かわいさもありつつ、きちんと感もあわせ持ったアイテムであるローファー。
履くだけで足元をぱっと上品な雰囲気にすることができ、1足持っていると季節問わず活躍してくれるアイテムです。
流行り廃りがないオーソドックスなデザインであることもうれしいですよね。


ただ、ローファーは合わせ方を間違えると一気に子供っぽく、かわいくなり過ぎてしまうアイテムでもあります。中には「学生が履くもの」というイメージの人もいるかも・・。
本来ローファーはクラシカルなアイテムなので、大人の女性にこそ履いて欲しいシューズなんですよね。

そこで今回は、かわいくなり過ぎない大人のローファーコーデ術を解説したいと思います!

かわいくなり過ぎないローファーコーデ術

では早速、お手本コーデを見ながらローファーコーデ術を解説していきます。
かわいくなり過ぎないコツとして、今回は3つの合わせ方をご紹介します。

  1. シックカラー×ローファー
  2. ワイドボトム×ローファー
  3. デニム×ローファー


要は、スカート×靴下&ローファーといった「かわいい」×「かわいい」でなく、大人っぽいアイテム×ローファーでまとめようということです。
では早速見ていきましょう!

1. シックカラー×ローファー

シックな色味でつくるシンプルコーデ

TOMOさん(@nicoco121)がシェアした投稿

ベージュ系ニットにブラックボトムというベーシックな着こなし。アクセントをつけるのはホワイトソックスにローファーの足元。一気にクラシカルでトラッドな印象のスタイリングに様変わり。

ホワイトをリンクさせて◎大人キレイめスタイリング

TOMOさん(@nicoco121)がシェアした投稿

深みのあるブラウンのアウターからベージュのニットをちら見せしてブラックボトムを合わせて。ホワイトソックスとバッグのホワイトで落ち着きカラーのコーディネートに抜け感をプラス。きちんと感あるローファーで足元を仕上げれば大人のキレイめスタイルの完成。

チェックと好相性◎トラッドコーディネート

あき👩さん(@ua07240725)がシェアした投稿

ボリューム感あるストールにオーバーサイズのアウター。INにはタイトめのニットとチェックのタイトスカートでメリハリを。チェックと相性の良いローファーは、合わせるだけでトラッドなテイストにコーデをシフトしてくれます。

スタイリッシュな大人ブラックコーデ

ネイビーのプレーンなニットにスキニーデニムというとてもシンプルな着こなし。スパイスになるのは、かっちりした印象のボストンバッグや品のあるローファー。小物のセレクトでシンプルなスタイルの表情は自在に変わります。

2. ワイドボトム×ローファー

ワイドデニムがバランスGOOD!なカジュアルコーデ

arataさん(@__arat)がシェアした投稿

グレーのスウェットにワイドなワンウォッシュのデニムをコーディネート。裾を少しロールアップしてJ.M.ウエストンのローファーをプラス。
ローファー効果でカジュアル感が良い感じに調和されたバランスの良いスタイリングです。

バランス感が◎大人カジュアルスタイリング

まきさん(@maakii_93)がシェアした投稿

トップスはデニムシャツにブラックニットでシンプルに。ボトムはチェックのワイドパンツ、バッグはあえて大きめのボストンをあわせて。バランス感が絶妙な大人コーデにまとめています。

ホワイトソックスが相性抜群な足元コーディネート

ブラックのボトムとローファーに、よりきちんとした印象を漂わせてくれるのは凛としたホワイトのソックス。色の対比効果もありスッキリとした品のある印象に見せてくれます。迷ったら是非、ホワイトソックスをセレクトしてみて。

3. デニム×ローファー

ワンピースでつくるガーリーMIXスタイル

ゆるめサイジングのブラックのシャツワンピースにワイドデニムを合わせたコーデ。ボリューム感のあるアイテム同士ですが、シンプルにまとめているのでバランスよく仕上がっています。足元はあえてのローファーをチョイスしてクラス感をプラス。

ニット×デニムの大人シンプルスタイリング

Bennieさん(@bennie__81)がシェアした投稿

ベーシックなニットからシャツをちらり。ボトムはシンプルにデニムをセレクト。足元はソールにボリューム感のあるローファーで少し遊び心を。シンプルな中にもアイテム選びにセンスが感じられるスタイルです。

シンプルにまとめる大人カジュアルMIXコーデ

yu—–i.nさん(@ma_na_wear)がシェアした投稿

ライダースのINにはライトグレーのニット、ボトムはシンプルなスキニーデニムを合わせて。足元には、ゴールドのバックルが付いた個性的なローファーをセレクト。着こなしているアイテムはカジュアルですが、ローファーがプラスされたことで品のある印象に仕上がっています。

小物使いが◎カジュアルコーディネート

全体のコーデのポイントになっているのは首元のスカーフ。ウエアはシンプルなだけに、小物の存在感が光ります。また、スカーフと同様に足元のエナメルローファーもデニムのカジュアル感を緩和させるのに◎。バランスの良いコーデです。

キュートなオーバーオールスタイル

ベージュのトレンチのINにはレーストップスと色味が良い感じのオーバーオール。カジュアルな雰囲気のこのスタイリングを引き締めるのが足元のローファー。色味的にも、レザーの質感的にも良いアクセントになっています。

大人女子におすすめのシューズブランドは?

コーデのポイントが理解できたところで、おすすめのシューズブランドも紹介していきます!
老舗ブランドからコスパのよいブランドまで取り揃えたので、ご自身のスタイルにあわせて選んでいただければと思います。

  1. G.H.Bass ジーエイチバス
  2. FABIO RUSCONI ファビオルスコーニ
  3. J.M.WESTON ジェイエムウエストン
  4. Church’s チャーチ
  5. COLE HAAN コールハーン
  6. HARUTA ハルタ


では順番に見ていきましょう!

1. G.H.Bass ジーエイチバス

ローファーの生みの親と言われているのがアメリカのブランド「G.H.Bass(ジー・エイチ・バス)」。
シンプルなデザインでお値段もお手ごろ。最初の1足に自信をもってオススメしたいブランドです。
※価格帯の目安:12,000〜18,000円程度

2. FABIO RUSCONI ファビオルスコーニ

パンプスのイメージが強いファビオルスコーニですが、ローファーも作っています。
アッパーやソールのデザインに「らしさ」を感じます。デザイン性の高いローファーをお探しの方にオススメです。
※価格帯の目安:25,000〜35,000円程度

3. J.M.WESTON ジェイエムウエストン

1891年にフランスで創業された老舗ブランドがJ.M.ウエストン。足幅が6種類(A/B/C/D/E/F/G)も用意されており、足のかたちにあったローファーは極上のフィット感を保証してくれます。末永く履ける一足をお探しの本物志向の方にオススメしたいブランドです。
※価格帯の目安:80,000〜90,000円程度

4. Church’s チャーチ

1873年に英国で創業された革靴ブランドである「Church’s(チャーチ)」。高級感漂うそのルックスは老舗ならでは。J.M.ウエストンと並んで、一生モノをお探しの方にオススメしたいブランドです。
※価格帯の目安:65,000〜75,000円程度

5. COLE HAAN コールハーン

1928年にアメリカで創業されたコールハーン。ファッション性の高さと機能性を両立させたデザインが魅力のブランドです。比較的手が出しやすい値段で、スタイリッシュなローファーが欲しい人にオススメ。
※価格帯の目安:25,000〜35,000円程度

6. HARUTA ハルタ

ローファーといえばやはり「ハルタ」は外せません。定番中の定番ブランドで価格も安価なため、気軽に試してみたい人にオススメ。
※価格帯の目安:10,000〜15,000円程度

さいごに

かわいくなり過ぎないローファーコーデ術とおすすめシューズブランドを紹介してきました。
真似してみたい着こなしや、欲しいローファーは見つかったでしょうか?

今までパンプスやスニーカーが多かったという人も、これを機にぜひローファーコーデに挑戦してみて欲しいです。革靴が1足加わるだけで、着こなしの幅がぐんと広がりますよ!

今回紹介したブランド以外にもいろいろ種類があるので、気になる人はこちらのリンクもご参考まで。

ローファーで大人かわいいコーデを楽しみましょうー!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/02/7074_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/02/7074_top1-150x150.pngsockma_developブランドコーディネートウィメンズおすすめかわいさもありつつ、きちんと感もあわせ持ったアイテムであるローファー。 履くだけで足元をぱっと上品な雰囲気にすることができ、1足持っていると季節問わず活躍してくれるアイテムです。 流行り廃りがないオーソドックスなデザインであることもうれしいですよね。 ファビオのローファーかわいいなー— ゆちゃん (@yuuu_o623) 2017年8月25日 昨日買ったファビオのローファーがやっぱりかわいい。お気に入り。 pic.twitter.com/Mmdrb5oJia— はるやま (@Haru_4wp) 2017年12月3日 今度のお給料日にウエストンのローファー買おうっと💕— キョン子 (@TK_KYONKO) 2017年11月19日 来年はチャーチのローファーを買う!目標!チャーチ貯金しよ— ナコ (@ncsbkn) 2017年10月20日 ただ、ローファーは合わせ方を間違えると一気に子供っぽく、かわいくなり過ぎてしまうアイテムでもあります。中には「学生が履くもの」というイメージの人もいるかも・・。 本来ローファーはクラシカルなアイテムなので、大人の女性にこそ履いて欲しいシューズなんですよね。 そこで今回は、かわいくなり過ぎない大人のローファーコーデ術を解説したいと思います! かわいくなり過ぎないローファーコーデ術 では早速、お手本コーデを見ながらローファーコーデ術を解説していきます。 かわいくなり過ぎないコツとして、今回は3つの合わせ方をご紹介します。 シックカラー×ローファー ワイドボトム×ローファー デニム×ローファー 要は、スカート×靴下&ローファーといった「かわいい」×「かわいい」でなく、大人っぽいアイテム×ローファーでまとめようということです。 では早速見ていきましょう! 1. シックカラー×ローファー シックな色味でつくるシンプルコーデ TOMOさん(@nicoco121)がシェアした投稿 - 1月 31, 2018 at 4:27午前 PST ベージュ系ニットにブラックボトムというベーシックな着こなし。アクセントをつけるのはホワイトソックスにローファーの足元。一気にクラシカルでトラッドな印象のスタイリングに様変わり。 ホワイトをリンクさせて◎大人キレイめスタイリング TOMOさん(@nicoco121)がシェアした投稿 - 2月 3, 2018 at 4:41午前 PST 深みのあるブラウンのアウターからベージュのニットをちら見せしてブラックボトムを合わせて。ホワイトソックスとバッグのホワイトで落ち着きカラーのコーディネートに抜け感をプラス。きちんと感あるローファーで足元を仕上げれば大人のキレイめスタイルの完成。 チェックと好相性◎トラッドコーディネート あき👩さん(@ua07240725)がシェアした投稿 - 1月 23, 2018 at 5:23午後 PST ボリューム感あるストールにオーバーサイズのアウター。INにはタイトめのニットとチェックのタイトスカートでメリハリを。チェックと相性の良いローファーは、合わせるだけでトラッドなテイストにコーデをシフトしてくれます。 スタイリッシュな大人ブラックコーデ ShopStyle(ショップスタイル)🇯🇵さん(@shopstylejp)がシェアした投稿...靴下のことはなんでも。ソックマ!