数あるアウトドアブランドの中でも、最近露出が増えてきた感があるコロンビア。

そして、春夏シーズンもやっぱり注目したいのがアウター。定番ナイロンジャケットはもちろん、注目のアノラックジャケット、フーディなどバリエーション豊富に揃っています。デザインだけでなく機能性も抜群なのが嬉しいポイント。男女問わず人気が高いのも頷けますよね。


タウンユースで使えるアウトドアブランドといえば、ノースフェイスとコロンビアが圧倒的に人気。でも、そんな2大ブランドにコロンビアもじわじわと迫ってきているように思います。

そこで、普段アウトドアのアクティビティをしない人にもわかるように、コロンビアの人気の理由に迫りつつ、普段使いもできるおすすめ人気アウターをたっぷりご紹介していきたいと思います。
これからの季節のお買い物リストに是非加えてみてくださいね。

コロンビア アウター パブロフロードXLジャケット

Columbia コロンビアはどんなブランド?

Columbia(コロンビア)は、1938年にポール・ラムフロムがアメリカのオレゴン州で帽子問屋をスタートしたことから始まったブランド。
社名の由来は、オフィスの近くを流れるコロンビア川から。昨年には80周年を迎えた、老舗のアウトドアブランドです。

コロンビアといえば、マルチポケット仕様のフィッシングベストを最初に作ったことでも有名。
また、今でこそよく見かけるアウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱できるようにした「インターチェンジシステム」を開発したのもコロンビア。このシステムを採用した「バガブーパーカ」は全米で販売数100万枚を超え、1993年の米国内アウトドアウェアの年間最多販売記録を達成しました。

いくつもの画期的なアイテムを開発することで、誰もが知るアウトドアブランドの地位を確立したブランドと言えます。

古着のような絶妙なカラーリングが魅力

コロンビアの魅力と言えば古着のような絶妙なカラーリング。マスタードやレッド、ブルーにグリーンなど、ありきたりなカラーではなく、どこかくすみ感のあるスモーキーな色味だったり、シックさを感じさせるカラーリングになっているのがスタイリッシュ。コーディネートに合わせても、この色味のおかげでぐっとオシャレっぽく仕上がるのが嬉しいポイントです。

暖かさは折り紙つき

コロンビアのアウターは暖かさも抜群。
まず、身体の熱を利用してウェア内を暖かく保つテクノロジーである「オムニヒート」。これは中綿や裏地などに使用され、どんな環境でも快適に過ごせる暖かさを提供してくれます。
他にも、天然ダウンにオムニヒートの保温素材を融合させた二層構造の「ターボダウン」。湿気の強い化繊綿を内側にすることで、通常のダウンよりも保温力を向上させることに成功しています。
アウトドアシーンはもちろんのことタウンユースでも、寒さの厳しい季節に頼れる機能が搭載されています。

意外なところともコラボが・・!

コラボレーションの意外性もコロンビアの魅力。
あの「スター・ウォーズ」とのコラボでは、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」の撮影クルー着用ジャケットを復刻。当時の撮影クルーが着ていたジャケットを忠実に再現し、極寒にも耐えうるコロンビア独自のテクノロジーを搭載したモデルに仕上がっています。スター・ウォーズファンは見逃せないアイテムですね。
また、atmosとのコラボでは、世界地図を総柄にしたジャケットとショーツを展開。雨と汚れをはじくオムニシールドを搭載した、デザインも機能性も抜群のアイテムに仕上がっています。

2019年春夏の注目は、XLARGE×Columbiaのコラボ。SUNSET COLLECTIONと銘打って、日没前後のわずかな時間に現れる夕焼け空の写真などをデザインソースにしたコレクションを展開しています。WILYWNKAとDJ JAM(YENTOWN)によるMVも制作されていて、よりストリート色の強い世界観を打ち出しています。


今回のXLARGEとのコラボアイテムを見たい人はこちらから。

コロンビアの2019年春夏おすすめ人気アウターは?

ではコロンビアのおすすめ人気アウターを見ていきましょう。
今回は、特に人気のアイテムであるフリース、ナイロンジャケット、ダウンジャケット、フーディーに絞って紹介したいと思います。

  1. コロンビアのおすすめナイロンジャケット
  2. コロンビアのおすすめアノラックジャケット
  3. コロンビアのおすすめフーディー


では、順番に見ていきましょう!

1. コロンビアのおすすめナイロンジャケット

XLARGE×Columbia パブロフロードXLジャケット

コロンビアの90’sナイロンジャケットに美しい夕陽をモチーフにしたというカラーリングが素敵なパブロフロードXLジャケット。
XLARGE×Columbiaのコラボだけあって、スタイリングの主役になってくれそうな存在感あるジャケットです。撥水加工が施してあるので多少の雨や汚れは大丈夫。デイリー使用はもちろん、アウトドアシーンでも活躍する一着です。

ヘイゼンジャケット

シンプルでベーシックなデザインが様々なスタイルに馴染むヘイゼンジャケット。
撥水機能があるので、突然の雨でも短時間であれば大丈夫。小さくコンパクトに持ち運べるパッカブル仕様なので、バッグの中に忍ばせておくのもGOODです。いつものスタイルにプラスしやすいデザインなので一枚持っておくと便利。カラーは4色展開です。

ウィンドフォレストウィメンズジャケット

豊富なカラーバリエーションが魅力のウィンドフォレストウィメンズジャケット。
デイリーなコーデをスタイリッシュにアップデートしてくれます。コンパクトすぎない程よいサイズ感がどんなスタイルとも馴染みます。ショートパンツを合わせたり、スキニーなボトムも合いそうですね。カラーは5色展開です。

ヘイゼンパターンドジャケット

意外性のある柄が楽しいヘイゼンパターンジャケット。
バードカモ柄や、デニムアロハ柄(こちらはDr. Denim HONZAWAとのコラボカラー)などユニークな柄がラインナップしています。シンプルなナイロンジャケットに飽きてきたなんていう人には特にオススメしたいジャケットです。野外フェスなどで着たら存在感抜群で、コーデの主役になってくれますよ。

2. コロンビアのおすすめアノラックジャケット

フォールブラフウィメンズアノラックジャケット

コロンビアらしいビビットなカラーリングが魅力のフォールブラフウィメンズアノラックジャケット。
こちらはあえてデイリーユースに使うのがおすすめ。デニムに合わせてもかわいいし、ロング丈のスカートなどを合わせてもこなれた感じになると思います。アノラックの最初の1枚としてぜひおすすめしたいです。

COLUMBIA BLACK LABEL ウィスラーボウルジャケット

ミニマルなデザインがスタイリッシュなルックスのウィスラーボウルジャケット。こちらはコロンビアのアーバンラインであるCOLUMBIA BLACK LABELのもの。
軽量でサラッとした肌触りが心地いい一着です。胸元にある大き目なフロントポケットが良いアクセントに◎。ゆとりのあるシルエットなのでINに着込むこともできるのが嬉しいところです。

COLUMBIA BLACK LABEL ケイプルスポイントアノラック

シンプルで洗練されたデザインが特徴のケイプルスポイントアノラック。こちらもCOLUMBIA BLACK LABELのもの。
フロントのポケットがポイントのデザインになっています。ベーシックで着回しが効き、合わせるアイテムを問いません。軽量なのも嬉しいポイントですよね。

ダブルブルックアノラック

鮮やかなカラーリングが楽しいダブルブルックアノラック。
ファスナーポケットとフラップポケットが付いているので小物や貴重品を入れられるのがGOODです。90年代のスポーツシーンをイメージしたというデザインがなんとも絶妙なダサカッコいい。ストリートなスタイルにもよく合います。

3. コロンビアのおすすめフーディー

ウィルキンソンコーブジャケット

肩回りの切り替えデザインが特徴のウィルキンソンコーブジャケット。
防風性と撥水性を兼ね備えたアイテムなので、デイリーからアウトドアシーンでも活躍するスウェットフルジップフーディーです。ボトムはデニムや黒スキニーなどでシンプルにして、フーディーを引き立たせる着こなしとかがおすすめですね。

モリソンロックジャケット

シンプルでプレーンなデザインが着回しの利くモリソンロックジャケット。
裏地がバイカラーになっているので、前を開いて着こなして裏地をチラ見せするのもGOODなフーディジャケットです。トレンドに左右されないベーシックなデザインなので長く使えるのが嬉しいポイント。1着持っておけば長い付き合いになりそう。

さいごに

コロンビアの人気の理由を解説しつつ、アウターの魅力をたっぷりご紹介してきました。
ノースフェイス、パタゴニアとはまた違った魅力が見えてきたのではないでしょうか?

今回紹介したアイテム以外にもまだまだアイテムはたくさんあります。
もっともっと見たい!という人は、こちらのリンクもご参考まで。


公式ストアがいちばん商品数はあると思いますが、amazon、楽天もなかなか揃っています。
アイテムによっては値引きされていたり、公式で販売終了してしまったモデルがある場合もあるので、公式とあわせて覗いてみるのもアリだと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

https://sockma.jp/wp-content/uploads/2019/04/columbia_2019_top1.jpghttps://sockma.jp/wp-content/uploads/2019/04/columbia_2019_top1-150x150.jpgsockma_developブランドウィメンズおすすめメンズおすすめ数あるアウトドアブランドの中でも、最近露出が増えてきた感があるコロンビア。 そして、春夏シーズンもやっぱり注目したいのがアウター。定番ナイロンジャケットはもちろん、注目のアノラックジャケット、フーディなどバリエーション豊富に揃っています。デザインだけでなく機能性も抜群なのが嬉しいポイント。男女問わず人気が高いのも頷けますよね。 しかしコロンビアさんの撥水ジャケットさすがや— てぃく㌠@HOKUSAI unlimited (@ldy038) 2019年4月10日 コロンビア90sナイロンジャケット的なの着たイケてるじいちゃんいたんだけど🤔それどこに売ってんすか— ユピカ (@u__pica) 2019年3月25日 Columbiaのアウター愛用してるからついついコロンビアになってまう( ̄▽ ̄;)— ごちょうΔ安野家。 (@gochoo) 2019年2月21日 今年のコロンビア、鳥モチーフで最高なんだけども、春物のアウター買ったばかりだったから…とりあえず欲しかったからリュック買ってきた。あとはパーカー予約してきた笑 pic.twitter.com/rlngiDoYV1— りなおか🦉 (@Rina0ka) 2019年4月8日 タウンユースで使えるアウトドアブランドといえば、ノースフェイスとコロンビアが圧倒的に人気。でも、そんな2大ブランドにコロンビアもじわじわと迫ってきているように思います。 そこで、普段アウトドアのアクティビティをしない人にもわかるように、コロンビアの人気の理由に迫りつつ、普段使いもできるおすすめ人気アウターをたっぷりご紹介していきたいと思います。 これからの季節のお買い物リストに是非加えてみてくださいね。 XLARGE×Columbia パブロフロードXLジャケット(Columbia公式) Columbia コロンビアはどんなブランド? Columbia(コロンビア)は、1938年にポール・ラムフロムがアメリカのオレゴン州で帽子問屋をスタートしたことから始まったブランド。 社名の由来は、オフィスの近くを流れるコロンビア川から。昨年には80周年を迎えた、老舗のアウトドアブランドです。 コロンビアといえば、マルチポケット仕様のフィッシングベストを最初に作ったことでも有名。 また、今でこそよく見かけるアウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱できるようにした「インターチェンジシステム」を開発したのもコロンビア。このシステムを採用した「バガブーパーカ」は全米で販売数100万枚を超え、1993年の米国内アウトドアウェアの年間最多販売記録を達成しました。 いくつもの画期的なアイテムを開発することで、誰もが知るアウトドアブランドの地位を確立したブランドと言えます。 View this post on Instagram Columbia Sportswearさん(@columbia1938)がシェアした投稿 - 2018年10月月25日午後5時31分PDT 古着のような絶妙なカラーリングが魅力 コロンビアの魅力と言えば古着のような絶妙なカラーリング。マスタードやレッド、ブルーにグリーンなど、ありきたりなカラーではなく、どこかくすみ感のあるスモーキーな色味だったり、シックさを感じさせるカラーリングになっているのがスタイリッシュ。コーディネートに合わせても、この色味のおかげでぐっとオシャレっぽく仕上がるのが嬉しいポイントです。 フォールブラフウィメンズアノラックジャケット(Columbia公式) 暖かさは折り紙つき コロンビアのアウターは暖かさも抜群。 まず、身体の熱を利用してウェア内を暖かく保つテクノロジーである「オムニヒート」。これは中綿や裏地などに使用され、どんな環境でも快適に過ごせる暖かさを提供してくれます。 他にも、天然ダウンにオムニヒートの保温素材を融合させた二層構造の「ターボダウン」。湿気の強い化繊綿を内側にすることで、通常のダウンよりも保温力を向上させることに成功しています。 アウトドアシーンはもちろんのことタウンユースでも、寒さの厳しい季節に頼れる機能が搭載されています。 意外なところともコラボが・・! コラボレーションの意外性もコロンビアの魅力。 あの「スター・ウォーズ」とのコラボでは、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」の撮影クルー着用ジャケットを復刻。当時の撮影クルーが着ていたジャケットを忠実に再現し、極寒にも耐えうるコロンビア独自のテクノロジーを搭載したモデルに仕上がっています。スター・ウォーズファンは見逃せないアイテムですね。 また、atmosとのコラボでは、世界地図を総柄にしたジャケットとショーツを展開。雨と汚れをはじくオムニシールドを搭載した、デザインも機能性も抜群のアイテムに仕上がっています。 COLUMBIA x ATMOS LAB...靴下のことはなんでも。ソックマ!