプなのに長時間履いても痛くならないところも嬉しいポイントですよね。

発熱するタイプのストッキングのおすすめは?

fukuske デイリー満足 うすくてふんわりあったか ストッキング

結婚式は寒い季節にも行われることがあります。そんな時におすすめしたいのが発熱するタイプのストッキング。
福助の「デイリー満足 うすくてふんわりあったかストッキング」は、柔らかくふんわりと編み込んだ繊維に空気が含まれ、優しい暖かさが持続します。普通のストッキングは冷えてダメ!という方、是非お試しを。

さいごに

結婚式・二次会のストッキング・パンプスのマナーとおすすめストッキングをご紹介してきました。
自信のなかった方も、この記事で胸を張って結婚式に行けることと思います!
ストッキングはほんといろいろ種類があるので、まだまだ探したい!という人は下記リンクもどうぞ。

ストッキングの人気商品を知りたい!という人は、最新の口コミ評価を集めたこちらの記事がおすすめ。

とにかく脚を細くキレイに見せたい!という人は、こちらの記事が参考になります。

自分の素肌に合ったベージュストッキングが見つからない!という人はこちらの記事をどうぞ。

素敵にドレスアップして、結婚式を楽しんでくださいね!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/03/8330_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/03/8330_top1-150x150.pngsockma_developタイツ・ストッキング・レギンスストッキング,アツギ,グンゼ,fukuske春、秋と過ごしやすい季節には特に増加する結婚式。 お呼ばれの際にはどんな服装でいけばいのか悩みますよね。何回か出席している人も、日が空くと基本のマナーを案外忘れているもの。 特にストッキングとかって盲点なんですよね。 結婚式って黒のストッキング履くと失礼になったりする?— yuri@なんでもいいねアカウント (@K_turt) 2018年3月3日 結婚式への参列が近いからせめてストッキングくらい新調してえな…って思ってるんですけども柄ダメとかなんのための盛装なのかわかんねえなこれ— ヤマモ (@ym_t_m) 2018年2月23日 結婚式久々で礼儀的な事いろいろ忘れてそう。ストッキングとか普段無縁過ぎて家にあるかなぁ。— Sara-ie (@fotografica69) 2018年2月9日 結婚式出席するのに久しぶりにストッキング穿いたら締め付けに耐えられないしヒール履いたら産まれたての子鹿— 巻子 (@mercurius_mmt) 2018年3月3日 結婚式の服装ってどんなドレスにするかに気を取られがちですが、足元もやっぱり大事。 案外見られてるし、セレクトを間違えるとすごく浮いた格好になっちゃうんですよね。 そこで今回は、結婚式・二次会のストッキング・パンプスのマナーをたっぷり解説していきます! どれも簡単に覚えられるマナーなので、初めての方も、久しぶりで忘れちゃったという方も是非参考にしてみてくださいね。 結婚式のストッキング・パンプスの選び方 それではまずストッキング・パンプスの選び方から。 どんなものを身に着けていけばベストなのか、線引きが曖昧で分かりづらい!なんて思っている方もいるのでは? ここでしっかりご説明するのでご安心を! ストッキングを選ぶ時のマナー どういう色がNG? やっぱりベージュがよい? まず、黒はNGです。お祝いの席なのでナチュラルなベージュのストッキングがよいですね。 実際の式でも、肌色に近いベージュのストッキングを履いている人が圧倒的に多いと思います。 黒いストッキングは、お悔やみ事をイメージさせてしまうので避けましょう。 (↓こういう感じのベージュとかよいです。) きらり輝く光沢感ストッキング(靴下屋 Tabio公式) ラメや柄はどこまでOK? 網タイツは? 最も無難なベージュのストッキングですが、ラメ入りのものは華やかさをプラスできるのでOK。 もちろん過度にキラキラしたラメは避けた方が無難で、さりげなく光るものを選びましょう。 柄のストッキングも同様で、部分的に柄が入っているものや、ワンポイントとかであれば全然OK。 全面に柄が施されたストッキングは避けた方がいいですね。 また、網タイツは露出が多く、結婚式にそぐいません。品がないイメージになってしまうので避けましょう。 (↓これくらいの柄にとどめておくのがおすすめ。) タテレースストッキング(靴下屋 Tabio公式) 寒い季節もタイツはNG? タイツはカジュアルアイテムであり、フォーマルなスタイルにはふさわしくないのでNG! フォーマルな場では素肌が透けて見えるくらいが理想。タイツのようなマットな質感だとダメなのです。 寒さが気になるようであれば、温熱効果のあるストッキングもあるので、そちらで対策しましょう。 (↓こういうタイツはアウトです!) 結婚式・披露宴に出席する場合、二次会だけの場合 結婚式・披露宴に出席する場合は、ベージュのストッキングが一番無難です。あとは控えめなラメ入り、ワンポイント柄とかであれば全然OK。 二次会だけ出席する場合は、そこまでマナーに厳密でなくても最近はOK。 パーティー感覚で参加できるカジュアルな二次会が増えたことから、黒のストッキングも二次会なら結構見かけるようになりました。 ただ、真っ黒だとさすがに華やかさに欠けるので、履きたい時は透けるくらいの薄さで、ラメや模様入りのものを選びましょう。 (↓例えば、こういうタイプのものとかですね。) オールラメストッキング(靴下屋 Tabio公式) パンプスを選ぶ時のマナー 色や素材にNGはある? ヒョウ柄などの柄物、もしくはパイソンなどの爬虫類のレザーは殺生をイメージさせるので避けます。また、カジュアルなニット素材やコットンなども避けたい素材。 黒や白の色味を足元で取り入れることは何も問題ありません。特に白いパンプスなどは足元が明るく見えて◎。サテン素材や、スムースレザー、エナメル素材のパンプスならまず問題ないので、それらを選びましょう。 具体的なイメージはこれらのリンクも参考にしてみてください。 「結婚式 パンプス」の結果をみる(amazon) 「結婚式 パンプス」の結果をみる(楽天) 靴のデザインにNGはある? つま先やかかとが出るサンダルやミュールなどはカジュアルアイテムのためNG! 知らずにオープントゥやミュールを履いている人、たまに見かけたりしますがアウトです。 (↓こういうのはNG!) オープントゥミュール(amazon) 特に、つま先やかかとが出るシューズは「妻先に出る」という意味合いで別れを連想させるのだとか。縁起的にもよろしいものではないので履くのはやめましょう。 また、ブーツもカジュアルアイテムであるため、フォーマルな服装にはふさわしくありません。 というわけで、つま先のでないプレーンなパンプスがベスト。 つま先やかかとが出ないのであれば、ストラップ付きなどは特に問題ありません。 ヒールの高さは? 3cm以上が良しとされています。フォーマルシーンでは少しヒールがあるパンプスを履くのがマナー。 ドレスと合わせることを考えても、ヒールのパンプスの方が見た目も綺麗ですよね。 ペタンコのシューズは妊婦さん以外はNGなので、ヒールが苦手な人も低めヒールで頑張りましょう。帰り用に履き替えのフラットシューズを持参しておくのも一つの手。 結婚式におすすめのストッキングは? では続いて、結婚式におすすめのストッキングを紹介していきます。 もうどれを履いたらいいかわからないから具体的な商品を教えて!という人はここから選べば間違いありません! 華やかなストッキングのおすすめは? 靴下屋 きらり輝く光沢感ストッキング 上品で繊細な輝きが魅力のストッキング。素肌のようにきめ細やかでなめらかな肌触りが気持ちよく、絶妙な光沢感が脚を綺麗に見せてくれます。上品なラメ感なので結婚式・披露宴でも全然OK! きらり輝く光沢感ストッキングの詳細をみる(靴下屋 Tabio公式) 靴下屋 オールラメストッキング 華やかさいっぱいのオールラメストッキング。ナチュラルなベージュならさりげないキラキラ感を楽しめます。ドレスがプレーンなときなど、足元で華やかさを出したいときにも活躍してくれます。 ラメ入りの黒も、二次会とかであれば全然OK! オールラメストッキングの詳細をみる(靴下屋 Tabio公式) 伝線しづらいストッキングのおすすめは? アツギ ASTIGU アスティーグ 強 丈夫 ASTIGU アスティーグ 強 丈夫(アツギ公式) 綺麗にドレスアップして楽しみにしていた結婚式。ストッキングの伝線はとにかく避けたい! そんな人におすすめしたいのがアツギの「アスティーグ 強 丈夫」。 独自の糸を使っているため、破れにくく丈夫。履きたての美しさをロングキープしてくれます。朝履いたままのキレイな足元でいられますよ。 アスティーグ 強を探す(amazon) アスティーグ 強を探す(楽天) グンゼ SABRINA Tough サブリナ タフ 丈夫で美しい SABRINA Tough(アツギ公式) 伝線を避けたい派の人にもうひとつおすすめしたいのが、グンゼの「サブリナ タフ 丈夫で美しい」。 名前の通り丈夫さをとことん追求した設計で、破れにくく伝線しにくい構造になっています。もちろん美しさも兼ね備えていて、オールマイティに頼れるストッキングです。 サブリナ タフを探す(amazon) サブリナ タフを探す(楽天) 美脚に見えるストッキングのおすすめは? グンゼ...靴下のことはなんでも。ソックマ!