クロックスに代表されるクロッグ型のサンダルって、1足持ってるとなにかと便利ですよね。
海や川などでのアクティビティはもちろん、ちょっと外に出かける時のサンダル代わりとしても活躍します。
職場に行くまではちゃんとした革靴で、オフィスに着いたらクロックスに履き替えるなんて人も多いのではないでしょうか。

もちろんクロックス以外のクロッグサンダルも人気があります。


そこで、本記事ではいろいろなブランドのクロッグを解説しつつ、クロッグをおしゃれに履きこなしたコーデも紹介したいと思います!
クロッグを探している人は要チェックですよー。

クロッグにはどんなブランドのものがあるの?

まずクロッグとは、足の甲部分を覆うようなかたちのサンダルのこと。サボともいいます。
クロッグで有名なのはやっぱりcrocs(クロックス)。
サンダルブランドで有名なものだと、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)、KEEN(キーン)あたり。
スポーツブランドだと、NIKE(ナイキ)、adidas(アディダス)、PUMA(プーマ)あたりですね。

順番に見ていきましょう!

crocs クロックスのクロッグサンダル

crocs Classic クロックス クラシック

crocs_1_1_1
crocs_1_1_2
crocs_1_1_3

クロックスのファーストモデルがこれ。フィット感もよいし、クッション性も素晴らしいです。
横にも穴が空いてるので、通気性を重視したい人はクラシックがよいと思います。
カラバリもクラシックが一番多いです。
※価格:3,280円(+税)

crocs Crockband クロックス クロックバンド

crocs_1_2_1
crocs_1_2_2
crocs_1_2_3

クロックスの中でも一番人気を集めていると言っても過言ではないのがクロックバンド。
amazonのレビュー数も1,000件超でダントツ(しかも半数が星5つ評価!)
クラシックと違って横に穴が空いてないので、雨や砂が入りづらいです。
※価格:3,980円(+税)

crocs Baya クロックス バヤ

crocs_1_3_1
crocs_1_3_2
crocs_1_3_3

こちらはもともと限定品だったのが、人気があって定番品に昇格したモデル。
こちらもamazonレビュー1,000件超!(こちらも半数が星5つ評価)
初クロックスの人はクラシック、クロックバンド、バヤのどれかを押さえておけば間違いないと思います。
※価格:3,980円(+税)

BIRKENSTOCK ビルケンシュトックのクロッグサンダル

BIRKENSTOCK BOSTON ビルケンシュトック ボストン

crocs_2_2_1
crocs_2_2_2
crocs_2_2_3

ビルケンが誇るクロッグといえばボストン!
このコロッとしたフォルムが抜群にかわいいですよね。
リラックスしたスタイル、キレイめスタイルどちらにもあわせやすいのが魅力。
※価格:15,000円(+税)

BIRKENSTOCK BOSTON EVA ビルケンシュトック ボストンEVA

crocs_2_1_1
crocs_2_1_2
crocs_2_1_3

EVAは軽量・耐水素材のタイプです。
海とか川にビルケン履きたい!という人にはマストアイテム。
水で洗えて速乾性も高いから、白とか買っても安心。
※価格:6,000円(+税)

BIRKENSTOCK SUPER BIRKI ビルケンシュトック スーパービルキー

crocs_2_3_1
crocs_2_3_2
crocs_2_3_3

ボストンに比べてちょっと影が薄めですが、ビルケンのもう一つの名作クロッグ。
とにかくシンプルなデザインのクロッグが欲しい!という人におすすめ。
※価格:8,000円(+税)

KEEN キーンのクロッグサンダル

KEEN YOGUI ARTS キーン ヨギアーツ

crocs_3_3_1
crocs_3_3_2
crocs_3_3_3

KEENのクロッグっぽいシューズといえばヨギアーツ。
個性的なデザインと海や川などのアクティビティにガンガン履いていける耐久性がウリ。
やっぱり足元のインパクトだとKEENが一番かも。
※価格:6,800〜7,300円(+税)

KEEN SHANTI ARTS キーン シャンティアーツ

crocs_3_2_1
crocs_3_2_2

よりシャープなデザインなのがシャンティアーツ。
穴も大きく空いており、とにかく軽量で通気性も抜群。
シャンティアーツまで大きな穴が空いたデザインだともうクロッグというより、コンフォートサンダルといった方が近いかも。
※価格:6,300〜6,800円(+税)

KEEN UNEEK キーン ユニーク

crocs_3_4_3
crocs_3_4_2
crocs_3_4_4
crocs_3_4_5

KEENで一番人気といえばUNEEK(もはや完全にクロッグとは言えないかもだけど・・)。
名前の通りユニークなデザインですが、2本のコードが自由自在に足にフィットします。
キレイめスタイルにも案外ハマるので、アウトドアでもストリートでもいけちゃうのが魅力。
※価格:7,000〜12,000円(+税)

NIKE ナイキのクロッグサンダル

NIKE BENASSI SLP ナイキ ベナッシスリップ

crocs_4_1_1
crocs_4_1_2

NIKEのクロッグ型のスニーカーといえばこれ。
スニーカーのようにも履けるし、かかとを踏んでクロッグのようにも履けるのです。
1粒で2度おいしく、街履きに映える1足。
※価格:7,500円(+税)

adidas アディダスのクロッグサンダル

adidas Toalo アディダス トアロ

crocs_5_1_1
crocs_5_1_2

adidasのクロッグといえばトアロ。
足裏部分は低反発素材になっており、クッション性が高くてふかふか。
ちょっとしたお出かけ用に履いてる人が多いモデルです。
※価格:6,800円(+税)

adidas Morillo アディダス モリロ

crocs_5_3_1
crocs_5_3_2

adidasではめずらしい、スニーカーを途中でぶった切ったようなデザイン。
通気性・吸水速乾性に優れ、水に強い素材を使っているので、アウトドアシーンでも強い。
スニーカーに比べて値段がお手ごろなのもうれしい。
※価格:5,800円(+税)

adidas Duramo Clog アディダス デュラモクロッグ

crocs_5_2_2

クロッグとサンダルの合いの子のようなデザインがデュラモ。
足の甲部分の3本ラインがいかにもadidasでカッコいい。
クロックス以外で、お財布にやさしい普段履きクロッグを探してる人に特におすすめしたい。
※価格:2,500円(+税)

PUMA プーマのクロッグサンダル

PUMA Jiyu Clog プーマ ジユウクロッグ

crocs_6_1_3
crocs_6_1_6
crocs_6_1_7

PUMAのクロッグといえばジユウクロッグ。
流線型のマーク(フォームストライプと呼ばれます)、ピューマロゴがインパクト大。
キレイめスタイルの”外し”とかに重宝しそう。
※価格:5,200円(+税)

クロッグサンダルのおすすめコーデ!

それではクロッグサンダルのコーデも見ていきましょう。
クロッグってストリートでもアウトドアでも使えるから、ほんと汎用性高いんですよね。

BIRKENSTOCK ビルケンシュトックのコーデ

やっぱりストリートで人気なのはビルケンシュトック。
ワンピースやハーフパンツのような涼しげなアイテムと相性ばっちり。

KEEN キーンのコーデ

Busaban D.さん(@sequenze)がシェアした投稿

Yuya Suzukiさん(@yuyaann)がシェアした投稿

KEENもストリートにアウトドアに大活躍してます。
中に靴下を履いてもかわいい。

NIKE ナイキのコーデ

@route524がシェアした投稿

risa aritaさん(@aritaffy)がシェアした投稿

こちらナイキベナッシスリップ。
かかとを踏むとクロッグになります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

クロッグサンダルもいろいろ種類があって、あらためて並べてみるとどれを買おうか悩んじゃいますね。
ざっと見た感じ、海や砂浜とかならクロックス、街履き用ならビルケン、アウトドアならKEENとかが多いイメージでした。
あと職場や厨房で履くシューズはクロックスが強かったですね。

クロッグ欲しくなってきた!という人はこちらで一覧が見れるのでご参考まで。

お気に入りの1足をぜひ見つけてくださいねー!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/05/clog_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/05/clog_top1-150x150.pngsockma_developブランドクロックスに代表されるクロッグ型のサンダルって、1足持ってるとなにかと便利ですよね。 海や川などでのアクティビティはもちろん、ちょっと外に出かける時のサンダル代わりとしても活躍します。 職場に行くまではちゃんとした革靴で、オフィスに着いたらクロックスに履き替えるなんて人も多いのではないでしょうか。 もちろんクロックス以外のクロッグサンダルも人気があります。 夏にクロッグ欲しいなー— たくみ (@t_a___m_i) 2017年2月17日 ナイキのクロッグ欲しい感じになってきた— ながしまきょう (@hail2u_) 2016年6月1日 やっとビルケンのクロッグ買えたぞ❣️最高— 伊藤香苗 (@itoukanae4th) 2016年11月19日 そこで、本記事ではいろいろなブランドのクロッグを解説しつつ、クロッグをおしゃれに履きこなしたコーデも紹介したいと思います! クロッグを探している人は要チェックですよー。 クロッグにはどんなブランドのものがあるの? まずクロッグとは、足の甲部分を覆うようなかたちのサンダルのこと。サボともいいます。 クロッグで有名なのはやっぱりcrocs(クロックス)。 サンダルブランドで有名なものだと、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)、KEEN(キーン)あたり。 スポーツブランドだと、NIKE(ナイキ)、adidas(アディダス)、PUMA(プーマ)あたりですね。 順番に見ていきましょう! crocs クロックスのクロッグサンダル crocs Classic クロックス クラシック crocs クラシック(amazon) クロックスのファーストモデルがこれ。フィット感もよいし、クッション性も素晴らしいです。 横にも穴が空いてるので、通気性を重視したい人はクラシックがよいと思います。 カラバリもクラシックが一番多いです。 ※価格:3,280円(+税) crocs Crockband クロックス クロックバンド crocs クロックバンド(amazon) クロックスの中でも一番人気を集めていると言っても過言ではないのがクロックバンド。 amazonのレビュー数も1,000件超でダントツ(しかも半数が星5つ評価!) クラシックと違って横に穴が空いてないので、雨や砂が入りづらいです。 ※価格:3,980円(+税) crocs Baya クロックス バヤ crocs バヤ(amazon) こちらはもともと限定品だったのが、人気があって定番品に昇格したモデル。 こちらもamazonレビュー1,000件超!(こちらも半数が星5つ評価) 初クロックスの人はクラシック、クロックバンド、バヤのどれかを押さえておけば間違いないと思います。 ※価格:3,980円(+税) BIRKENSTOCK ビルケンシュトックのクロッグサンダル BIRKENSTOCK BOSTON ビルケンシュトック ボストン BIRKENSTOCK ボストン(amazon) ビルケンが誇るクロッグといえばボストン! このコロッとしたフォルムが抜群にかわいいですよね。 リラックスしたスタイル、キレイめスタイルどちらにもあわせやすいのが魅力。 ※価格:15,000円(+税) BIRKENSTOCK BOSTON EVA ビルケンシュトック ボストンEVA BIRKENSTOCK ボストンEVA(amazon) EVAは軽量・耐水素材のタイプです。 海とか川にビルケン履きたい!という人にはマストアイテム。 水で洗えて速乾性も高いから、白とか買っても安心。 ※価格:6,000円(+税) BIRKENSTOCK SUPER BIRKI ビルケンシュトック スーパービルキー BIRKENSTOCK スーパービルキー(amazon) ボストンに比べてちょっと影が薄めですが、ビルケンのもう一つの名作クロッグ。 とにかくシンプルなデザインのクロッグが欲しい!という人におすすめ。 ※価格:8,000円(+税) KEEN キーンのクロッグサンダル KEEN YOGUI ARTS キーン ヨギアーツ KEEN ヨギアーツ(amazon) KEENのクロッグっぽいシューズといえばヨギアーツ。 個性的なデザインと海や川などのアクティビティにガンガン履いていける耐久性がウリ。 やっぱり足元のインパクトだとKEENが一番かも。 ※価格:6,800〜7,300円(+税) KEEN SHANTI ARTS キーン シャンティアーツ KEEN シャンティアーツ(amazon) よりシャープなデザインなのがシャンティアーツ。 穴も大きく空いており、とにかく軽量で通気性も抜群。 シャンティアーツまで大きな穴が空いたデザインだともうクロッグというより、コンフォートサンダルといった方が近いかも。 ※価格:6,300〜6,800円(+税) KEEN...靴下のことはなんでも。ソックマ!