キュロットってガーリーなアイテムのようで、コーデ次第でマニッシュにもキレイめにもできる応用範囲が広いアイテムなんですよね。
また、お出かけした時、階段などでスカートほど気を使わなくてよいのもうれしい。
2018年もキュロットはもちろん人気です。


ショート丈のキュロットは夏のマストアイテム!とも言えますが、ロング丈ならオールシーズン履けたりと使い勝手の良さはピカイチ。何本持っていてもOKなパンツです。

そこで今回は、そんなキュロットのお手本コーデを解説しつつ、キュロットならここ!というおすすめ人気ブランドも紹介していきます!

キュロットとは?

キュロットとは、股下もあるパンツなんだけど、裾に向かってスカートのようにふわっと広がっているタイプのものを指します。ぱっと見スカートに見えるのがショートパンツとの違い。

Lentamente キュロット

「キュロットパンツ」、「キュロットスカート」なんて言われることもあり、一体どう違うの・・?となると思いますが、これは結局キュロットを指していると思ってよいです。つまりスカートのように見えるパンツということ。

また、キュロットにはロング丈のものもあって、こちらはまたぐっと大人っぽい雰囲気になります。シーンに応じて使い分けしていきたいですよね。

EHAME キュロットスカート

ちなみにインスタのハッシュタグでいろいろ実物を見るとよりイメージできると思います。

キュロットのお手本コーディネート

では早速キュロットのお手本コーディネートを見ていきましょう!
ショート丈、ロング丈でコーデの雰囲気が全然違うので、今回はそれぞれわけて解説していきますね。

ショート丈のキュロットコーデ

ショート丈の場合はなるべくコンパクトめなトップスを選んで、キュロットにINして着こなすのがオススメ。
ウエスト回りにメリハリがつくだけでなく、脚長効果もぐっとアップ。ベルトが元からついているデザインのキュロットも多いので、ウエストマークしてポイントを置くとさらに◎。

ボーダー×ホワイトでキュートコーデ

sakiさん(@pira1002)がシェアした投稿

ボーダーTにホワイトのキュロットを合わせた着こなし。足元は明るめカラーのサンダルで抜け感を作っていて◎。かごバッグもコーデの雰囲気に合っていてとってもいいですね。爽やかでキュートなキュロットコーデです。

Tシャツで作るカジュアルスタイリング

カジュアルな雰囲気のTシャツに、ブラウン系のボリューム感のあるキュロットをスタイリング。ハイウエストでINして着こなしているので、コンパクトな雰囲気で脚長効果も高い着こなしですね。バランス感も◎です。

ブラック×レッドのロックなスタイル

tsubame408さん(@jouetie_tsubame)がシェアした投稿

レッドのチェックトップスにブラックのシルバージップがポイントのキュロットをコーデ。足元はマーチンで存在感を出して。ウェアがコンパクトなサイジングなので、着やせ効果が抜群。また、足元に適度なボリュームがあることで全体のバランスもよく見えます。

ホワイト×ブラックのガーリーコーディネート

ホワイトのノースリーブに、ブラックベースのホワイトステッチがポイントのキュロットを合わせて。トップスをキュロットにINしてウエストベルトでマークしているのでメリハリ感が出ていて◎。お手本的スタイリングです。

花柄ブラウスでキュートスタイリング

Yuuka Takeharaさん(@yucky_129)がシェアした投稿

ふんわりした甘めな花柄ブラウスにベージュのウエストベルト付きキュロットをスタイリング。ハイウエストな分、スタイルアップ効果がとても高いコーディネートですね。色合いも優しく可愛らしい感じにまとまっていてGOODです。

ロング丈のキュロットコーデ

ロング丈の場合もトップスはINするのがオススメ。あえて長めのトップスを選んで前身ごろだけINしても動きが出て◎。
シャツなどもすごくよく合うので是非合わせて見て欲しいですね。ロング丈特有のシックで大人っぽいラフな印象がよりアップします。

ブラック×カーキのカジュアルコーデ

Lee博多店さん(@lee_hakata)がシェアした投稿

ブラックのロンTにカーキのロング丈キュロット、足元はグリーンのスニーカーを合わせて。カジュアルな雰囲気で合わせた着こなしは、足元のスニーカーがポイントになっていて◎。ウエストINしているのもバランスが良いですね。

花柄でガーリースタイリング

クリームカラーのトップスにブルーベースの花柄のロング丈キュロットをスタイリング。ウエストはベルトでマークしてスタイルアップ効果を狙って。足元にリラックスした雰囲気のサンダルを持ってきているのも◎です。

大人のシンプルカジュアルコーディネート

chiharuさん(@chiharu1978)がシェアした投稿

セントジェームスのホワイトロンTにカーキのロング丈キュロットを合わせて。足元はブラックのオールスターでリュックのカラーとリンクさせてバランスをとっているのが◎。アイテムはカジュアルですが色味を落ち着かせているので大人な雰囲気です。

シックでクラシカルな大人スタイル

C.COUNTLY-officialさん(@c.countly)がシェアした投稿

ブラックのボトルネックトップスにベージュのキュロットをスタイリング。足元はスニーカーで外してこなれた雰囲気に見せているのが良いですね。シックでクラシックな印象のある大人のキュロットスタイリングです。

ストライプシャツで作るクリーンカジュアルコーデ

C.COUNTLY-officialさん(@c.countly)がシェアした投稿

ホワイトのパーカーのINにはブルーのストライプシャツを合わせて。ボトムスはキャメル系ブラウンのキュロットをコーデ。トップスとのバランス感がちょうどいいスタイリングです。足元はブラックスニーカーで締めているのも◎。

ボリューム感あるサーカスキュロットスタイリング

清潔感のあるホワイトシャツに、ボリューム感あるカーキのサーカスキュロットをスタイリング。足元はスニーカーを持ってきてカジュアルな雰囲気に。これだけ個性的なキュロットはこのコーデのようにアイテムをシンプルにして着こなすのがベスト。

ブルーONブルーのカジュアルスタイル

b.cachetteさん(@b.cachette)がシェアした投稿

ブルーのシャツにデニム素材のキュロットをコーデ。トップスの前身ごろだけINしてこなれた雰囲気に見せています。足元はウェアと馴染むカラーリングのスニーカーを持ってきてシンプルに仕上げているのがGOODです。

ブラック×キャメルの王道カラーコーデ

bluebeatさん(@bluebeatwebstore)がシェアした投稿

ブラックアウターのINにはボーダートップスを。ボトムはキャメルのボリューム感あるキュロットをスタイリング。足元はホワイトソックスにレザーシューズでクラシカルな雰囲気に。品の良い色合わせで大人っぽくまとまっているコーデです。

大人のキレイめシンプルスタイリング

bluebeatさん(@bluebeatwebstore)がシェアした投稿

クリーンな印象のホワイトシャツにデニムのキュロットを合わせて。シャツの前身ごろをラフにINしているのがポイント高いですね。コーデ全体に動きが出るのでオススメです。足元は定番のオールスターのブラックで締めているのがバランス◎。

ボーダー×ベージュのナチュラルコーディネート

b.cachetteさん(@b.cachette)がシェアした投稿

ボーダートップスにベージュのロング丈キュロットを合わせた着こなし。足元はスカートの色味と合うベージュ系のスエードスニーカーで。ボーダーとベージュは相性が良いので是非合わせて見て欲しい組み合わせですね。

キュロットのおすすめ人気ブランドは?

コーデのポイントがわかったところで、次はキュロットのおすすめ人気ブランドを紹介していきます。
どのブランドもかわいくて迷ってしまうかも!

SHOPLIST ショップリスト


シンプル系、かわいい系、個性派など、いろいろなジャンルのアイテムを一気に見られるのが魅力のサイト、「SHOPLIST(ショップリスト)」。
無地ものから柄物まで色々と展開されています。お値段もお手頃なので、キュロットを初めて購入するという人にもおすすめのサイトです。色々なバリエーションのキュロットをまずは見てみたい!そんな人は是非チェックしてみてください。

BEAMS BOY ビームスボーイ

BEAMS BOY ジャンパー キュロット

BEAMS BOY ジャンパー キュロット

BEAMS BOY ジャンパー キュロット

BEAMS BOY ジャンパー キュロット

メンズライクでラフなアイテムが揃う「BEAMS BOY(ビームスボーイ)」。
このブランドは「BOY」という名前の通り、メンズアイテムをサイズダウンしたレディースアイテムを取り扱ったりしています。キュロットは色物やデニムのキュロットなどが展開されており、カジュアル派の人にはぴったりのブランドです。あまりガーリーなアイテムではなく、ボーイッシュに着こなしたい、そんな人に特にオススメのブランドです。

KBF ケービーエフ

KBF ショートタック キュロット

KBF タック キュロット

KBF チェックキュロット

主張しすぎないシンプルなデザインと程よいトレンド感が魅力の「KBF(ケービーエフ)」。
少しモードなスタイルやキレイめで落ちついたスタイルが好きな人におすすめしたいブランド。キュロットも無地から柄物までいろいろと揃っています。シンプルさはありつつも甘くないキュロットが欲しい人はこのブランドから探してみるとよいかも。

Lee リー

Lee キュロット デニムパンツ

Lee キュロット デニムパンツ

Lee ミリタリーキュロットパンツ

Lee ミリタリーキュロットパンツ

Lee ミリタリーキュロットパンツ

Lee ミリタリーキュロットパンツ

デニムといえばあまりにも有名な「Lee(リー)」。
オシャレでトレンド感を意識したアイテムも多くて、デニム系のキュロットを探している人にはイチオシです。ナチュラルで使いやすい雰囲気のアイテムが数多く揃っていて、デザインも豊富。デニム素材だとかわいくなり過ぎないのもいいですよね。

さいごに

ショート丈・ロング丈のキュロットのお手本コーデ、おすすめ人気ブランドをたっぷり紹介してきました。
お気に入りのアイテムが見つかっていれば幸いです。

まだまだ紹介し切れなかったので、もっと見たい!という人は下記リンクもどうぞ。
リーズナブルでかわいいアイテムがまだまだ見つかると思います!

今年はキュロット履いて、いっぱいお出かけしましょう!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/06/10669_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/06/10669_top1-150x150.pngsockma_developブランドウィメンズおすすめキュロットってガーリーなアイテムのようで、コーデ次第でマニッシュにもキレイめにもできる応用範囲が広いアイテムなんですよね。 また、お出かけした時、階段などでスカートほど気を使わなくてよいのもうれしい。 2018年もキュロットはもちろん人気です。 短パンにしようかキュロットにしようか— りる(っ`•ω•´c)♡ (@Riru_ryun) 2018年6月29日 フレアキュロットも好きだけどプリーツキュロットも良き— アズキバー (@azkb_) 2018年6月29日 原宿で一目ぼれして買ったキュロット❤️春らしいカラーとポケットがお気に入り👍✨どこへ着て行こうかな😆🎶#小林咲葵 #ニコプチ #JENNIlove #春服 pic.twitter.com/FOKVwfQ1Q5— 小林咲葵 (@saki0819_k) 2018年3月7日 超久しぶりにミニスカートを買った!!と思ってたのに履いてみたらキュロットだった罠( ˊ࿁ˋ ) ᐝいってきます◎ pic.twitter.com/ULd7TYHglx— ゆーちゃん◎7/1新宿WILDSIDE (@yuuuchan03) 2018年6月23日 ショート丈のキュロットは夏のマストアイテム!とも言えますが、ロング丈ならオールシーズン履けたりと使い勝手の良さはピカイチ。何本持っていてもOKなパンツです。 そこで今回は、そんなキュロットのお手本コーデを解説しつつ、キュロットならここ!というおすすめ人気ブランドも紹介していきます! キュロットとは? キュロットとは、股下もあるパンツなんだけど、裾に向かってスカートのようにふわっと広がっているタイプのものを指します。ぱっと見スカートに見えるのがショートパンツとの違い。 Lentamente キュロット(amazon) 「キュロットパンツ」、「キュロットスカート」なんて言われることもあり、一体どう違うの・・?となると思いますが、これは結局キュロットを指していると思ってよいです。つまりスカートのように見えるパンツということ。 また、キュロットにはロング丈のものもあって、こちらはまたぐっと大人っぽい雰囲気になります。シーンに応じて使い分けしていきたいですよね。 EHAME キュロットスカート(amazon) ちなみにインスタのハッシュタグでいろいろ実物を見るとよりイメージできると思います。 #キュロットスカート(Instagram) #キュロットパンツ(Instagram) キュロットのお手本コーディネート では早速キュロットのお手本コーディネートを見ていきましょう! ショート丈、ロング丈でコーデの雰囲気が全然違うので、今回はそれぞれわけて解説していきますね。 ショート丈のキュロットコーデ ショート丈の場合はなるべくコンパクトめなトップスを選んで、キュロットにINして着こなすのがオススメ。 ウエスト回りにメリハリがつくだけでなく、脚長効果もぐっとアップ。ベルトが元からついているデザインのキュロットも多いので、ウエストマークしてポイントを置くとさらに◎。 ボーダー×ホワイトでキュートコーデ sakiさん(@pira1002)がシェアした投稿 - 2018年 5月月26日午前8時33分PDT ボーダーTにホワイトのキュロットを合わせた着こなし。足元は明るめカラーのサンダルで抜け感を作っていて◎。かごバッグもコーデの雰囲気に合っていてとってもいいですね。爽やかでキュートなキュロットコーデです。 Tシャツで作るカジュアルスタイリング まりおさん(@________mario____________)がシェアした投稿 - 2018年 5月月8日午前7時18分PDT カジュアルな雰囲気のTシャツに、ブラウン系のボリューム感のあるキュロットをスタイリング。ハイウエストでINして着こなしているので、コンパクトな雰囲気で脚長効果も高い着こなしですね。バランス感も◎です。 ブラック×レッドのロックなスタイル tsubame408さん(@jouetie_tsubame)がシェアした投稿 - 2018年 2月月19日午前4時24分PST レッドのチェックトップスにブラックのシルバージップがポイントのキュロットをコーデ。足元はマーチンで存在感を出して。ウェアがコンパクトなサイジングなので、着やせ効果が抜群。また、足元に適度なボリュームがあることで全体のバランスもよく見えます。 ホワイト×ブラックのガーリーコーディネート でん (takishita/nakamura hidemi)さん(@dennnnnnnnnnn)がシェアした投稿 - 2018年 6月月8日午前4時34分PDT ホワイトのノースリーブに、ブラックベースのホワイトステッチがポイントのキュロットを合わせて。トップスをキュロットにINしてウエストベルトでマークしているのでメリハリ感が出ていて◎。お手本的スタイリングです。 花柄ブラウスでキュートスタイリング Yuuka...靴下のことはなんでも。ソックマ!