もはや定番人気となったUGG(アグ)のモカシンやムートンブーツ。
その抜群の保温性など、機能性もさることながら、デザイン性の高さも魅力の一つ。
スエードの生み出す柔らかな雰囲気はUGGならではですよね。

UGGといえば女性に人気なシューズブランドというイメージがありますが、実はおしゃれ男子の間でも欲しいという声はすごく多いです。


ただ、UGGのシューズっていろいろなデザインのものがあり、どれを買うべきかちょっと迷いますよね。
今回はUGGの人気モデルを解説しつつ、おすすめメンズコーデをあわせてご紹介したいと思います!

UGGのメンズはどのモデルが人気?

メンズで人気が高いのはやはりモカシンタイプとムートンブーツタイプの2つ。
定番のモカシンは、スエードリボンがアクセントのオルセンとシンプルなアスコットの2つが特に人気です。
ムートンブーツはちょっと人を選びますが(ある程度身長のある人の方が似合います)、こちらも根強い人気がありますね。

モカシンタイプ

OLSEN オルセン

スエードリボンがカジュアルで優しい雰囲気のオルセン。
特にスウェットパンツやデニムスタイルなどラフなカジュアルスタイルと相性抜群の一足です。

ASCOT アスコット

シンプルで装飾のないミニマムなデザインのアスコット。
合わせる洋服を選ばず、カジュアルはもちろんのことキレイめスタイルなどにもオールマイティーにマッチします。

ムートンブーツタイプ

CLASSIC MINI クラシックミニ

暖かさと気軽に履けるボリューム感が魅力のクラシックミニ。
ボリューム感のあるトップスに、スキニーパンツなど細身のボトムスをインして履くのがベストバランスです。

CLASSIC SHORT クラシックショート

レングスが長めでしっかりブーツのクラシックショート。
ダメージデニムやスキニーパンツをインして履くスタイルと相性抜群です。
普段からそういったボトムスが多い方には特にオススメ。

UGGのお手本メンズコーデ!

さてさて、皆さんどんなふうにUGGを履きこなしているのでしょうか?
早速見ていきましょう!

モカシンのコーデ

細身のスウェットパンツが◎ストリートコーデ

グレーの細身のスウェットパンツに、ホワイトのロンTプラスカジュアルなダウンをON。
足元はチェスナットのアスコットで暖かみを加えて。
ストリート感を感じるカジュアルコーデの完成です。

王道ブラックスキニーでつくるカジュアルスタイル

keitaさん(@keit.n)がシェアした投稿

ブラックスキニーはアスコットと相性抜群。
ネイビーのスポーティーなアウターのINにはグレーのカットソーを。
色使いはベーシックながらもバランスの良いコーデの完成です。

スエードアウターとベストマッチ◎大人カジュアルコーデ

スエード素材のブラウンのアウターに、同じくスエード素材のアスコットがベストマッチ。
シューズの素材と同素材のアイテムを取り入れて着こなすのもテクニックのひとつです。
全体に統一感が生まれ、こなれた雰囲気に。

リラックスムードの足元コーデ

UGG®さん(@ugg)がシェアした投稿

杢グレーのスウェットパンツにアスコットのチャコールを合わせて。
同系色でトーンを変えて合わせるのもスタイリッシュに見せるコツ。
リラックスしたキレイめコーデの完成です。

ムートンブーツのコーデ

ネイビーパーカー×ブラックスキニーの王道コーデ

ゆるめシルエットのパーカーにブラックスキニーを合わせてブーツINした王道バランスコーデ。
ベーシックな色合わせながらも、足元にムートンブーツを持ってきたことで存在感と個性が光るコーデに。
程よいボリューム感が、全体のバランスを調和させてくれます。

ブラックアウターで統一感を持たせて◎大人カジュアルコーデ

足元のブラックムートンブーツと合わせて、ブラックのダウンをON。
華やかな首元のスカーフがより引き立つスタイリングに。
締め色としても有効に使えるブラックムートンブーツは優秀アイテムです。

サーモンピンクが映える!カラーコーデ

トップスのサーモンピンクに淡いブルージーンズ、チェスナットのムートンブーツのカラーバランスが綺麗な
カラーコーデ。チェスナットなど明るめカラーのブーツならこんなカラー遊びもできてオススメ。

ムートンアウターとあわせて◎GOODバランスコーデ

チェスナットのムートンブーツと相性の良い、ベージュのムートンアウターをチョイス。
素材の雰囲気を合わせてあげるだけでぐっと統一感が高まります。
ブルージーンズを合わせれば、キレイなトーンのコーデが完成。

さいごに

メンズの人気モデルの解説から、おすすめコーデまでご紹介してきました。
コーデ例を見てもわかるように、モカシンのオルセンやアスコットは、コーディネートの幅も広く、カジュアルなスタイルからキレイめスタイルまで万能に対応できるアイテムです。

存在感のあるクラシックミニやショートも、ダメージデニムのスタイルやスキニーパンツと相性が抜群。
普段からそういったスタイルが多い方にとてもオススメです。

興味を持たれた方は下記リンクからUGGのメンズモデルが見られますのでご参考までに。
素足で履いても最高に心地よいUGGの商品は、一度履いたら手放せなくなるかもしれません!

是非、ご自分のスタイルにマッチするUGGを見つけてみてくださいね!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/11/3874_top2.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/11/3874_top2-150x150.pngsockma_developブランドコーディネートもはや定番人気となったUGG(アグ)のモカシンやムートンブーツ。 その抜群の保温性など、機能性もさることながら、デザイン性の高さも魅力の一つ。 スエードの生み出す柔らかな雰囲気はUGGならではですよね。 UGGといえば女性に人気なシューズブランドというイメージがありますが、実はおしゃれ男子の間でも欲しいという声はすごく多いです。 UGGが欲しいです買います来月か再来月。その前にやることやらないと。— ❄Yuuma❄ (@yu_ma1014) 2017年11月9日 今年の冬はCANADA GOOSEのダウンとUGGのムートン欲しい— 飯嶋 黎也 (@i1i1j4m0r0i1y8) 2017年10月11日 suicokeかUGGのムートン欲しい。明日旅立とう。— かるいしはるき (@HarutyanKaru) 2017年10月29日 最近全然物欲ないけどugg のオルセン今年は欲しいな誰かお金渡すから買って来て下さい— takuma (@0717Tkm) 2017年10月26日 ただ、UGGのシューズっていろいろなデザインのものがあり、どれを買うべきかちょっと迷いますよね。 今回はUGGの人気モデルを解説しつつ、おすすめメンズコーデをあわせてご紹介したいと思います! UGGのメンズはどのモデルが人気? メンズで人気が高いのはやはりモカシンタイプとムートンブーツタイプの2つ。 定番のモカシンは、スエードリボンがアクセントのオルセンとシンプルなアスコットの2つが特に人気です。 ムートンブーツはちょっと人を選びますが(ある程度身長のある人の方が似合います)、こちらも根強い人気がありますね。 モカシンタイプ OLSEN オルセン UGG OLSEN(amazon) スエードリボンがカジュアルで優しい雰囲気のオルセン。 特にスウェットパンツやデニムスタイルなどラフなカジュアルスタイルと相性抜群の一足です。 ASCOT アスコット UGG ASCOT(amazon) シンプルで装飾のないミニマムなデザインのアスコット。 合わせる洋服を選ばず、カジュアルはもちろんのことキレイめスタイルなどにもオールマイティーにマッチします。 ムートンブーツタイプ CLASSIC MINI クラシックミニ UGG CLASSIC MINI(amazon) 暖かさと気軽に履けるボリューム感が魅力のクラシックミニ。 ボリューム感のあるトップスに、スキニーパンツなど細身のボトムスをインして履くのがベストバランスです。 CLASSIC SHORT クラシックショート UGG CLASSIC SHORT(amazon) レングスが長めでしっかりブーツのクラシックショート。 ダメージデニムやスキニーパンツをインして履くスタイルと相性抜群です。 普段からそういったボトムスが多い方には特にオススメ。 UGGのお手本メンズコーデ! さてさて、皆さんどんなふうにUGGを履きこなしているのでしょうか? 早速見ていきましょう! モカシンのコーデ 細身のスウェットパンツが◎ストリートコーデ ganchan0219さん(@ganchan0219)がシェアした投稿 - 2017 11月 8 1:26午後 PST グレーの細身のスウェットパンツに、ホワイトのロンTプラスカジュアルなダウンをON。 足元はチェスナットのアスコットで暖かみを加えて。 ストリート感を感じるカジュアルコーデの完成です。 王道ブラックスキニーでつくるカジュアルスタイル keitaさん(@keit.n)がシェアした投稿 - 2017 11月 8 3:46午後 PST ブラックスキニーはアスコットと相性抜群。 ネイビーのスポーティーなアウターのINにはグレーのカットソーを。 色使いはベーシックながらもバランスの良いコーデの完成です。 スエードアウターとベストマッチ◎大人カジュアルコーデ Kazuya Takagiさん(@kzyahooooooo_)がシェアした投稿 - 2017...靴下のことはなんでも。ソックマ!