BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のサンダルは、1足持っていると何かと重宝するアイテムですよね。
最近はサンダルにソックスを合わせるスタイルも定着したので、夏以外も履けるようになって活躍の場が増えました。

でも、ビルケンシュトックのサンダルは種類がいっぱいあって、どれを買おうか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
無難に定番モデルを買っておくか、ちょっと人と被らなそうなモデルにするか。
”ちょうどいい”感じのモデルはないか・・。

そんな人に全力でおすすめしたいモデルがZURICH(チューリッヒ)です。


本記事では、ビルケンのサンダルの中でもチューリッヒに着目し、その魅力を解説するとともにチューリッヒを使ったコーデを紹介します。
ビルケンの最初の1足をどれにするか悩んでいる方、すでに何足か持っていて次はチューリッヒが気になっている・・なんて方にぜひ読んでもらいたいです!

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のZURICH(チューリッヒ)とは?

ZURICH(チューリッヒ)は1966年に誕生したサンダルで、2016年には50周年記念モデルも発売されました。

デザインの特徴は、足の甲を覆うアッパーが大きく、履く人の足にピタッとフィットします。
アッパーはスエードレザーで作られていて、カラーはトープ(ベージュっぽい色)やブラックなどが人気です。
スエードがとても落ち着いた色みになるので、どんなコーデも品よくまとまります。

素足でそのまま履いてもいいし、ソックスともすごく相性がよいモデルなんですよね。

Toru☺︎さん(@t.i.me01)がシェアした投稿


ちなみにビルケンシュトックのサンダルには、チューリッヒとかアリゾナとかすべて都市の名前がついています。
これは「年齢や性別・人種や国境を越えて、すべての人々の健康を願う」という理念に基づき、世界の人たちに愛されるシューズになるように都市の名前をつけているそうです。

ZURICH(チューリッヒ)を使ったコーデ

では実際にビルケンのチューリッヒを履いたコーデを見ていきましょう。
今回は素足で履いたコーデ、ソックスをあわせたコーデにわけて解説します。
メンズ、レディース両方紹介します!

ZURICH(チューリッヒ)を素足で履いたコーデ

白い半袖シャツが涼しげなコーデ

白い半袖シャツにボトムスはロールアップして、素足にチューリッヒというスタイル。
足元がチューリッヒだととても上品な印象になりますよね。

ナチュラルコーデにチューリッヒ

ナチュラル素材のふわっとしたシルエットに足元はチューリッヒ。
白系も黒系も色合いがうまくマッチしてます。

キレイめスタイルにあわせて

細身のパンツスタイルにオレンジイエローのチューリッヒをあわせて。
こういうキレイめスタイルにもばっちりハマるのがチューリッヒのすごいところ。

ZURICH(チューリッチ)にソックスを合わせたコーデ

白ソックス × ブラックのチューリッヒ

@n_7625がシェアした投稿

ジーンズに白ソックスをあわせて、足元はブラックのチューリッヒで。
白ソックス × チューリッヒが適度な抜け感を作ってくれるんですよね。

ざっくりローゲージソックスをあわせて〜その1〜

セントジェームスのボーダーを親子でリンクコーデして、足元はざっくりソックスにチューリッヒ。
色合いのバランスとかとても素敵です♪

ざっくりローゲージソックスをあわせて〜その1〜

こちらはざっくりソックスにブラックのチューリッヒをあわせて。
ガウチョパンツにソックス&チューリッヒというのも相性◎

ざっくりローゲージソックスをあわせて〜その3〜

sea.sukeさん(@sea.suke)がシェアした投稿

くるぶしあたりでジーンズを折り返して、ざっくりソックスとチューリッヒ。
このスタイルはメンズ・レディースどちらにもおすすめです。

ざっくりローゲージソックスをあわせて〜その4〜

こちらはアンクル丈のソックスをあわせて。
アンクル丈とチューリッヒもバランス良くみえるんですよね。

オレンジの差し色コーデ

派手色ソックス×黒のチューリッヒ。
トップスは白でシンプルにオレンジの差し色コーデ。

ピンク色のソックスの差し色コーデ

こちらはピンク色のソックスをあわせて。
スウェードの感じとソックスのちょっとくすんだ色がベストマッチ。

マリメッコ × チューリッヒ

マリメッコ × チューリッヒ という組み合わせも結構見かけます。
こちらはマリメッコの定番柄ウニッコをチョイス。チラ見えするピンクの花柄が素敵。

迷彩 × チューリッヒ

T.Yさん(@t_36_y)がシェアした投稿

こちらは迷彩ソックスにチューリッヒ。
迷彩もアースカラーなので、チューリッヒにうまくなじんでます。

ノルディック柄ソックス × チューリッヒ

ノルディック柄のソックスにチューリッヒをあわせて。
お互いあたたかみのある色の組み合わせで、なんか見てるだけでほっこりします。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ビルケンシュトックのチューリッヒの万能選手ぶりが少しでも伝わっていれば幸いです。
素足で履いても上品に見えるサンダルって案外少ないんですよね。
しかも厚手のソックスとも相性がよいので、ほんとオールシーズンいけちゃうのが魅力です。

カラバリ展開、価格などについては下記の一覧もご参考まで。

また、ほかのビルケンの定番モデルが気になったら、こちらの記事もどうぞ。

今年はぜひチューリッヒを検討してみてください!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/04/zurich_top2-1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2017/04/zurich_top2-1-150x150.pngsockma_developブランドコーディネートBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のサンダルは、1足持っていると何かと重宝するアイテムですよね。 最近はサンダルにソックスを合わせるスタイルも定着したので、夏以外も履けるようになって活躍の場が増えました。 でも、ビルケンシュトックのサンダルは種類がいっぱいあって、どれを買おうか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 無難に定番モデルを買っておくか、ちょっと人と被らなそうなモデルにするか。 ”ちょうどいい”感じのモデルはないか・・。 そんな人に全力でおすすめしたいモデルがZURICH(チューリッヒ)です。 ここ数週間、ビルケンのチューリッヒ買いたい欲が続いている。— だ (@ymd_snic) 2016年8月26日 ビルケンのチューリッヒを買おうと思って色で迷うー。ブラックかトープか。でもブラウンも捨てがたい!!!ほんと可愛い。靴の買い物が一番テンションあがる。 pic.twitter.com/u1XBpO140G— ぴーえー (@okie_andy) 2017年2月18日 今更ながら初ビルケン。チューリッヒ買ったー!長く愛そう。— とうふ (@tofu_mawo) 2016年7月10日 本記事では、ビルケンのサンダルの中でもチューリッヒに着目し、その魅力を解説するとともにチューリッヒを使ったコーデを紹介します。 ビルケンの最初の1足をどれにするか悩んでいる方、すでに何足か持っていて次はチューリッヒが気になっている・・なんて方にぜひ読んでもらいたいです! BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のZURICH(チューリッヒ)とは? ZURICH(チューリッヒ)は1966年に誕生したサンダルで、2016年には50周年記念モデルも発売されました。 デザインの特徴は、足の甲を覆うアッパーが大きく、履く人の足にピタッとフィットします。 アッパーはスエードレザーで作られていて、カラーはトープ(ベージュっぽい色)やブラックなどが人気です。 スエードがとても落ち着いた色みになるので、どんなコーデも品よくまとまります。 素足でそのまま履いてもいいし、ソックスともすごく相性がよいモデルなんですよね。 Toru☺︎さん(@t.i.me01)がシェアした投稿 - 2016 7月 13 5:48午後 PDT ちなみにビルケンシュトックのサンダルには、チューリッヒとかアリゾナとかすべて都市の名前がついています。 これは「年齢や性別・人種や国境を越えて、すべての人々の健康を願う」という理念に基づき、世界の人たちに愛されるシューズになるように都市の名前をつけているそうです。 ZURICH(チューリッヒ)を使ったコーデ では実際にビルケンのチューリッヒを履いたコーデを見ていきましょう。 今回は素足で履いたコーデ、ソックスをあわせたコーデにわけて解説します。 メンズ、レディース両方紹介します! ZURICH(チューリッヒ)を素足で履いたコーデ 白い半袖シャツが涼しげなコーデ JeongJin Jeonさん(@styleproducer_jay)がシェアした投稿 - 2016 8月 8 7:14午前 PDT 白い半袖シャツにボトムスはロールアップして、素足にチューリッヒというスタイル。 足元がチューリッヒだととても上品な印象になりますよね。 ナチュラルコーデにチューリッヒ らんらんさん(@ranran5150)がシェアした投稿 - 2017 4月 16 4:54午前 PDT らんらんさん(@ranran5150)がシェアした投稿 - 2017 4月 18 7:59午後 PDT ナチュラル素材のふわっとしたシルエットに足元はチューリッヒ。 白系も黒系も色合いがうまくマッチしてます。 キレイめスタイルにあわせて ...靴下のことはなんでも。ソックマ!