もはや定番中の定番アイテムとなった黒スキニー。
何を履こうか迷った時も、何にでも合わせられるので便利で優秀。
黒スキニーの虜になってしまうのもよ~くわかります!


さて、そんな黒スキニーですが、定番アイテムだけに無難なコーディネートに陥りがちだったりします。
オシャレに履きこなすにはどういったポイントを押さえればいいのか知りたいところ。
冬は着ぶくれしがちなので、黒スキニーが1本あるとほんと重宝するんですよね。

そこで今回は、黒スキニーの着こなし術を解説するとともに、お手本コーディネートをご紹介していきたいと思います!

黒スキニーは冬のオシャレの強い味方!

黒スキニーの魅力は何といってもオールシーズン履けるということ!
ストレッチ性の高い生地は、どんなシーンでも快適に履けるので頼もしい味方です。

冬の黒スキニーの着こなしはトップスのボリューム感がポイント。ざっくりしたニットやボリュームのあるアウターを持ってきて、黒スキニーを履けばバランスの良いシルエットが出来上がります。トップスにボリュームがあると、上半身との対比で脚のラインがすっきりと見え、着やせ効果も期待できます。

icon
icon

色合わせは基本的に何でも合いますが、オシャレに見えるオススメの合わせはオールブラックコーデ、モノトーンコーデです。オールブラックはカッコよくスタイリッシュな印象にまとまりますし、初心者さんでも簡単にコーデできます。モノトーンも挑戦しやすいのに上級者っぽく見えるので◎。

icon
icon

icon
icon

また、モノトーン以外で合わせるなら、ベージュやブラウンなどの色と組み合わせるとまとまりやすいです。
もちろんカラーアイテムを差し込んで黒スキニーにメリハリをつけるもかわいいですね。色合わせの仕方がポイントなのでセンスを問われる合わせ方ですが、うまくいけばとてもオシャレにまとまります。

冬の黒スキニーのお手本レディースコーデ!

では黒スキニーをオシャレに履きこなしていたお手本インスタをご紹介していきます。
今回はオールブラックコーデ、モノトーンコーデ、色と組み合わせたコーデで分類してみました。
それぞれ順番に見ていきましょう!

オールブラックコーデ

カーキが差し色のブラックコーデ

ブラックのオーバーサイズパーカーに、ボトム、スニーカーとブラックで揃えた着こなし。パーカーの裾からちらっと見せたホワイトのインナーや、カーキのサコッシュが良い差し色になっています。ちょっとした色の使い方がとても上手なコーディネートです。

ブラックでつくるアウターONアウタースタイル

ボーダーのトップスにデニムジャケットとブラックのダウンをON。アウターONアウターなコーデですが、ホワイトやブルーなどの明るい色味を見せているので軽く見えます。ボトム、シューズもブラックで。ホワイトソックスをチョイスしたことで抜け感が出ていて◎です。

素材感が◎オールブラックコーディネート

ボリューミーなボアコートの存在感が抜群のコーディネート。黒スキニーを合わせて、足元はホワイトソックス×VANSオールドスクールで仕上げて程よい軽さを。
カジュアル感とラグジュアリーな雰囲気がMIXされたお手本コーディネートです。

大人のキレイめブラックコーディネート

ブラックのアウターにニット、ブラックデニムにソックスもオールスターもブラックとすべてブラックで統一したスタイル。
差し色に持ってきたレッドのバッグが良い感じに主張しています。
アイテムはカジュアルながらもキレイめな雰囲気でまとまったコーディネートです。

大人のリラックスカジュアルコーディネート

コクーンシルエットが可愛いボリュームアウターに黒スキニーをコーディネート。首元とバッグでベージュを投入して、足元はホワイトのオールスターで抜け感を。
シルエットにリラックス感を感じる大人のブラックコーディネートです。

タイトシルエットが新鮮!ブラックコーディネート

タイトなシャギーニットに黒スキニーをコーディネート。足元はレースアップシューズで少しボリューム感をプラス。スタイルに自信のある人はこんなタイトな着こなしもスタイリッシュでオススメ。

モノトーンコーデ

モノトーンが可愛い大人カジュアルコーディネート

ブラックのニットキャップにホワイトT、グレーのボアアウターをON。ボトムはシンプルにブラックスキニーをセレクト。足元はボアアウターのカラーと合わせてグレーのオールスターを選んでいるのがバランス良くてGOODですね。

グレーのボアアウターがポイントのカジュアルスタイル

オーバーサイズが可愛いグレーのボアアウターにブラックのタートルネックニットをIN。ボトムはスキニーデニムをあわせて、足元はブラックのオールスターで。ボアアウターのボリューム感がボディラインを華奢にみせてくれます。

首元のボリューム感が◎なカジュアルコーデ

もこもこのベージュマフラーにブラックのボアアウターをコーデ。INにはホワイトニット、ボトムは黒スキニーをセレクト。足元はマフラーのカラーに合わせてベージュのオールスターを。小物同士のカラーを合わせるとバランスの良いコーデに仕上がります。

大人可愛いモノトーンコーディネート

ブラックのダウンにグレンチェックのトップス、黒スキニーをコーディネート。
足元はショートブーツでマニッシュな印象に。カジュアルさの中にも大人の可愛らしさが光るスタイリングです。

シンプルなモノトーンコーディネート

グレーのボリューム感のあるニットに黒スキニーをコーディネート。
足元はネイビーのオールスターでシックにまとめて。シンプルながらも、カラーチョイスにセンスを感じるキレイめなモノトーンコーディネートです。

ホワイト×ブラックのバイカラーコーディネート

ホワイトのボリュームニットに黒スキニーをコーディネート。足元はポンプフューリーでハイテク感をプラス。スニーカーの存在感がしっかりとあるので、無難ではないコーディネートに仕上がっています。

色と組み合わせたコーデ

ミントグリーンが爽やかな大人カジュアルスタイリング

ブラックのニットキャップにミントグリーンのスウェット、ボトムはブラックスキニーを合わせた着こなし。足元はブラックのオールスターでプレーンに仕上げているのが◎ですね。ミントグリーンの発色がとてもキレイで印象的なスタイリングです。

キャメル×ブラック×ホワイトの3色コーデ

キャメルのダウンのINにはブラックのパーカーを。裾からホワイトインナーをチラ見せして、ボトムはブラックスキニーをスタイリング。足元はインナーとリンクするホワイトのスタンスミスをコーディネートすれば、着こなし全体に軽さが生まれます。

イエローがポイントの大人カジュアルスタイル

ビビットなイエローのアウターが主役のコーディネート。首元にはアイボリーのマフラーをぐるぐる巻きにしてポイントに。ボトムは黒スキニー、足元はバッグと色味がリンクするホワイトスニーカーで抜け感をプラスしているのが良いですね。

ベージュ×ブラック×ホワイトのカジュアルコーディネート

ベージュのキャップにベージュ系の柄ニットをスタイリング。アウターはボリューム感のあるブラックダウンをON。ボトムはシンプルにスキニーデニムを。足元はホワイトスニーカーでクリーンな印象に仕上げているのがGOODです。

ベージュのコートで差し色を◎キレイめコーディネート

ベージュの柔らかな色味のコートにグレーのニット、ボトムは黒スキニーで。
足元はブラックのオールスターですっきりとした印象に。
色味が加わることでフェミニンな印象もプラスされたコーディネートです。

ベージュ×ブラックの2トーンコーディネート

ベージュのビスチェのINにはブラックのタートルニットを。黒スキニーを合わせて、手元にはビスチェとリンクするベージュのバッグを持って。
足元はシルバーのパンプスでキラキラ華やかな印象に。
黒スキニーをカジュアルに見せない大人のコーディネートです。

ベージュ×ブラックのカジュアルコーディネート

ベージュのムートンハットに大き目なサイジングのナンバリングカットソー、黒スキニーをコーディネート。
足元はすっきりとブラックのスニーカーで仕上げて。上半身に明るいベージュカラーを持ってきたことで下半身がスッキリ見えているコーディネートです。

さいごに

黒スキニーの履きこなしの解説とお手本コーディネートをご紹介してきました。
オールブラック、モノトーン、差し色で着こなし術をお伝えしましたが、黒スキニーの万能さがより伝わったのではないかと思います!

興味のある方は下記のリンクもどうぞ。
黒スキニーはいろいろなブランドが出しているので、買う時の参考になると思います。

またスキニーデニムの人気ブランドを知りたい人はこちらの記事が参考になると思います。

黒スキニーで冬も素敵なオシャレを楽しみましょう~。

https://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/01/6375_top1.pnghttps://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/01/6375_top1-150x150.pngsockma_developコーディネートウィメンズおすすめボトムスもはや定番中の定番アイテムとなった黒スキニー。 何を履こうか迷った時も、何にでも合わせられるので便利で優秀。 黒スキニーの虜になってしまうのもよ~くわかります! 黒スキニーももう一本欲しい— だし巻き (@_dsmk) 2019年1月14日 黒スキニーは好きすぎる— てぃま (@Tma_jw) 2019年1月29日 黒スキニー欲しい。明日古着屋に見に行こうかな。— ʕ•̫͡•ʔかんʕ•̫͡•ʔ (@Gp_KAN) 2019年1月15日 ねえやっぱり黒スキニーって世界を救う。ほんとにかっこいい。すき。足細長い人が履いたらなおよき。好き。だいすき。膝こんにちはしてないやつがいい。そんな私も今日は黒スキニー。— ♡めいちゃん♡ (@mei_rik523) 2019年1月4日 さて、そんな黒スキニーですが、定番アイテムだけに無難なコーディネートに陥りがちだったりします。 オシャレに履きこなすにはどういったポイントを押さえればいいのか知りたいところ。 冬は着ぶくれしがちなので、黒スキニーが1本あるとほんと重宝するんですよね。 そこで今回は、黒スキニーの着こなし術を解説するとともに、お手本コーディネートをご紹介していきたいと思います! 黒スキニーは冬のオシャレの強い味方! 黒スキニーの魅力は何といってもオールシーズン履けるということ! ストレッチ性の高い生地は、どんなシーンでも快適に履けるので頼もしい味方です。 冬の黒スキニーの着こなしはトップスのボリューム感がポイント。ざっくりしたニットやボリュームのあるアウターを持ってきて、黒スキニーを履けばバランスの良いシルエットが出来上がります。トップスにボリュームがあると、上半身との対比で脚のラインがすっきりと見え、着やせ効果も期待できます。 コーティングスキニージーンズ(Comptoir des Cotonniers公式) 色合わせは基本的に何でも合いますが、オシャレに見えるオススメの合わせはオールブラックコーデ、モノトーンコーデです。オールブラックはカッコよくスタイリッシュな印象にまとまりますし、初心者さんでも簡単にコーデできます。モノトーンも挑戦しやすいのに上級者っぽく見えるので◎。 カーディガンとあわせたブラックコーデ(Comptoir des Cotonniers公式) ロングコーデとあわせたモノトーンコーデ(Comptoir des Cotonniers公式) また、モノトーン以外で合わせるなら、ベージュやブラウンなどの色と組み合わせるとまとまりやすいです。 もちろんカラーアイテムを差し込んで黒スキニーにメリハリをつけるもかわいいですね。色合わせの仕方がポイントなのでセンスを問われる合わせ方ですが、うまくいけばとてもオシャレにまとまります。 冬の黒スキニーのお手本レディースコーデ! では黒スキニーをオシャレに履きこなしていたお手本インスタをご紹介していきます。 今回はオールブラックコーデ、モノトーンコーデ、色と組み合わせたコーデで分類してみました。 それぞれ順番に見ていきましょう! オールブラックコーデ カーキが差し色のブラックコーデ View this post on Instagram riko__tさん(@ricopu_up)がシェアした投稿 - 2019年 1月月26日午前5時14分PST ブラックのオーバーサイズパーカーに、ボトム、スニーカーとブラックで揃えた着こなし。パーカーの裾からちらっと見せたホワイトのインナーや、カーキのサコッシュが良い差し色になっています。ちょっとした色の使い方がとても上手なコーディネートです。 ブラックでつくるアウターONアウタースタイル ...靴下のことはなんでも。ソックマ!