1年を通して誰もが毎日のように履いているのが靴下。
やっぱり毎日履くものなので、少しでも不満なポイントがあったりするとその日1日が不快なものになっていまいます。

そんな靴下で、どうも気になるアレといえば・・。そうです、ゴムの締め付けです。

脚のむくみが余計に辛くなったり、ゴムの跡ができてかゆみが出てきたり・・。元をただせば靴下の締め付けが原因だったりします。一度気になり出すとずっと気になりますよね。

実際に靴下の締め付けトラブルで悩んでいる人の声が聞こえてきています!


さて、そんな悩ましい靴下の締め付け問題ですが、どんな靴下を選べばこの問題は解消されるのか・・。それはずばり、「ゴムなしソックス」「ゴムのゆったりソックス」みたいなものを選べばOK!なんですね。

そこで、今回は靴下の締め付けにさよならできる、ゴムなし・ゆったりソックスのおすすめ8選をご紹介していきたいと思います!

靴下のゴムの締め付け、何が問題?

靴下のゴムの締め付け気になる・・!という人、一体何が一番気になりますか?
不満ポイントをあげればいろいろあるかと思いますが、ゴムの締め付けが引き起こす悩みには大きく3つあります。

対策を立てるには、まずは敵を正確に知るところから。
順番に見ていきましょう!

1. 締め付けの痛み・不快感

一つ目は、締め付けの痛み・不快感です。
これはふくらはぎの筋肉が少ない女性の方がよい感じやすいと思います。また、男性でもデスクワークばかりで日頃あまり運動していないと、脚の筋力が低下してきてゴムの締め付けが気になりだすという人もいると思います。
締め付けの強い靴下を1日履いて、家に帰って靴下を脱ぐとふくらはぎにゴムの跡がくっきりと・・。1日の疲れがどっと出ますよね。

2. 足のかゆみ・かぶれ

二つ目は、足のかゆみ・かぶれです。
夏場など汗をかいて靴下の中が蒸れてしまうと、皮膚がかぶれてかゆみや湿疹の原因になります。特に肌が敏感肌・乾燥肌という人は、靴下のゴムによるかぶれが起きやすいので注意が必要。ふくらはぎのあたりをポリポリ掻いているのもちょっと間抜けだし、人に見られると猛烈に恥ずかしい!

3. むくみ・足の冷え

三つ目は、長時間締め付けのきつい靴下を履くことによって、血流が阻害されてむくみに繋がったり、冷えに繋がってしまうこと。
本来、足の筋肉がポンプの役割になって全身に血を巡らせています。でも靴下の締め付けが強いと、そのポンプを塞ごうとする力が働いてしまうのですね。血流が阻害されれば当然体の冷えにつながります。
立ち仕事やデスクワークの人は足が冷えやすくむくみやすいので、そんな人は特にゴムの締め付けを気にしたいところです。

ゴムなし靴下・ゆったり靴下のおすすめ8選!

じゃあどんな靴下を履いたらいいの!?というわけですが、そこで登場するのがゴムなし靴下、ゴムの締め付けがゆったりした靴下。
今回は、そんなゴムの締め付けに工夫がされているおすすめソックスを、8つに厳選してご紹介したいと思います!

  1. 無印良品の「口ゴムなしソックス」
  2. 靴下屋 Tabio(タビオ)の「ゴム口ゆったり靴下」
  3. THERMOHAIR(サーモヘア)の「ゴムなしソックス」
  4. ATSUGI(アツギ)の「しめつけない靴下」
  5. ATSUGI(アツギ)の「親切設計」シリーズ
  6. セシールの「ソックス・5足組 ゆったり&のびのび仕様」
  7. MAITE(マイテ)の「ペルーコットンのゴムなし靴下」
  8. 靴下の岡本の「あしごろも」シリーズ


では見ていきましょう!

1. 無印良品の「口ゴムなしソックス」

プレーンで何にでも合う無印良品の「口ゴムなしソックス」。
履き口部分にゴムがなく、レッグ部分は足の太さに沿うように編みたてており、足にフィットしてズレにくい仕様になっています。直角のかたちも履きやすいし、無地やボーダーなど無印らしいラインナップが揃っているのも嬉しいですよね。
メンズ、レディースともにシンプルなソックスが好きな人にはとてもオススメの靴下です。

2. 靴下屋 Tabio(タビオ)の「ゴム口ゆったり靴下」







日本製にこだわった靴下屋 Tabio(タビオ)の「ゴム口ゆったり靴下」。
足への締め付け感がないのでデイリー使いからリラックスタイムまで色々なシーンで使えます。種類もかなり豊富にあるので、シーンごとに揃えておくといいかもしれませんね。色柄もプレーンなアイテムからポップな柄物まで幅広く展開されているのが◎。
シンプルなソックスから柄物まで幅広く見てみたい!という方にはまずオススメしたいブランドです。

3. THERMOHAIR(サーモヘア)の「ゴムなしソックス」

カナダ製の暖かな靴下といえば、THERMOHAIR(サーモヘア)の「ゴムなしソックス」。
アンゴラヤギの子ヤギから初めて刈られる細くやわらかい毛「キッドモヘア」を使用しているので上質な柔らかさで優しい肌触りです。口ゴムをなくし、ゆったりとした履き心地にこだわった靴下は、ふくらはぎを圧迫することなく足を暖かく包み込みます。
暖かくて締め付けのないソックスをお探しの方には是非オススメしたいアイテムです。

4. ATSUGI(アツギ)の「しめつけない靴下」

締め付け感のない楽ちんな履き心地を実現しているのが、その名のとおりアツギの「しめつけない靴下」。
特徴は締め付けないのにズレ落ちにくく、清潔な抗菌防臭加工が施されているところ。カラーもシンプルなブラックやグレーから、ラベンダーやピンクなど可愛らしい色も揃っています。
メンズ用もグレー・チャコール・紺・ブラックの4色展開となっており、普段使いからビジネス使いまで汎用的に使えます。

5. ATSUGI(アツギ)の「親切設計」シリーズ

アツギからもう1足紹介したいのが、「親切設計」シリーズ。
こちらはとにかく柔らかな生地感や履き口にこだわって作られたシリーズ。素材感は縦横のびのびで、重ね履きもできるソックスです。綿パイルの触り心地は、ふんわりとした優しい風合いで、思わずほっこりしそうです。お家でのリラックスタイムにも是非オススメのアイテムです。

6. セシールの「ソックス・5足組 ゆったり&のびのび仕様」

2018年3月末時点で20.7万セットも販売しているゆったりソックスといえば、セシールの「ソックス・5足組 ゆったり&のびのび仕様」。
しっかりとしたコットン100%で履き心地が良く、なにしろコスパは抜群。カラー展開もベーシックなブラックからモノトーン、淡いカラー、鮮やかな原色など様々に揃っているのもうれしいポイント。普段着る服に合わせていろいろ選べるベーシックなクルー丈ソックスです。

7. MAITE(マイテ)の「ペルーコットンのゴムなし靴下」

かわいくて品質にもこだわりがある靴下といえば、MAITE(マイテ)の「ペルーコットンのゴムなし靴下」。
マイテのソックスはまるで履いてないかのような軽い履き心地が特徴。それなのに汗をきちんと吸収してくれてベタつきが気になりません。暑い夏でも、冷え対策でも心地よく使える抜群の肌触り。
手摘みのペルーコットンを使い、製造は日本の靴下工場で行うというこだわりソックスです。22-24cm、25-27cmの2サイズ展開なので、メンズもOKです!

8. 靴下の岡本の「あしごろも」シリーズ

最後にご紹介するのが、靴下の岡本の「あしごろも」シリーズ。
熟練の職人が仕上げる手紡ぎの糸は、空気をふっくらと含んで優しい風合いに仕上がっています。柔らかく気持ちの良い肌触りが特徴で、ゴム部分の締め付けがなく、ゆったりと履くことができます。ざっくりとした質感やナチュラルな色合いが好きな人にはツボだと思いますよ。
メンズやレディース、ベビーまで対応しているので、ギフトにはもちろん家族全員で使っても素敵です。普段使い用、おやすみ用など種類がいろいろあるのもうれしいですね。

さいごに

靴下の締め付け問題を解説しつつ、おすすめのゴムなし・ゆったり靴下を紹介しました。
本当に良いものを厳選したので、長きにわたって使える靴下が見つかれば幸いです。

今回紹介したもの以外でもゴムなしソックスはあるので、まだまだ探したい!という人はこちらのリンクもご参考まで。

お気に入りのゴムなし・ゆったり靴下を履いて、快適なソックスライフをお過ごしください!

http://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/06/10796_top1.pnghttp://sockma.jp/wp-content/uploads/2018/06/10796_top1-150x150.pngsockma_developブランドウィメンズおすすめ1年を通して誰もが毎日のように履いているのが靴下。 やっぱり毎日履くものなので、少しでも不満なポイントがあったりするとその日1日が不快なものになっていまいます。 そんな靴下で、どうも気になるアレといえば・・。そうです、ゴムの締め付けです。 脚のむくみが余計に辛くなったり、ゴムの跡ができてかゆみが出てきたり・・。元をただせば靴下の締め付けが原因だったりします。一度気になり出すとずっと気になりますよね。 実際に靴下の締め付けトラブルで悩んでいる人の声が聞こえてきています! 足の浮腫みがひどい靴下の締め付けでかゆい— ぶぅ (@buu08020) 2018年7月11日 てか昨日履いた靴下のゴムが合わなかったらしく足首やら足の甲やら超絶痒くてつらい_:(´ཀ`」 ∠):_— にあ (@niachi_NT) 2018年7月12日 週末に買った靴下が見た目より食い込んできてきつい…私の足がむくんでて太いのもあるだろうけど、靴下は下手に3足1000円のとか買うとこれがあるから困る— きよさと (@kyosato_23) 2018年7月9日 靴下補充が必要になったから、無印の口ゴムなし靴下を買ってみました。どんなもんかな。— chebu (@chebu3379) 2017年12月4日 さて、そんな悩ましい靴下の締め付け問題ですが、どんな靴下を選べばこの問題は解消されるのか・・。それはずばり、「ゴムなしソックス」「ゴムのゆったりソックス」みたいなものを選べばOK!なんですね。 そこで、今回は靴下の締め付けにさよならできる、ゴムなし・ゆったりソックスのおすすめ8選をご紹介していきたいと思います! 靴下のゴムの締め付け、何が問題? 靴下のゴムの締め付け気になる・・!という人、一体何が一番気になりますか? 不満ポイントをあげればいろいろあるかと思いますが、ゴムの締め付けが引き起こす悩みには大きく3つあります。 対策を立てるには、まずは敵を正確に知るところから。 順番に見ていきましょう! 1. 締め付けの痛み・不快感 一つ目は、締め付けの痛み・不快感です。 これはふくらはぎの筋肉が少ない女性の方がよい感じやすいと思います。また、男性でもデスクワークばかりで日頃あまり運動していないと、脚の筋力が低下してきてゴムの締め付けが気になりだすという人もいると思います。 締め付けの強い靴下を1日履いて、家に帰って靴下を脱ぐとふくらはぎにゴムの跡がくっきりと・・。1日の疲れがどっと出ますよね。 2. 足のかゆみ・かぶれ 二つ目は、足のかゆみ・かぶれです。 夏場など汗をかいて靴下の中が蒸れてしまうと、皮膚がかぶれてかゆみや湿疹の原因になります。特に肌が敏感肌・乾燥肌という人は、靴下のゴムによるかぶれが起きやすいので注意が必要。ふくらはぎのあたりをポリポリ掻いているのもちょっと間抜けだし、人に見られると猛烈に恥ずかしい! 3. むくみ・足の冷え 三つ目は、長時間締め付けのきつい靴下を履くことによって、血流が阻害されてむくみに繋がったり、冷えに繋がってしまうこと。 本来、足の筋肉がポンプの役割になって全身に血を巡らせています。でも靴下の締め付けが強いと、そのポンプを塞ごうとする力が働いてしまうのですね。血流が阻害されれば当然体の冷えにつながります。 立ち仕事やデスクワークの人は足が冷えやすくむくみやすいので、そんな人は特にゴムの締め付けを気にしたいところです。 ゴムなし靴下・ゆったり靴下のおすすめ8選! じゃあどんな靴下を履いたらいいの!?というわけですが、そこで登場するのがゴムなし靴下、ゴムの締め付けがゆったりした靴下。 今回は、そんなゴムの締め付けに工夫がされているおすすめソックスを、8つに厳選してご紹介したいと思います! 無印良品の「口ゴムなしソックス」 靴下屋 Tabio(タビオ)の「ゴム口ゆったり靴下」 THERMOHAIR(サーモヘア)の「ゴムなしソックス」 ATSUGI(アツギ)の「しめつけない靴下」 ATSUGI(アツギ)の「親切設計」シリーズ セシールの「ソックス・5足組 ゆったり&のびのび仕様」 MAITE(マイテ)の「ペルーコットンのゴムなし靴下」 靴下の岡本の「あしごろも」シリーズ では見ていきましょう! 1. 無印良品の「口ゴムなしソックス」 オーガニックコットン混足なり直角 口ゴムなし靴下(婦人・えらべる)(無印良品) オーガニックコットン混足なり直角 口ゴムなし靴下(紳士・えらべる)(無印良品) プレーンで何にでも合う無印良品の「口ゴムなしソックス」。 履き口部分にゴムがなく、レッグ部分は足の太さに沿うように編みたてており、足にフィットしてズレにくい仕様になっています。直角のかたちも履きやすいし、無地やボーダーなど無印らしいラインナップが揃っているのも嬉しいですよね。 メンズ、レディースともにシンプルなソックスが好きな人にはとてもオススメの靴下です。 口ゴムなしソックスを探す(無印良品) 2. 靴下屋 Tabio(タビオ)の「ゴム口ゆったり靴下」 ソフトナイロンショートソックス(靴下屋 Tabio公式) くるくる無地ショートソックス(靴下屋 Tabio公式) メンズ 履き口ゆったり 5本指ソックス(靴下屋 Tabio公式) 日本製にこだわった靴下屋 Tabio(タビオ)の「ゴム口ゆったり靴下」。 足への締め付け感がないのでデイリー使いからリラックスタイムまで色々なシーンで使えます。種類もかなり豊富にあるので、シーンごとに揃えておくといいかもしれませんね。色柄もプレーンなアイテムからポップな柄物まで幅広く展開されているのが◎。 シンプルなソックスから柄物まで幅広く見てみたい!という方にはまずオススメしたいブランドです。 ゴム口ゆったり靴下を探す(靴下屋 Tabio公式) 3. THERMOHAIR(サーモヘア)の「ゴムなしソックス」 サーモヘア ゴムなしソックス(THERMOHAIR公式) カナダ製の暖かな靴下といえば、THERMOHAIR(サーモヘア)の「ゴムなしソックス」。 アンゴラヤギの子ヤギから初めて刈られる細くやわらかい毛「キッドモヘア」を使用しているので上質な柔らかさで優しい肌触りです。口ゴムをなくし、ゆったりとした履き心地にこだわった靴下は、ふくらはぎを圧迫することなく足を暖かく包み込みます。 暖かくて締め付けのないソックスをお探しの方には是非オススメしたいアイテムです。 サーモヘア ソックスを探す(amazon) サーモヘア ソックスを探す(楽天) 4. ATSUGI(アツギ)の「しめつけない靴下」 しめつけない靴下シリーズ(ATSUGI公式) 締め付け感のない楽ちんな履き心地を実現しているのが、その名のとおりアツギの「しめつけない靴下」。 特徴は締め付けないのにズレ落ちにくく、清潔な抗菌防臭加工が施されているところ。カラーもシンプルなブラックやグレーから、ラベンダーやピンクなど可愛らしい色も揃っています。 メンズ用もグレー・チャコール・紺・ブラックの4色展開となっており、普段使いからビジネス使いまで汎用的に使えます。 アツギ しめつけない靴下を探す(amazon) アツギ しめつけない靴下を探す(楽天) 5. ATSUGI(アツギ)の「親切設計」シリーズ 親切設計シリーズ(ATUGI公式) アツギからもう1足紹介したいのが、「親切設計」シリーズ。 こちらはとにかく柔らかな生地感や履き口にこだわって作られたシリーズ。素材感は縦横のびのびで、重ね履きもできるソックスです。綿パイルの触り心地は、ふんわりとした優しい風合いで、思わずほっこりしそうです。お家でのリラックスタイムにも是非オススメのアイテムです。 アツギ 親切設計を探す(amazon) アツギ 親切設計を探す(楽天) 6. セシールの「ソックス・5足組 ゆったり&のびのび仕様」 ソックス・5足組 ゆったり&のびのび仕様(セシール公式) 2018年3月末時点で20.7万セットも販売しているゆったりソックスといえば、セシールの「ソックス・5足組 ゆったり&のびのび仕様」。 しっかりとしたコットン100%で履き心地が良く、なにしろコスパは抜群。カラー展開もベーシックなブラックからモノトーン、淡いカラー、鮮やかな原色など様々に揃っているのもうれしいポイント。普段着る服に合わせていろいろ選べるベーシックなクルー丈ソックスです。 セシール ソックス・5足組をみる(amazon) セシール ソックス・5足組をみる(amazon)(楽天) 7. MAITE(マイテ)の「ペルーコットンのゴムなし靴下」 ペルーコットンのゴムなし靴下(MAITE公式) かわいくて品質にもこだわりがある靴下といえば、MAITE(マイテ)の「ペルーコットンのゴムなし靴下」。 マイテのソックスはまるで履いてないかのような軽い履き心地が特徴。それなのに汗をきちんと吸収してくれてベタつきが気になりません。暑い夏でも、冷え対策でも心地よく使える抜群の肌触り。 手摘みのペルーコットンを使い、製造は日本の靴下工場で行うというこだわりソックスです。22-24cm、25-27cmの2サイズ展開なので、メンズもOKです! ペルーコットンのゴムなし靴下を探す(MAITE公式) 8. 靴下の岡本の「あしごろも」シリーズ あしごろも...靴下のことはなんでも。ソックマ!