普段仕事でスーツを着ている人は、週5でスーツを着ることになりますよね。
そうするとスーツを最低3着、シャツを5〜10枚、靴を3足は揃えておく必要があります。
スーツ用の靴下も、5〜10足はないとローテを円滑にまわすことができません。

しかもスーツは毎日着るから結構消耗します。
半年か1年くらいで新しいものを買ったりすることになります。
営業職で外回りが多い人などは、買い替えのサイクルがさらに早くなったりするのではないでしょうか。

だから、なるべくコスパが良いものを選びたい。
そう思うのはごく自然なことだと思います。

ただ、スーツ、シャツ、靴についてはなんだかんだで気をつかって選ぶのに、ソックスまではなかなか手が回らなかったりします。
スーツはビシッと決まっているのに、靴下がなんか残念な時ってないですか。
靴は汚れているとみっともないから、忙しくても最低限の手入れはする。でも、靴下はかかとが多少スレていてもついつい履き続けてしまう・・。
で、靴下がちょっと傷んでる時に限って、「え、今日の飲み会お座敷!?」みたいなことになって焦ったり。

そんな靴下、見られていないようで案外見られてるんです。


おお、けっこう指摘が鋭い・・。

とはいうものの、良い靴下はやっぱり値段もそこそこします。
毎日履く靴下はやはり消耗品でもあるので、なるべく価格は抑えたい。
とはいっても、amazonで10足2,000円かそこらみたいなソックスは品質が気になる・・。

そう、つまり品質と価格のバランドのとれたソックスが「コスパがよいビジネスソックス」といえそうです。
そこで、本記事ではそんなコスパのよい靴下の選び方を解説し、厳選したメンズビジネスソックスを紹介したいと思います。

ビジネスではメンズソックスをどう選ぶべきか?

コスパがよいビジネスソックスは、やはり品質と価格のバランスが大事です。
そこで、選ぶ時のポイントを単刀直入にお伝えしたいと思います。
それはとにかく、

【カジュアルなデザインのものは避ける】

の一言に尽きます。

ちょっと分かりづらいかもしれないので、具体例で見ていきましょう。
まず、一番避けた方がよいのがユニクロのこの50色ソックス。

ユニクロソックス1

この50色ソックスはカジュアルなスタイルにはよいのですが、スーツスタイルには避けた方がよいのです。
なぜかというと、こういう細いリブ編みのソックスはどうしても子供っぽく見えてしまうからです。
でも、これ案外スーツにも履いている人がいるのですよね・・。
(週末の普段着で履くソックスとスーツ用のソックスの区別をあまりしない人に多い気がします。)

また、ユニクロに関していうと、こっちのスーピマコットンのカノコソックスも避けた方がよいです。

ユニクロソックス2

このユニクロのカノコソックスは、商品の説明文を読むと「タウンでもビジネスでも使いやすい」という位置付けです。
ユニクロはものすごく大きなマス向けにデザインをするので、「タウンでもビジネスでも」みたいなどっちつかずになりがちです。
結果、ビジネスで履くにはカジュアル過ぎて中途半端なソックスになっています。
(そもそもカノコは「鹿の子」編みのことで、ポロシャツやスポーツウェアでよく使われる編み方です。)

いくら安くても、ビジネスソックスでこうしたユニクロのものを選ぶのはやめておいた方がよいです。

どのメーカーのビジネスソックスがよいのか?

では、どのメーカーがデザインがカジュアル過ぎず、品質と価格のバランスが優れているのか。
ここでは、下記のメーカーを紹介したいと思います。

  1. もはや靴下のインフラ。Tabio MEN タビオメン
  2. 痒いところに手が届く感じ。THE SUIT COMPANY スーツカンパニー
  3. ちょっとカジュアルだけどギリセーフ。無印良品
  4. LEON、OCEANSの創刊編集者も認めるソックス。CALZEDONIA カルチェドニア


では順番にみていきましょう!

もはや靴下のインフラ。Tabio Men タビオメン

まずはじめに紹介したいのが、もはや”靴下のインフラ”といっても過言ではない靴下屋タビオのビジネスソックス。
メイドインジャパンでこの価格を実現しているのはすごいです。

Tabio MEN タビオメン スーピマ綿ベタソックス

tabioソックス1
tabioソックス2

  • 価格:900円(+税)
  • カラー:クロ・Dグレー・Dチャコール・ネイビー・ブラックネイビーなど12色展開
  • 素材:綿69% ナイロン29% ポリウレタン2%

痒いところに手が届く感じ。THE SUIT COMPANY スーツカンパニー

次に紹介したいのが、おしゃれスーツ量販店のTHE SUIT COMPANY。
スーツ専業のメーカーが作るソックスは、どんなスーツにも合うように最適化されたものを作っています。

THE SUIT COMPANY スーツカンパニー ドット柄ソックス

スーツカンパニーソックス1

  • 価格:800円(+税)
  • カラー:ネイビー×グリーン・ネイビー×ブルー・ネイビー×ワインの3色展開
  • 素材:コットン ナイロン リネン

ちょっとカジュアルだけどギリセーフ。無印良品

次はみなさんご存知の無印良品。
無印良品もビジネスソックスを作っています。ただちょっとカジュアル寄りなデザインなので、他と比べてフォーマル感はやや薄れます。

無印良品 足なり直角 ワイドリブビジネス靴下

無印良品ソックス1

  • 価格:390円(税込)
  • カラー:ネイビー・黒の2色展開
  • 素材:綿68% ポリエステル31% ポリウレタン1%

LEON、OCEANSの創刊編集者も認めるソックス。CALZEDONIA カルチェドニア

次に紹介するのがCALZEDONIA(カルチェドニア)。
こちらイタリアで非常に名の知れたレッグウェアブランド。LEON、OCEANSなどの立ち上げに関わり、現FORZA STYLEの編集長でもある干場さんはここのソックスをまとめ買いすることで有名。

CALZEDONIA カルチェドニア ストレッチコットン ロングソックス

カルチェドニアソックス1

  • 価格:800円(+税)
  • カラー:ブラック・グレー・ブルー・ブラウンなど11色展開
  • 素材:ストレッチコットン

さいごに

いかがでしたでしょうか。

品質と価格はトレードオフの関係にあるので、一言で「コスパがよい」と言ってもとても幅があったりします。
あまりに安いものはすぐヨレヨレになってしまうので、今回のメーカーぐらいのものを選んでおくと間違いは少ないのではないかと思います。

ぜひいろいろ試してみて、自身のお気に入りのソックスを日々のローテに組み込んでみてください!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/05/cospabiz_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/05/cospabiz_top1-150x150.pngsockma_developメンズソックスブランド普段仕事でスーツを着ている人は、週5でスーツを着ることになりますよね。 そうするとスーツを最低3着、シャツを5〜10枚、靴を3足は揃えておく必要があります。 スーツ用の靴下も、5〜10足はないとローテを円滑にまわすことができません。 しかもスーツは毎日着るから結構消耗します。 半年か1年くらいで新しいものを買ったりすることになります。 営業職で外回りが多い人などは、買い替えのサイクルがさらに早くなったりするのではないでしょうか。 だから、なるべくコスパが良いものを選びたい。 そう思うのはごく自然なことだと思います。 ただ、スーツ、シャツ、靴についてはなんだかんだで気をつかって選ぶのに、ソックスまではなかなか手が回らなかったりします。 スーツはビシッと決まっているのに、靴下がなんか残念な時ってないですか。 靴は汚れているとみっともないから、忙しくても最低限の手入れはする。でも、靴下はかかとが多少スレていてもついつい履き続けてしまう・・。 で、靴下がちょっと傷んでる時に限って、「え、今日の飲み会お座敷!?」みたいなことになって焦ったり。 そんな靴下、見られていないようで案外見られてるんです。 エスカレーターで前を行く高身長イケメンサラリーマン、チラ見えする靴下が残念すぎる。なぜグレーのスーツにちょい透け目の茶色を合わせた。— かなえ (@toyokana) 2016年6月30日 @nanninooo0626 多分ハーフのイケメン、短めのスーツの裾から穴のあいた靴下がww残念— Yoko.M (@yangyang373) 2016年5月18日 細身 塩顏 色白 スーツの男の人いてすごくいい眺めだった。眼福。しいていうなら靴下が残念だった— あૢずૢみૢんૢ (@azmn0415) 2015年2月7日 今朝、すげー格好いいスーツで洒落たバックを持った白人と一緒に最寄り駅まで一緒だったけど、靴下が浅羽先生みたいで残念な感じ。靴下も大事だわ。— 月女 (@tanasatorutan) 2015年1月22日 おお、けっこう指摘が鋭い・・。 とはいうものの、良い靴下はやっぱり値段もそこそこします。 毎日履く靴下はやはり消耗品でもあるので、なるべく価格は抑えたい。 とはいっても、amazonで10足2,000円かそこらみたいなソックスは品質が気になる・・。 こういうやつ。 そう、つまり品質と価格のバランドのとれたソックスが「コスパがよいビジネスソックス」といえそうです。 そこで、本記事ではそんなコスパのよい靴下の選び方を解説し、厳選したメンズビジネスソックスを紹介したいと思います。 ビジネスではメンズソックスをどう選ぶべきか? コスパがよいビジネスソックスは、やはり品質と価格のバランスが大事です。 そこで、選ぶ時のポイントを単刀直入にお伝えしたいと思います。 それはとにかく、 【カジュアルなデザインのものは避ける】 の一言に尽きます。 ちょっと分かりづらいかもしれないので、具体例で見ていきましょう。 まず、一番避けた方がよいのがユニクロのこの50色ソックス。 ユニクロ 50色ソックス この50色ソックスはカジュアルなスタイルにはよいのですが、スーツスタイルには避けた方がよいのです。 なぜかというと、こういう細いリブ編みのソックスはどうしても子供っぽく見えてしまうからです。 でも、これ案外スーツにも履いている人がいるのですよね・・。 (週末の普段着で履くソックスとスーツ用のソックスの区別をあまりしない人に多い気がします。) また、ユニクロに関していうと、こっちのスーピマコットンのカノコソックスも避けた方がよいです。 ユニクロ スーピマコットンカノコソックス このユニクロのカノコソックスは、商品の説明文を読むと「タウンでもビジネスでも使いやすい」という位置付けです。 ユニクロはものすごく大きなマス向けにデザインをするので、「タウンでもビジネスでも」みたいなどっちつかずになりがちです。 結果、ビジネスで履くにはカジュアル過ぎて中途半端なソックスになっています。 (そもそもカノコは「鹿の子」編みのことで、ポロシャツやスポーツウェアでよく使われる編み方です。) いくら安くても、ビジネスソックスでこうしたユニクロのものを選ぶのはやめておいた方がよいです。 どのメーカーのビジネスソックスがよいのか? では、どのメーカーがデザインがカジュアル過ぎず、品質と価格のバランスが優れているのか。 ここでは、下記のメーカーを紹介したいと思います。 もはや靴下のインフラ。Tabio MEN タビオメン 痒いところに手が届く感じ。THE SUIT COMPANY スーツカンパニー ちょっとカジュアルだけどギリセーフ。無印良品 LEON、OCEANSの創刊編集者も認めるソックス。CALZEDONIA カルチェドニア では順番にみていきましょう! もはや靴下のインフラ。Tabio Men タビオメン まずはじめに紹介したいのが、もはや”靴下のインフラ”といっても過言ではない靴下屋タビオのビジネスソックス。 メイドインジャパンでこの価格を実現しているのはすごいです。 Tabio MEN タビオメン スーピマ綿ベタソックス Tabio公式 価格:900円(+税) カラー:クロ・Dグレー・Dチャコール・ネイビー・ブラックネイビーなど12色展開 素材:綿69% ナイロン29% ポリウレタン2% 詳細をみる(Tabio公式) 痒いところに手が届く感じ。THE SUIT COMPANY スーツカンパニー 次に紹介したいのが、おしゃれスーツ量販店のTHE SUIT COMPANY。 スーツ専業のメーカーが作るソックスは、どんなスーツにも合うように最適化されたものを作っています。 THE SUIT COMPANY スーツカンパニー ドット柄ソックス THE SUIT COMPANY公式 価格:800円(+税) カラー:ネイビー×グリーン・ネイビー×ブルー・ネイビー×ワインの3色展開 素材:コットン ナイロン リネン 詳細をみる(THE SUIT COMPANY公式) ちょっとカジュアルだけどギリセーフ。無印良品 次はみなさんご存知の無印良品。 無印良品もビジネスソックスを作っています。ただちょっとカジュアル寄りなデザインなので、他と比べてフォーマル感はやや薄れます。 無印良品 足なり直角 ワイドリブビジネス靴下 無印良品公式 価格:390円(税込) カラー:ネイビー・黒の2色展開 素材:綿68%...靴下のことはなんでも。ソックマ!