ファッション性と履き心地の良さを兼ね備えたスニーカーとして安定的な人気を誇る「New Balance(ニューバランス)」。
中でも「574」は、シンプルなデザインがどんな服にも合わせやすいと男女問わず人気です。
カラーバリエーションがとても豊富なモデルなので、どの色にするかあれこれ選べるのもうれしい。


そして、「574」最大の特徴といえるのが、圧倒的なコストパフォーマンスの高さ。
NBのスニーカーってなんか高い・・というイメージの人もいると思いますが、574については6,300円(+税)からあります。
着回しも利いて、履き心地もよく、カラバリも豊富で、コスパ最強!とまさに非の打ちどころのないモデルなんです。

そこで今回は、574モデルの基本的なところを解説しつつ、みなさんの日々の着こなしの参考になるようなメンズ・レディースコーデをご紹介していきたいと思います!

ニューバランスの574ってどんなモデル?

「574」は、オフロードランニング用に開発された「576」がベースになっており、576の廉価版ともいえるモデルです。
そのため、ソールは凹凸がありグリップ性に優れているのが特徴。多少の山道であればガンガン歩けます。

また、生産をアジア諸国で行っているため、他のモデルと比べてリーズナブルな価格であるのも魅力。
USA生産のM1700が34,000円(+税)であることを考えると、6,300円(+税)、9,800円(+税)、12,000円(+税)がメインの価格帯である574はコスパが相当高いモデルと言えそうです。

new balance MLP574CB

デザインの特徴は、カラバリの豊富さとサイドのNロゴ。
少し大きめのロゴを採用しているので、他のモデルと比べてややカジュアルな印象を受けると思います。
それゆえ、アメカジっぽいスタイルの足元に合わせたり、キレイめスタイルやモードスタイルのハズしとして使うとコーデもしっくりきます。

カラーは迷うくらい多いので、何足か色違いで揃えてみてもよさそうですよね。

New Balance 574

WL574CC(B) 17FW BLUE GRAY(CC)

new balance WL574CC(B) 17FW BLUE GRAY(CC)

ML574SEF 17SS SEA SALT(SEF)

new balance ML574SEF 17SS SEA SALT(SEF)

ML574WB(D) 17FW GRAY(WB)

new balance ML574WB(D) 17FW GRAY(WB)

ML574WA(D) 17FW BLACK(WA)

new balance ML574WA(D) 17FW BLACK(WA)

ML574VAH(D) 17FW SILVER(VAH)

new balance ML574VAH(D) 17FW SILVER(VAH)

ML574SEG 17SS CITADEL(SEG)

new balance ML574SEG 17SS CITADEL(SEG)

ML574SEE 17SS OUTER SP(SEE)

new balance ML574SEE 17SS OUTER SP(SEE)

WL574CB(B) 17FW PEACH(CB)

new balance WL574CB(B) 17FW PEACH(CB)

WL574CNB 17SS LIGHT BLUE(CNB)

new balance WL574CNB 17SS LIGHT BLUE(CNB)

WL574CNC 17SS RED/WHITE(CNC)

new balance WL574CNC 17SS RED/WHITE(CNC)

New Balance 574 Sport(574S)

MS574SNV(D) 17FW NAVY(SNV)

new balance MS574SNV(D) 17FW NAVY(SNV)

MS574SWT(D) 17FW WHITE(SWT)

new balance MS574SWT(D) 17FW WHITE(SWT)


574シリーズには他にもいろいろカラバリがあります。気になる方はこちらの一覧もご参考まで。

ニューバランス574のお手本コーデ!

さて、続いてはお手本コーディネートのご紹介です。
みなさん574をどんなふうに履きこなしているか気になりますよね。早速みていきましょう!

ニューバランス574のメンズコーデ

カラーバランスが◎スポーツMIXスタイル

ベージュのナイロンアウターにオレンジのボトムをコーディネート。
足元はソックスを合わせて574をスタイリング。
暖色系のトーンが綺麗なスポーツMIXスタイルです。

574を主役に!オールブラックスタイル

Kango Sakuraiさん(@kango.s)がシェアした投稿

ボーダーのタートルネック以外はすべてブラックでコーディネートしたスタイル。
ブラックで統一しながらもインナーダウンにアウターを重ねるなどレイヤード上手なところも◎。
足元の574の存在感が引き立つスタイリングです。

オレンジを差し色に!カジュアルスタイル

オレンジのボアベストにギンガムチェックのシャツがポップな印象のスタイリング。
足元はプレーンなデニムをロールアップして574を合わせて。
差し色として使ったオレンジが効いているカジュアルスタイルです。

チェックが◎大人カジュアルスタイル

青みのあるチェックシャツのINにはホワイトのタートルネックを。
ボトムはカーキの太めのボトムスをコーディネート。
足元に574を持ってくれば、カジュアル感はありつつも大人な雰囲気の漂うスタイリングの完成です。

ショーツで軽快に!白黒スタイル

虎さん(@hisatora)がシェアした投稿

ブラックのキャップにホワイトのビッグT、ボトムは軽快な印象のショーツで。
574にライン入りソックスを持ってきたところにセンスを感じます。
ブラックとホワイトのコーディネートでどこか洗練された印象を受けるスタイリングです。

ニューバランス574のレディースコーデ

カラーバランスがお見事!シンプルカジュアルスタイル

ベージュのアウターのINからはデニムシャツをチラ見せ。
スキニーなボトムとニットキャップはブラックで締めてきりりとした印象に。
足元に持ってきた574が絶妙な抜け感を演出した、バランスの良いコーディネートです。

小物で表情チェンジ!大人カジュアルスタイル

どちらもウェアは同じものですが、小物をチェンジしただけでかなり印象が変わるコーディネート例。
片方はベレーにフリンジバッグでモードな印象。
もう一方はキャップにカモフラリュックでカジュアルな雰囲気に。
小物だけでもこれだけ変化を楽しめるという、お手本的コーディネートです。

大人女子にオススメ◎キレイめスタイル

ケーブル編みが可愛いタートルネックのニットにグレーのタイトスカートをコーディネート。
足元は透け感のあるタイツを持ってきて適度な抜け感を演出。
最後に574をあわせれば、フェミニンになり過ぎないスタイリッシュなスタイルが完成します。

ブラックでつくるガーリースタイル

☽さん(@offtne)がシェアした投稿

ブラックのカットソーにフレア感が可愛らしいブラックのスカートを合わせて。
足元はソックスに574をコーディネート。
重く見えがちなブラックも足元の印象の軽さでバランスよく見えるスタイリングです。

色合わせが◎カジュアルスタイル

ぽぽさん(@po_____p)がシェアした投稿

ブルーのビッグTをワンピース風に着こなしているのが素敵なスタイリング。
ニットキャップはグレーをチョイスしてブルーと調和する絶妙な色合わせに。
足元はショートソックスに574を合わせて。
ボーイッシュさの中に女の子らしさが出ているお手本コーディネートです。

ニューバランス574の足元コーディネート

王道のホワイトソックスコーディネート

デニムを軽くロールアップしたら、ホワイトソックスを覗かせて。
足元に軽さがでてこなれ感も演出できるのでオススメです。

ダメージヘムの足元コーディネート

ダメージヘムのブラックスキニーがよく映える足元コーディネート。
ボリューム感のあるスニーカーなので、細身のボトムやダメージ感のあるヘムは相性◎

カラーソックスで遊んだ足元コーディネート

TOMOMIさん(@nnnyyy220)がシェアした投稿

574はベーシックなデザインなのでどんなカラーソックスともマッチ。
シックな色味ならこんなレッドソックスも抜群に合うので是非合わせてみて。

スウェットパンツの足元コーディネート

Akiraさん(@kashi.stagram)がシェアした投稿

スポーティーなアイテムと相性の良い574は、スウェットパンツともバランスは◎。
きゅっとひきしまるリブ部分が574の存在感を引き立てます。

グレー×グレーの足元コーディネート

グレーのスウェットパンツにワントーン暗めのグレーのソックスをコーディネート。
ハンターグリーンの574がより引き立つ綺麗なグラデーションの足元が完成します。

さいごに

574モデルの解説と、メンズ・レディースコーディネート、ソックスコーディネートをご紹介してきました。
574のコスパの高さ、汎用性の高さがうまく伝わったでしょうか。
1足持っているとほんと使い勝手がよいモデルなんですよね。

下記リンクからも574のアイテムが見られるので、一覧でいろいろ見たい方はご参考まで。
カラバリが豊富なので、お気に入りのカラーを探すのが楽しいと思います!

履きやすく合わせやすい574で色々なコーディネートを楽しみましょう!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/12/5634_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/12/5634_top1-150x150.pngsockma_developブランドコーディネートメンズおすすめNB,ニューバランスファッション性と履き心地の良さを兼ね備えたスニーカーとして安定的な人気を誇る「New Balance(ニューバランス)」。 中でも「574」は、シンプルなデザインがどんな服にも合わせやすいと男女問わず人気です。 カラーバリエーションがとても豊富なモデルなので、どの色にするかあれこれ選べるのもうれしい。 紺とオレンジの574が欲しい— 🌱ふ🌱 (@god_freeman) 2017年11月26日 New Balance 574 Sportが、欲しい。— SZOK (@Size_Okay) 2017年7月4日 ニューバランス574の深緑のやつが欲しい— たっぴー (@tatatappy21) 2016年1月19日 ニューバランスの574の黒のやつ欲しいよー— チョビ (@chobi438639) 2017年3月12日 そして、「574」最大の特徴といえるのが、圧倒的なコストパフォーマンスの高さ。 NBのスニーカーってなんか高い・・というイメージの人もいると思いますが、574については6,300円(+税)からあります。 着回しも利いて、履き心地もよく、カラバリも豊富で、コスパ最強!とまさに非の打ちどころのないモデルなんです。 そこで今回は、574モデルの基本的なところを解説しつつ、みなさんの日々の着こなしの参考になるようなメンズ・レディースコーデをご紹介していきたいと思います! ニューバランスの574ってどんなモデル? 「574」は、オフロードランニング用に開発された「576」がベースになっており、576の廉価版ともいえるモデルです。 そのため、ソールは凹凸がありグリップ性に優れているのが特徴。多少の山道であればガンガン歩けます。 また、生産をアジア諸国で行っているため、他のモデルと比べてリーズナブルな価格であるのも魅力。 USA生産のM1700が34,000円(+税)であることを考えると、6,300円(+税)、9,800円(+税)、12,000円(+税)がメインの価格帯である574はコスパが相当高いモデルと言えそうです。 New Balance MLP574CB BLACK(CB)(BILLY'S公式) デザインの特徴は、カラバリの豊富さとサイドのNロゴ。 少し大きめのロゴを採用しているので、他のモデルと比べてややカジュアルな印象を受けると思います。 それゆえ、アメカジっぽいスタイルの足元に合わせたり、キレイめスタイルやモードスタイルのハズしとして使うとコーデもしっくりきます。 カラーは迷うくらい多いので、何足か色違いで揃えてみてもよさそうですよね。 New Balance 574 WL574CC(B) 17FW BLUE GRAY(CC) New Balance WL574CC(B) 17FW BLUE GRAY(CC)(ABC-MART公式) ML574SEF 17SS SEA SALT(SEF) New Balance ML574SEF 17SS SEA SALT(SEF)(ABC-MART公式) ML574WB(D) 17FW GRAY(WB) New Balance ML574WB(D) 17FW GRAY(WB)(ABC-MART公式) ML574WA(D) 17FW BLACK(WA) New Balance ML574WA(D) 17FW...靴下のことはなんでも。ソックマ!