アウターはコーディネートの中でもこれからの季節、主役になるアイテム。せっかく着るなら上質で長く着られるアウターが欲しいですよね。
そんなこだわり派の人にオススメしたいのが「マッキントッシュ」のアウター。英国ブランドならではの気品ある佇まいはキレイめなスタイルにぴったり。ベーシックなデザインなので流行に関係なく長く着られます。
今回はそんなマッキントッシュの2018年秋冬おすすめ人気モデルを完全解説していきたいと思います。是非ウィッシュリストに加えてみてくださいね。

マッキントッシュはどんなブランド?

マッキントッシュ(MACKINTOSH)は、1832年イギリスのスコットランドにて誕生したブランド。
トレンチコートやキルティングコートなどのアウターが特に人気のブランドです。英国ブランドらしいトラッドなテイストを持ったアウター類は、そのルックスの美しさと実用性の高さから全英で人気を博します。価格は決して安くはないですが、それに見合うだけの良さがマッキントッシュのコートにはあります。質が高くモダンでシンプルなコレクションは世代を超えて多くの人々に愛されていますね。

マッキントッシュ ゴム引きコート

マッキントッシュといえばアウター!

アウターで有名なマッキントッシュですが、その原点ともいえるのがゴム引きコート。
当時、雨をしのぐためにはキャンバス地に油を塗ったようなものしかなく、人々は大変苦労していたそう。そんな時代に生まれたマッキントッシュのゴム引きコートは、2枚の生地の間に天然ゴムを塗って圧着することで高い防水性能を実現。革新的なアウターとして全英中に一気に普及していきました。
その質や実用性の高さから上流階級の人々が乗馬コートとして愛用し、後に陸軍、鉄道などでも採用されることとなります。

マッキントッシュ ゴム引きフーデットコート

キルティング素材も定番アイテム

キルティングコートもマッキントッシュの定番アイテム。カジュアルになりがちなキルティング素材も、マッキントッシュの手にかかればシックで品のある雰囲気に仕上がります。
キレイめにもカジュアルにも着こなせるので、どんなスタイルにもマッチします。オン・オフどちらにも合わせられるから、かえってコスパが良いと考える人も多いですね。美しいルックスに加えて防寒性もバッチリなアイテムなので、人気が高いのも納得です。

マッキントッシュ キルティングボアコート

MACKINTOSH LONDON、MACKINTOSH PHILOSOPHYはどんなブランド?

一言で「マッキントッシュ」と言っても、実は日本で”MACKINTOSH”の名前がついているブランドは大きく3つあります。それが「マッキントッシュ」「マッキントッシュ ロンドン」「マッキントッシュ フィロソフィー」の3つ(マッキントッシュ関連のブランドとしてTraditional Weatherwearもありますが、今回その説明は割愛)。

まず、本家本元が英国の「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」。
そして、日本のみのブランドとして展開されているのが「マッキントッシュ ロンドン(MACKINTOSH LONDON)」と「マッキントッシュ フィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)」です。

位置付けとしては、「マッキントッシュ ロンドン」が英国マッキントッシュの世界観をベースに、コートからアクセサリーまでよりトータルに展開するブランド。
「マッキントッシュ フィロソフィー」がマッキントッシュのセカンドラインとして、より手の届きやすい価格帯のアイテムを展開するブランドと言えます。

MACKINTOSH LONDONのおすすめ人気アウターは?

マッキントッシュのブランドを理解したところで、ここではマッキントッシュのアウターについて解説していきたいと思います。今回は、3ブランドの中で一番バランスがとれているとも言える「マッキントッシュ ロンドン」のアイテムを中心に紹介したいと思います!

  1. MACKINTOSH LONDONのキルティングアイテム
  2. MACKINTOSH LONDONのダウンアイテム
  3. MACKINTOSH LONDONのステンカラーコート
  4. MACKINTOSH LONDONのトレンチコート
  5. MACKINTOSH LONDONのダッフルコート
  6. MACKINTOSH LONDONのチェスターコート
  7. MACKINTOSH LONDONのピーコート
  8. MACKINTOSH LONDONのレインコート


では、順番に見ていきましょう!

1. MACKINTOSH LONDONのキルティングアイテム

キルティングコートはショート丈からミディ丈、サイズもラージサイズまで豊富に揃っています。
マッキントッシュのキルティングコートは保温性が高く、それでいてボディラインはスッキリみせてくれるので人気のアイテムです。キルト裏面にボアを使用していたり、英国ブランドらしいチェックを使用しているアウターも。ネック周りのデザインもフード付きからノーカラーまであります。カラーは基本的にベーシック。ベージュやネイビー、カーキ、ブラックなどが揃います。中には鮮やかなブルーやパープルのアイテムもあり、シックになりがちな秋冬のコーデを明るくしてくれそう。全体的なプライスは5万円台から10万円台です。

2. MACKINTOSH LONDONのダウンアイテム

ダウンアイテムはシックでラグジュアリーな雰囲気。ベストからショート丈、ミディ丈、ロング丈と揃っています。
定番のステッチ入りのダウン以外にも、ノンステッチでシンプルに仕上げたショートダウンや、ブランドオリジナルのアンドリュー柄をプリントしたものなど様々。イタリア産のホワイトダックを使用していたりと、ルックスのキレイさだけでなく暖かさも抜群。フードの取り外しが可能なダウンなら、違った表情も楽しめるのでオススメです。カラーは、ホワイト、ベージュ、ネイビー、パープル、カーキ、ブラックなど。プライスは5万円台から16万円台です。

3. MACKINTOSH LONDONのステンカラーコート

ステンカラーコートは、マッキントッシュのアイコン的存在のゴム引きコートのほか、撥水・防水性の高いボンディングコートなどが展開されています。
ゴム引きコートは職人の手により一着ずつ丁寧な工程を経てつくられているので限定着数しか入荷されないというプレミアムな一着です。比翼のステンカラータイプのコートはシンプルでスッキリと着こなせるアイテム。はっ水、防水、透湿の効果もあり、雨の日も安心です。また、カラーバリエーションの豊富さもステンカラーコートの魅力。ピンクやレッド、ブルーなど着るのが楽しくなるようなカラーラインナップです。プライスは、8万円台から16万円台です。

4. MACKINTOSH LONDONのトレンチコート

マッキントッシュの定番的アイテムともいえるトレンチコート。ベーシックかつ上品な印象で着こなせるのが魅力です。
ミディ丈からロング丈まで揃っているので、お好みで選べます。裏地にチェック柄の生地を使用したものや、はっ水、はつ油性のある生地を使用したアイテム、シルクのような光沢のある素材を使ったアイテムなども。オンでもオフでも大活躍するトレンチコートは、上質なものを一着持っておくと本当に重宝するのでオススメです。カラーはライトベージュにベージュ、ネイビーなどベーシックなカラー展開。プライスは13万円台から19万円台です。

5. MACKINTOSH LONDONのダッフルコート

英国らしいトラディショナルな雰囲気が魅力のダッフルコート。カジュアルな印象になりがちなアイテムですが、上品なテイストで着こなせるのはマッキントッシュならではですね。
マッキントッシュのアーカイブから生まれたモデル、「LERWICK(ラーウィック)」はIラインですっきりと着こなせるまさに大人のためのダッフルコート。ウエスト回りが細く見える効果は嬉しいポイントです。カラーは、キャメル、ネイビー、ブルー、イエロー、カーキ、グレーなどがラインナップ。プライスは、12万円台から15万円台です。

6. MACKINTOSH LONDONのチェスターコート

チェスターコートははっ水効果のあるゴム引きコートがラインナップ。
身幅のあるストレートなラインで、キレイめながらもラフに着こなせるテイストが今の気分にピッタリ。袖をたくし上げてこなれた雰囲気で着ても◎。オンでもオフでも使えるきちんとした印象のある一着です。ベーシックなコートなので、一着あると長く着られる便利アイテムですね。カラーはベージュにブラックの2色展開。プライスは、16万円台です。

7. MACKINTOSH LONDONのピーコート

きちんと感のあるトラッドな印象で着られるピーコート。
定番人気のモデルはマッキントッシュのアーカイブから生まれたオリジナル型「KEIGHLEY(キースリー)」。仕立ての良さを感じさせるコンパクトなシルエットは、ボディラインをすっきりと見せてくれます。素材は、ベルベットのように滑らかな毛足の素材を使用した高級感ある仕上がり。シンプルでコーディネートがしやすいデザインなので、合わせるアイテムを問わないのも嬉しいところ。カラーは、キャメル、ネイビー、ブラウン、グレー、ブラックです。プライスは11万円台です。

8. MACKINTOSH LONDONのレインコート

雨の日もせっかくなら素敵なコートを着たいですよね。マッキントッシュならスタイリッシュなレインコートが揃います。
はっ水性、防水性に優れた素材を使用したエレガントな雰囲気の「RESFON(レスフォン)」や、フード付きでカジュアルな雰囲気で着られる「MALLENY(マレニー)」、リッチなタフタ素材を使用したドレスコートまでラインナップ。雨の日だけでなく、普段も使えるのが嬉しいですよね。カラーは、ベージュ、ピンク、ネイビー、カーキ、グレー、ブラックです。プライスは、5万円台から6万円台です。

さいごに

マッキントッシュのおすすめ人気アウターをたっぷり紹介してきました。
大人女子たるもの、やはり質がよいものを上品に着こなしたいですよね。

今回すべてを紹介しきれなかったので、まだまだ見てみたい!という人はこちらのリンクもどうぞ。


もう少しお手頃な価格帯がいい人はフィロソフィーのアイテムもおすすめです。


着こなしはインスタで#マッキントッシュを見るのが一番参考になります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/11/mackintosh_type1-1.jpghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/11/mackintosh_type1-1-150x150.jpgsockma_developブランドウィメンズおすすめアウターはコーディネートの中でもこれからの季節、主役になるアイテム。せっかく着るなら上質で長く着られるアウターが欲しいですよね。 そんなこだわり派の人にオススメしたいのが「マッキントッシュ」のアウター。英国ブランドならではの気品ある佇まいはキレイめなスタイルにぴったり。ベーシックなデザインなので流行に関係なく長く着られます。 今回はそんなマッキントッシュの2018年秋冬おすすめ人気モデルを完全解説していきたいと思います。是非ウィッシュリストに加えてみてくださいね。 マッキントッシュはどんなブランド? マッキントッシュ(MACKINTOSH)は、1832年イギリスのスコットランドにて誕生したブランド。 トレンチコートやキルティングコートなどのアウターが特に人気のブランドです。英国ブランドらしいトラッドなテイストを持ったアウター類は、そのルックスの美しさと実用性の高さから全英で人気を博します。価格は決して安くはないですが、それに見合うだけの良さがマッキントッシュのコートにはあります。質が高くモダンでシンプルなコレクションは世代を超えて多くの人々に愛されていますね。 ゴム引きコート(MACKINTOSH LONDON公式) マッキントッシュといえばアウター! アウターで有名なマッキントッシュですが、その原点ともいえるのがゴム引きコート。 当時、雨をしのぐためにはキャンバス地に油を塗ったようなものしかなく、人々は大変苦労していたそう。そんな時代に生まれたマッキントッシュのゴム引きコートは、2枚の生地の間に天然ゴムを塗って圧着することで高い防水性能を実現。革新的なアウターとして全英中に一気に普及していきました。 その質や実用性の高さから上流階級の人々が乗馬コートとして愛用し、後に陸軍、鉄道などでも採用されることとなります。 CHRYSTON ゴム引きフーデットコート(MACKINTOSH LONDON公式) キルティング素材も定番アイテム キルティングコートもマッキントッシュの定番アイテム。カジュアルになりがちなキルティング素材も、マッキントッシュの手にかかればシックで品のある雰囲気に仕上がります。 キレイめにもカジュアルにも着こなせるので、どんなスタイルにもマッチします。オン・オフどちらにも合わせられるから、かえってコスパが良いと考える人も多いですね。美しいルックスに加えて防寒性もバッチリなアイテムなので、人気が高いのも納得です。 GILFORD キルティングボアコート(MACKINTOSH LONDON公式) MACKINTOSH LONDON、MACKINTOSH PHILOSOPHYはどんなブランド? 一言で「マッキントッシュ」と言っても、実は日本で”MACKINTOSH”の名前がついているブランドは大きく3つあります。それが「マッキントッシュ」「マッキントッシュ ロンドン」「マッキントッシュ フィロソフィー」の3つ(マッキントッシュ関連のブランドとしてTraditional Weatherwearもありますが、今回その説明は割愛)。 まず、本家本元が英国の「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」。 そして、日本のみのブランドとして展開されているのが「マッキントッシュ ロンドン(MACKINTOSH LONDON)」と「マッキントッシュ フィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)」です。 位置付けとしては、「マッキントッシュ ロンドン」が英国マッキントッシュの世界観をベースに、コートからアクセサリーまでよりトータルに展開するブランド。 「マッキントッシュ フィロソフィー」がマッキントッシュのセカンドラインとして、より手の届きやすい価格帯のアイテムを展開するブランドと言えます。 カルゼヘリンボンダッフルコート(MACKINTOSH PHILOSOPHY WOMEN公式) MACKINTOSH LONDONのおすすめ人気アウターは? マッキントッシュのブランドを理解したところで、ここではマッキントッシュのアウターについて解説していきたいと思います。今回は、3ブランドの中で一番バランスがとれているとも言える「マッキントッシュ ロンドン」のアイテムを中心に紹介したいと思います! MACKINTOSH LONDONのキルティングアイテム MACKINTOSH LONDONのダウンアイテム MACKINTOSH LONDONのステンカラーコート MACKINTOSH LONDONのトレンチコート MACKINTOSH LONDONのダッフルコート MACKINTOSH LONDONのチェスターコート MACKINTOSH LONDONのピーコート MACKINTOSH LONDONのレインコート では、順番に見ていきましょう! 1. MACKINTOSH LONDONのキルティングアイテム MACKINTOSH LONDON ビッグバイアスキルティングコート(三陽商会オンラインストア公式) MACKINTOSH LONDON WOMEN キルティングコート(三陽商会オンラインストア公式) キルティングコートはショート丈からミディ丈、サイズもラージサイズまで豊富に揃っています。 マッキントッシュのキルティングコートは保温性が高く、それでいてボディラインはスッキリみせてくれるので人気のアイテムです。キルト裏面にボアを使用していたり、英国ブランドらしいチェックを使用しているアウターも。ネック周りのデザインもフード付きからノーカラーまであります。カラーは基本的にベーシック。ベージュやネイビー、カーキ、ブラックなどが揃います。中には鮮やかなブルーやパープルのアイテムもあり、シックになりがちな秋冬のコーデを明るくしてくれそう。全体的なプライスは5万円台から10万円台です。 MACKINTOSH LONDONのキルティングアイテムを探す(三陽商会オンラインストア公式) 2. MACKINTOSH LONDONのダウンアイテム MACKINTOSH LONDON ノンステッチショートダウン(三陽商会オンラインストア公式) MACKINTOSH LONDON シームレスジャカードストレッチロングダウン(三陽商会オンラインストア公式) ダウンアイテムはシックでラグジュアリーな雰囲気。ベストからショート丈、ミディ丈、ロング丈と揃っています。 定番のステッチ入りのダウン以外にも、ノンステッチでシンプルに仕上げたショートダウンや、ブランドオリジナルのアンドリュー柄をプリントしたものなど様々。イタリア産のホワイトダックを使用していたりと、ルックスのキレイさだけでなく暖かさも抜群。フードの取り外しが可能なダウンなら、違った表情も楽しめるのでオススメです。カラーは、ホワイト、ベージュ、ネイビー、パープル、カーキ、ブラックなど。プライスは5万円台から16万円台です。 MACKINTOSH LONDONのダウンアイテムを探す(三陽商会オンラインストア公式) 3. MACKINTOSH LONDONのステンカラーコート MACKINTOSH LONDON BANTON ゴム引きステンカラーコート(三陽商会オンラインストア公式) ステンカラーコートは、マッキントッシュのアイコン的存在のゴム引きコートのほか、撥水・防水性の高いボンディングコートなどが展開されています。 ゴム引きコートは職人の手により一着ずつ丁寧な工程を経てつくられているので限定着数しか入荷されないというプレミアムな一着です。比翼のステンカラータイプのコートはシンプルでスッキリと着こなせるアイテム。はっ水、防水、透湿の効果もあり、雨の日も安心です。また、カラーバリエーションの豊富さもステンカラーコートの魅力。ピンクやレッド、ブルーなど着るのが楽しくなるようなカラーラインナップです。プライスは、8万円台から16万円台です。 MACKINTOSH...靴下のことはなんでも。ソックマ!