スーツスタイルで仕事をする人にとって、ついつい手を抜いてしまいがちなのが革靴。
スーツはビシッと決まっているのに、足元が汚れていたり、安っぽかったりするとすごく残念な印象を与えてしまいます。
ただ、ビジネスシューズが消耗品である以上、ついつい後回しにしてしまうのも事実・・。
折角ならコスパのよい革靴を手に入れたいですよね。

でもコスパがよいビジネスシューズって結局どこのがいいの?
そんな声、結構聞かれるんです。


そこで今回は、ビジネスシューズの選び方のポイントをお伝えしつつ、コスパが素晴らしいおすすめシューズブランドを解説したいと思います!

コスパが良いビジネスシューズを選ぶコツは?

まず、コスパって何?というところからお話ししたいと思います。
コスパとはひとことで言うと、「品質」「デザイン」「価格」の3つのバランスが取れていることということができます。
今回はこの3つの軸からビジネスシューズの選び方のコツを解説したいと思います。

(1)品質について

ビジネスシューズの品質を問う上で大事なのがレザーの質。
合皮素材はやっぱり見た目がどうしてもビニールっぽく、安っぽくなるので選ばない方が無難。
多少お金がかかっても本革のものを選ぶことを心がけたいです。革のツヤと風合いが全然違います。



(2)デザインについて

コスパ観点でデザインを見る時、大事なのは着回しが利くデザインであることです。
なので、おすすめしたいのは下記3点を守ることです。

  • カラーは基本「ブラック」を選ぶ(ブラウン等の他の色は着回しがイマイチなので買っても1足までにしておく)
  • デザインは基本「ストレートチップ」「Uチップ」「プレーントゥ」を選ぶ(モンクストラップ等のベーシック外のデザインは買っても1足までにしておく)
  • 上記を3〜5足買い、ローテーションさせる(毎日同じ靴を履かず、革を休ませるのが長持ちさせるコツ)

あと、たまに歩きやすいからといってコンフォートシューズを履いている人がいます(年配の方に多い)。
スーツには合わないのでやめておきましょう。

(3)価格について

どんなに安いものがよくても最低1万円は出すようにしましょう。
5,000円以下のビジネスシューズもありますが、そういうのは大体見た目が安っぽくて耐久力も低く、かえってコスパが悪いです。
また、普段1足1万円くらいに価格を抑えている人も、2〜3万円台のシューズも最低1足は持っておくことをオススメします。大事なプレゼンや商談の時、いつもより高い靴を履くとテンションが上がりますよ!

ビジネスシューズのおすすめブランド

コスパの良いシューズを選ぶコツがわかったところで、おすすめブランドの解説に入ります。
今回、厳選して8ブランド選びました。分かりやすいように価格帯で3つに分類しています。


では順番に見ていきましょう!

1. 価格帯が10,000円〜のおすすめブランド

1-1. KENFORD ケンフォード

HOAXさん(@hoaxhk)がシェアした投稿

HOAXさん(@hoaxhk)がシェアした投稿

KENFORD ビジネスシューズ ストレートチップ

リーガルの弟分ブランドとして、リーズナブルな価格の革靴を製造しているケンフォード。
セメンテッド製法(アッパーとソウルを縫い付けるのではなく、接着剤ではり合わせる方法)を採用することで、リーガルに比べて製造コストを下げることに成功しています。リーガル好きだけどちょっと高い・・という人に最適。
※価格帯:10,000〜15,000円程度

1-2. texcy luxe テクシーリュクス

テクシーリュクス ビジネスシューズ

本革仕様のビジネスシューズの良さとスニーカーの履き心地を両立させたのがテクシーリュクス。
asicsの子会社であるアシックス商事が作っているだけあってその履きやすさは折り紙つき。外回りが多くてすぐ靴がダメになる、なんて人にオススメ。
※価格帯:6,000〜15,000円程度

1-3. THE SUIT COMPANY スーツカンパニー

キップレザー ストレートチップシューズ

キップレザー ダブルモンクストラップシューズ

リーズナブルなスーツブランドとして確固たる地位を築いているスーツカンパニー。
品質と価格のバランスが良いのはもちろん、細身のスーツに合うイマドキな革靴が手に入ります。
※価格帯:10,000〜15,000円程度

2. 価格帯が20,000円〜のおすすめブランド

2-1. UNITED ARROWS green label relaxing ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング





心地よい日常着に定評のあるユナイテッドアローズのグリーンレーベルですが、実はビジネスアイテムも作っています。セレクトショップだからこそできるかゆいところに手の届く「ちょうどいい」ビジネスシューズを見つけることができます。
※価格帯:15,000〜25,000円程度

2-2. REGAL リーガル

REGAL ストレートチップ

ビジネスシューズといえばリーガルと言っても過言ではないくらい、もはや説明不要のシューズブランド。何も気にせず定番を買い続けたいタイプの人は迷わずここがオススメ。
※価格帯:23,000〜27,000円程度

2-3. Runwalk ランウォーク

Runwalk ストレートチップ

Runwalk Uモカシン スクウェアトゥ

「ビジネスのための走れる靴」というコンセプトのもと、シューズメーカーであるアシックスが本気で作った機能性革靴がランウォーク。
ポイントはラバーソール(ゴム底)を採用していること。しかも中にはGELを内蔵し、クッション性もばっちり。デザインもスタイリッシュなので、履いたことがない人は一度試してみて欲しいシューズです。
※価格帯:20,000〜28,000円程度

3. 価格帯が30,000円〜のおすすめブランド

3-1. SCOTCH GRAIN スコッチグレイン

Yuji Koizumiさん(@yuji.koizumi)がシェアした投稿

Y Aさん(@y_aks)がシェアした投稿

スコッチグレイン 内羽根アイレットストレートチップ

メイドインジャパンの職人技が感じられるビジネスシューズといえばスコッチグレイン。
日本人の足に馴染む木型を使っているので履き心地も素晴らしいです。こだわり派の人に是非!
※価格帯:30,000〜40,000円程度

3-2. JALAN SRIWIJAYA ジャランスリウァヤ

YUTAさん(@yuta_fashionlife)がシェアした投稿

TAKAAKIさん(@greendanekka)がシェアした投稿









インドネシアで創業されたブランドがジャランスリウァヤ。
ユナイテッドアローズなどのセレクトショップでも扱われていてその品質はお墨付き。ビジネスシューズにスタイリッシュさを求める人はこのブランドがばっちりハマると思います。
※価格帯:30,000〜40,000円程度

さいごに

ビジネスシューズを選ぶコツを解説しつつ、価格帯ごとにおすすめなブランドを紹介してきました。
みなさんお気に入りのブランドは見つかったでしょうか。今回紹介した8ブランドはほんと鉄板中の鉄板といえるので、とりあえず迷ったらここから選んだら間違いはないと思います。

とはいえ、他のシューズメーカーも気になる・・という人はこちらのamazonリンクもご参考まで。
こんなブランドあるんだ!という新しい発見があるかも。

楽天で探す場合はこちら。

コスパの高いビジネスシューズでスタイリッシュな足元を完成させましょう!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/01/6782_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/01/6782_top1-150x150.pngsockma_developブランドメンズおすすめスーツスタイルで仕事をする人にとって、ついつい手を抜いてしまいがちなのが革靴。 スーツはビシッと決まっているのに、足元が汚れていたり、安っぽかったりするとすごく残念な印象を与えてしまいます。 ただ、ビジネスシューズが消耗品である以上、ついつい後回しにしてしまうのも事実・・。 折角ならコスパのよい革靴を手に入れたいですよね。 でもコスパがよいビジネスシューズって結局どこのがいいの? そんな声、結構聞かれるんです。 ビジネスシューズってどこで買うのが1番コスパええの?— しやおさんはいかがでしょう? (@kitto_sumiwatal) 2017年5月12日 ビジネスシューズ何にしようかなぁ。迷う— わいぽーん (@waipoppo) 2016年8月29日 コスパの良いビジネスシューズって、どこのメーカーのだろうか。よく買ってるのはリーガルのですが。好みもあるんだろうけど。— ウサギ (@whiterabbit0414) 2017年3月22日 もう一足ビジネスシューズを買おうと思うけれど.どこのを買おうか迷う.scotchgrainばかりだから少し違うのでもいいのかなと思ったり.— たまゆら (@tmyr927) 2017年6月29日 そこで今回は、ビジネスシューズの選び方のポイントをお伝えしつつ、コスパが素晴らしいおすすめシューズブランドを解説したいと思います! コスパが良いビジネスシューズを選ぶコツは? まず、コスパって何?というところからお話ししたいと思います。 コスパとはひとことで言うと、「品質」「デザイン」「価格」の3つのバランスが取れていることということができます。 今回はこの3つの軸からビジネスシューズの選び方のコツを解説したいと思います。 (1)品質について ビジネスシューズの品質を問う上で大事なのがレザーの質。 合皮素材はやっぱり見た目がどうしてもビニールっぽく、安っぽくなるので選ばない方が無難。 多少お金がかかっても本革のものを選ぶことを心がけたいです。革のツヤと風合いが全然違います。 ジャランスリウァヤ ストレートチップ(UNITED ARROWS公式) (2)デザインについて コスパ観点でデザインを見る時、大事なのは着回しが利くデザインであることです。 なので、おすすめしたいのは下記3点を守ることです。 カラーは基本「ブラック」を選ぶ(ブラウン等の他の色は着回しがイマイチなので買っても1足までにしておく) デザインは基本「ストレートチップ」「Uチップ」「プレーントゥ」を選ぶ(モンクストラップ等のベーシック外のデザインは買っても1足までにしておく) 上記を3〜5足買い、ローテーションさせる(毎日同じ靴を履かず、革を休ませるのが長持ちさせるコツ) そもそもストレートチップ、Uチップとはなんぞやという人はこちらの説明をどうぞ。 あと、たまに歩きやすいからといってコンフォートシューズを履いている人がいます(年配の方に多い)。 スーツには合わないのでやめておきましょう。 例えばこんなやつ。 (3)価格について どんなに安いものがよくても最低1万円は出すようにしましょう。 5,000円以下のビジネスシューズもありますが、そういうのは大体見た目が安っぽくて耐久力も低く、かえってコスパが悪いです。 また、普段1足1万円くらいに価格を抑えている人も、2〜3万円台のシューズも最低1足は持っておくことをオススメします。大事なプレゼンや商談の時、いつもより高い靴を履くとテンションが上がりますよ! ビジネスシューズのおすすめブランド コスパの良いシューズを選ぶコツがわかったところで、おすすめブランドの解説に入ります。 今回、厳選して8ブランド選びました。分かりやすいように価格帯で3つに分類しています。 価格帯が10,000円〜のおすすめブランド KENFORD ケンフォード texcy luxe テクシーリュクス THE SUIT COMPANY スーツカンパニー 価格帯が20,000円〜のおすすめブランド green label relaxing グリーンレーベル リラクシング REGAL リーガル Runwalk ランウォーク 価格帯が30,000円〜のおすすめブランド SCOTCH GRAIN スコッチグレイン JALAN SRIWIJAYA ジャランスリウァヤ では順番に見ていきましょう! 1. 価格帯が10,000円〜のおすすめブランド 1-1. KENFORD ケンフォード HOAXさん(@hoaxhk)がシェアした投稿 - 9月 11, 2017 at 6:56午前 PDT HOAXさん(@hoaxhk)がシェアした投稿 - ...靴下のことはなんでも。ソックマ!