数あるアウトドアブランドの中でも、最近露出が増えてきた感があるコロンビア。

そして、寒くなってきた季節、特に注目したいのがアウター。フリースやナイロンジャケット、ダウンなどバリエーション豊富に揃っています。デザインだけでなく機能性も抜群なのが嬉しいポイント。男女問わず人気が高いのも頷けますよね。


タウンユースで使えるアウトドアブランドといえば、ノースフェイスとコロンビアが圧倒的に人気。でも、そんな2大ブランドにコロンビアもじわじわと迫ってきているように思います。

そこで、普段アウトドアのアクティビティをしない人にもわかるように、コロンビアの人気の理由に迫りつつ、普段使いもできるおすすめ人気アウターをたっぷりご紹介していきたいと思います。
これからの季節のお買い物リストに是非加えてみてくださいね。

Columbia コロンビアはどんなブランド?

Columbia(コロンビア)は、1938年にポール・ラムフロムがアメリカのオレゴン州で帽子問屋をスタートしたことから始まったブランド。
社名の由来は、オフィスの近くを流れるコロンビア川から。2018年には80周年を迎えた、老舗のアウトドアブランドです。

コロンビアといえば、マルチポケット仕様のフィッシングベストを最初に作ったことでも有名。
また、今でこそよく見かけるアウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱できるようにした「インターチェンジシステム」を開発したのもコロンビア。このシステムを採用した「バガブーパーカ」は全米で販売数100万枚を超え、1993年の米国内アウトドアウェアの年間最多販売記録を達成しました。

いくつもの画期的なアイテムを開発することで、誰もが知るアウトドアブランドの地位を確立したブランドと言えます。

現在、コロンビア人気が過熱中

そんなコロンビア、ここ最近特に人気が過熱してきているように思います。
インスタやTwitterでも「欲しい」「買った」という声をよく見かけるようになったし、何より流行を牽引する存在であるセレクトショップで別注アイテムやポップアップストアを多く見かけるようになりました。

例えば、オープニングセレモニーでは、80年代から90年代のスポーツウェアをイメージソースに両ブランドの機能性やデザイン性を融合させた、パーカーやセーター、フリースなど計8点のストリート感あるコラボアイテムを展開。
ビームスボーイでも、ポップアップで90年代のカラーリングを採用したスナップフーディーやフリース、フルジップジャケットなど5点をラインナップ。デザイン、機能性共に魅力的なアイテムが揃っています。

COLUMBIA X OPENING CEREMONY

古着のような絶妙なカラーリングが魅力

コロンビアの魅力と言えば古着のような絶妙なカラーリング。マスタードやレッド、ブルーにグリーンなど、ありきたりなカラーではなく、どこかくすみ感のあるスモーキーな色味だったり、シックさを感じさせるカラーリングになっているのがスタイリッシュ。コーディネートに合わせても、この色味のおかげでぐっとオシャレっぽく仕上がるのが嬉しいポイントです。

暖かさは折り紙つき

コロンビアのアウターは暖かさも抜群。
まず、身体の熱を利用してウェア内を暖かく保つテクノロジーである「オムニヒート」。これは中綿や裏地などに使用され、どんな環境でも快適に過ごせる暖かさを提供してくれます。
他にも、天然ダウンにオムニヒートの保温素材を融合させた二層構造の「ターボダウン」。湿気の強い化繊綿を内側にすることで、通常のダウンよりも保温力を向上させることに成功しています。
アウトドアシーンはもちろんのことタウンユースでも、寒さの厳しい季節に頼れる機能が搭載されています。

意外なところともコラボが・・!

コラボレーションの意外性もコロンビアの魅力。
あの「スター・ウォーズ」とのコラボでは、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」の撮影クルー着用ジャケットを復刻。当時の撮影クルーが着ていたジャケットを忠実に再現し、極寒にも耐えうるコロンビア独自のテクノロジーを搭載したモデルに仕上がっています。スター・ウォーズファンは見逃せないアイテムですね。
また、atmosとのコラボでは、世界地図を総柄にしたジャケットとショーツを展開。雨と汚れをはじくオムニシールドを搭載した、デザインも機能性も抜群のアイテムに仕上がっています。


他にも様々なブランドとのコラボがあるので気になる人は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

コロンビアのおすすめ人気アウターは?

ではコロンビアのおすすめ人気アウターを見ていきましょう。
今回は、特に人気のアイテムであるフリース、ナイロンジャケット、ダウンジャケット、フーディーに絞って紹介したいと思います。

  1. コロンビアのおすすめフリース
  2. コロンビアのおすすめナイロンジャケット
  3. コロンビアのおすすめダウンジャケット
  4. コロンビアのおすすめフーディー


では、順番に見ていきましょう!

コロンビアのおすすめフリース

CSCオリジナルズフリース

90年代アイテムリメイクのCSCオリジナルズフリースは、古着っぽいテイストがタウン使用にも映える一着です。
フリース特有の柔らかな着心地がポイントで、ジップ部分を上まで上げれば首元まで暖かく包み込んでくれるデザインが◎。フロントのカンガルーポケットもジップ付きで便利。カラーは3色展開でプライスは¥8,532(税込)です。

アーチャーリッジジャケット

防風性と通気性を両立したアーチャーリッジウィメンズジャケットは、もこもこの起毛した素材が心地よく暖かい一着。
オムニウインドブロックを搭載し、冷たい風から体温の低下を防ぎながら熱や湿度を放出してくれるのでムレを防ぎます。スムーズに動きやすい肩の立体裁断とアンダーアームのマチがアクティブな動きに対応。カラーは落ち着いた色味の3色展開でプライスは¥21,060(税込)です。
ベストもありそちらはアウターとしてもジャケットのインナーとしても使えるのでオススメ。同じカラー展開でプライスは¥17,280(税込)です。

ヘルヴェティアウィメンズスナップフーディー

90年代のレトロチックなデザインを落とし込んだヘルヴェティアウィメンズスナップフーディー。
POPなカラーリングが古着っぽく魅力的です。肌触りがよく速乾性素材を採用しているのでアウトドアなどのアクティブシーンにもオススメなアイテム。程よくゆとりのあるデザインなので細身のパンツとも相性◎です。こちらのアイテムは残念ながらレディースのみ。カラーは3色展開でプライスは¥8,532(税込)です。

コロンビアのおすすめナイロンジャケット

カタバジャケット

フリースと中綿を組み合わせたカタバジャケットは、高い撥水性と防汚性のナイロン素材の防寒ジャケットです。
身頃にフリース裏地を使用しているので着用感は柔らかく暖か。ファスナー付きポケットがついているので、貴重品など入れておくのにも便利です。カラーは鮮やかな色味を含む4色展開でプライスは¥14,580(税込)です。

バガブーインターチェンジジャケット

80周年記念限定のバガブーインターチェンジジャケットは、1986年に発売されアウターとインナーがセットになったコロンビアの代表的なジャケットです。
アウターは防水透湿機能のついたスタンドカラージャケットで、インナーはバッファローチェックのフリースになっています。合わせて着るのはもちろん、単体でも着られるのが嬉しいですよね。カラーはブラック×レッド、スカイブルーの2色展開。プライスは¥30,240(税込)です。

デクルーズサミットジャケット

軽い素材感ながら、高い保温性を持つデクルーズサミットジャケットは、オムニヒート加工の素材が裏地に張り付けてあり、身体の熱を反射して逃しません。
生地は防水生地を使用しているので、雨などにも強い仕様になっています。肩と肘部分はマチと立体裁断でスムーズな動きをサポート。カラーは4色展開でプライスは¥19,980(税込)です。

オレルジャケット

オムニヒートを採用した3WAY仕様のオレルジャケットは、身体の熱を反射しながら蓄えて保温する防寒性の高いジャケット。
寒さの厳しい環境でも、体温の低下を防ぎ快適な暖かさを提供してくれます。アウター側は防水性や透湿性にも優れており、ムレを防止する機能も搭載。ライナーはMA-1のようなデザイン。もちろんアウターとライナーはそれぞれ別で使うことも◎。カラーは3色展開でプライスは¥39,960(税込)です。

コロンビアのおすすめダウンジャケット

ビッグリブマウンテンダウンジャケット

二層構造のターボダウンで高い保温性を備えたビックリブマウンテンダウンジャケット。
ターボダウン機能に加え、裏地にプリントされた銀色のドットが体温を反射し、更に身体を暖めてくれます。防滴、防汚機能が高いので、多少の雨や汚れは弾いてくれるのも嬉しい。寒さの厳しいアウトドアシーンはもちろん、タウンユースにもオススメのダウン。カラーは3色展開で、プライスもダウンにしてはリーズナブルな¥29,160(税込)です。

シダーヒルズダウンジャケット

80年代商品の復刻版であり、80周年記念モデルのシダーヒルズダウンジャケットは、雨や汚れを弾く、防滴・防汚機能のダウンジャケットです。
コットン60%、ナイロン40%を混紡した素材は、湿気を吸うことでコットンが膨張して水の侵入を防ぎます。しかも、通気性に優れ、摩耗にも強い素材。シンプルでベーシックなデザインなので合わせるアイテムを問わないのも嬉しいポイント。カラーは4色展開でプライスは¥31,320(税込)です。

アルファトレイルダウンジャケット

コンパクトな見た目ながら、新テクノロジー「オムニヒート3D」を使用していて機能性抜群のアルファトレイルダウンジャケット。
リフレクトプリントを用いて身体の熱を効果的に反射し、ウェア内の保温性を高める構造になっています。撥水性もあるので雨の日も安心。ジャケットのインナーとしてもガンガン使いたいフードレスタイプ。カラーは2色展開でプライスは¥30,240(税込)です。

コロンビアのおすすめフーディー

ロマビスタフーディー

高い保温性で、寒い季節に大活躍するロマビスタフーディー。
身頃部分の裏地にフリースを使用しているので温まりやすく、冷えやすい袖にも化繊綿を封入して保温性を高める工夫がなされています。シンプルで使いやすいのでタウンユースにも使い勝手がよいアイテム。カラーは4色展開でプライスは¥14,040(税込)です。

ペッパーヒルフーディ

ライトなアウターとしても活躍するペッパーヒルフーディは、立体的な裁断が身体にフィットする一着。
ポリエステル素材の肌触りも心地よく、シンプルでミニマルなルックスはどんなコーディネートにも馴染むので◎。カラーはベーシックなモノトーンの3色展開。プライスは¥15,120(税込)です。

Kinetics × Columbia コラボパーカー

Kinetics × Columbiaのコラボシリーズ12年目となるアイテムは、オリジナルの 「PAISLEY」パターンをレイアウトした「THE PAISLEY PACK COLLECTION」。
見た目のカッコよさだけでなく機能性も抜群で、防風性と通気性を備えた「OMNI-WIND BLOCK」、雨や汚れを弾く「OMNI-SHIELD」、紫外線から身体を守る「OMNI-SHADE」を搭載した高機能フーディーに仕上がっています。カラーは2色展開でプライスは¥18,360(税込)です。

さいごに

コロンビアの人気の理由を解説しつつ、アウターの魅力をたっぷりご紹介してきました。
ノースフェイス、パタゴニアとはまた違った魅力が見えてきたのではないでしょうか?

今回紹介したアイテム以外にもまだまだアイテムはたくさんあります。
もっともっと見たい!という人は、こちらのリンクもご参考まで。


公式ストアがいちばん商品数はあると思いますが、amazon、楽天もなかなか揃っています。
アイテムによっては値引きされていたり、公式で販売終了してしまったモデルがある場合もあるので、公式とあわせて覗いてみるのもアリだと思います。

コロンビアのアウターを手に入れて、寒い冬を乗り越えましょう!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/12/columbia_type1-2.jpghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/12/columbia_type1-2-150x150.jpgsockma_developブランドウィメンズおすすめメンズおすすめ数あるアウトドアブランドの中でも、最近露出が増えてきた感があるコロンビア。 そして、寒くなってきた季節、特に注目したいのがアウター。フリースやナイロンジャケット、ダウンなどバリエーション豊富に揃っています。デザインだけでなく機能性も抜群なのが嬉しいポイント。男女問わず人気が高いのも頷けますよね。 新しいアウターが欲しい コロンビアの奴で— くろねこ (@kuro_ne_ko_) November 14, 2018 私も今日コロンビアフリース!!— U (@yucalingo) November 27, 2018 強風の中バス待ってて思ったけどダウンジャケットってすごい 風通さない コロンビアありがたいすぎ— 枝梨佳 (@_yerk) December 7, 2018 今日着ていったコロンビアのマウンテンパーカー。カッコ良いって褒められた。バイトの人から貰ったものだから余計嬉しい— hiroya@新潟crew (@uver2128) December 6, 2018 タウンユースで使えるアウトドアブランドといえば、ノースフェイスとコロンビアが圧倒的に人気。でも、そんな2大ブランドにコロンビアもじわじわと迫ってきているように思います。 そこで、普段アウトドアのアクティビティをしない人にもわかるように、コロンビアの人気の理由に迫りつつ、普段使いもできるおすすめ人気アウターをたっぷりご紹介していきたいと思います。 これからの季節のお買い物リストに是非加えてみてくださいね。 Columbia コロンビアはどんなブランド? Columbia(コロンビア)は、1938年にポール・ラムフロムがアメリカのオレゴン州で帽子問屋をスタートしたことから始まったブランド。 社名の由来は、オフィスの近くを流れるコロンビア川から。2018年には80周年を迎えた、老舗のアウトドアブランドです。 コロンビアといえば、マルチポケット仕様のフィッシングベストを最初に作ったことでも有名。 また、今でこそよく見かけるアウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱できるようにした「インターチェンジシステム」を開発したのもコロンビア。このシステムを採用した「バガブーパーカ」は全米で販売数100万枚を超え、1993年の米国内アウトドアウェアの年間最多販売記録を達成しました。 いくつもの画期的なアイテムを開発することで、誰もが知るアウトドアブランドの地位を確立したブランドと言えます。 View this post on Instagram ...靴下のことはなんでも。ソックマ!